整体が必要なバレエダンサー

日々のレッスンや自宅でのメンテナンスとトレーニング
これらを上手にこなしていれば
おそらく、トレーナーも手技療法家も必要ないかもしれません。

当院を訪れるダンサー(大人も子供も)によくみられる症状の一つに
足首のズレ、伸びすぎた膝、回らない股関節というのがあります。

ある程度の動きで痛みが出たり
関節の中間位置が分からなくなっていたり
関節の動く範囲が小さくなっていたりしています。

とくに多いのは足首のズレで
前方距骨という状態でしょうか。

脛にある太い骨(脛骨)と細い骨(腓骨)の端っこにある
内くるぶし(内果)と外くるぶし(外果)に挟まれた
踵の上に載っている骨(距骨)が
前方(つま先の方向)にズレている状態です。

実は足首を伸ばしていくときに距骨が前方に滑ることで
スムーズな動きができます。
(反対につま先を頭の方に持ち上げる動作では
距骨が後ろに滑ります。)
ポワントの時には都合がいい動きと言えます。

じゃあスゴク良いじゃん。
と思われるかもしれないけど、
そうもいきません。

ポワントの時のフクラハギ(下腿三頭筋)を縮める動作で
その筋肉が短縮してしまったら
簡単に距骨は前にズレてしまいます。

そうなると
フレックスができなくなる(足首が曲がりずらくなる)
重心が後ろにズレてしまう
膝が後ろに入り伸びすぎてしまう(過伸展。反張膝)
膝が入ることで股関節のターンアウトが減ってしまう
骨盤が前に回って背骨の湾曲が強くなる
など、不都合が生じてしまいます。

足首、膝、股関節の調整は、
関節周囲の筋肉や筋膜の硬さにもよりますが
1回から数回の施術で行えます。

各部を調整する整体 アンデオール整体≫≫


アンデオール 股関節 膝 足首 バレエ 整体
スポンサーサイト

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア