坐骨神経痛

殿部から脚へピリピリ、ビリビリ、ジンジンと
痛みだったり、疼き(うずき)だったり、シビレだったりと
不快な感覚が続くときに病院に行くと
「坐骨神経痛ですね。」
などと診断されることもあるかと思います。

レントゲンなどの画像によって、
年齢に応じた椎間板のつぶれから
(20歳超えたら老化が始まるようです)
「ここが狭くなって神経が圧迫されて・・・」
なんて言われることも多いでしょうか。

それらの所見とは無関係に
同じ症状が起きる場合もあります。

事務仕事や運転など
長時間座ることが多い方などでは
殿部の筋肉、とくに尾骨の近くなど
あるいは骨盤底筋の異常から
同じ症状が起こるときもあります。

椅子に座っているとムズムズ落ち着かず
段々とジリジリ痛みやシビレが出るなんて時には
だいたい尾骨近くが問題を起こしているのではないでしょうか。

脚に症状が出ていなく
オシリ(痔)が痛い
と感じていることも多々見られます。

症状が長く続いていても
割とすぐ改善しますので
ご相談くださいませ。

hesakin_png600_2018060618355962e.png
施術例です。


坐骨神経痛 脚のシビレ 痔の痛み
スポンサーサイト

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア