FC2ブログ

慢性疼痛などでお悩みの方へ

線維筋痛症、慢性疲労症候群、筋筋膜性疼痛、顎関節症など
疼痛や不定愁訴が様々な形で現れる症候を一括りにしたものを
中枢性過敏症候群といいます。
体が発する様々な信号が脳に伝わり
脳が過敏に反応することで
症状が増幅されてしまう症候群です。
脳が疲労して機能異常を起こしている状態とも言えるでしょう。
線維筋痛症患者自身が解説しているページ≫≫)

6年ほど前から
線維筋痛症や類似した症状の方々が来院されるようになり
おもに筋肉、筋膜、結合組織の代謝異常が原因かと考えて
あたらせていただいていました。

なかなか状態の変わらない方や
ご自身の環境が変わることがきっかけとして治った方など、
症状も経過も人それぞれでした。

そのころから
九州で線維筋痛症を診ている歯科医師がいると
話には聞いていましたが
最近フェイスブックでご縁が出来て
咀嚼筋へのアプローチと特殊なスプリントを用いて
治療していることを知りました。

当院では以前から顎関節の不調対応として
頭顔筋セラピーというコースを設けていますが
咀嚼筋へのアプローチ法を変えたところ
中枢感作が低下することが実感できました。
tmj_400.png  gankin_400.png

ただ、重要なことは
変化した状態を維持しなければなりません。
そのためには、
緩和した咀嚼筋をキープして
過敏になった脳をリセットしなければなりません。

長くなりましたが
このたび競技用マウスピースの制作や
顎関節と全身状態のつながりを研究されてきた
歯科技工士さんと知り合うことが出来ました。
スポーツマウスガードFUSION≫≫

マウスピースを制作し
頭顔筋セラピーで咀嚼筋群を緩和させて状態で
フィッティングを行い使用していただきます。

咀嚼筋をリセットすることで
脳の機能異常(中枢感作)をリセットする。
最終的な目標は疼痛や不定愁訴からの解放です。

これからのスタートではありますが
大いに期待できるものだと思います。

ご興味のある方は、ご相談くださいませ。

リフレ宮の森 白幡克治 拝


線維筋痛症 慢性疲労症候群 不定愁訴 顎関節症 中枢感作
スポンサーサイト

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア