火元と報知器

「センセ、腹筋の押して痛いところをやってくれたのは分かるんですけど、夜中に痛くなったのは背中なんですよ。」


「ええ、痛みを感じていたのは“背中”なんでしょうけど、痛みを発生させていたのは“腹筋”なんですよ。“腹筋”のトラブル。」


「ふ~ん、なんか良く分からないけど、そうなんですか…。」


「背中の感じはいかがですか?」


「ええ、なんかとっても軽くなった感じがします。」


「そうでしょ。つまりね、“腹筋”が火元なんですよ。そして“背中”で火災報知器が鳴ってたって訳。」


「あっ、なるほどね。」


「だから、いくら背中を揉もうが叩こうが伸ばそうが関係ないんですよ。火事のときに、火災報知器に水掛けたって火は消えないでしょ。火元を消せなきゃ鎮火出来ないんですよね。」


======================================================

「痛みのある場所(痛みを感じている場所)」と「痛みを出している場所(痛みの原因)」は同じところとは限りません。

というよりは、離れている方が多いですね。

今までなかなか解消できなかった痛みをお持ちの方は、こんな場合が多いですね。

離れている場所を特定するために、細かく症状を聞いたり、違う場所を触診したりすることあります。

それにはこんな訳があることをご理解下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア