痛みと病気と手術、でも残る痛み

「『教科書に載せたいくらい上手くいった手術だったよ。』って言われたんですよ。
その後しばらくリハビリに通ったけど、やっぱり痛みが取れないんですよ。」

そのような悩みを抱えて来院される方が後を絶ちません。

股関節や膝などの変形性関節症
椎間板ヘルニアなどなど。

整形外科で扱う骨・関節・靭帯・腱などの病気と
実際起こっている痛みの症状が
必ずしもリンクするとは限りません。

例え画像上で変形があったとしても
必ずしも痛みが伴うとは限らないようです。
あれはあれ、それはそれ、これはこれ・・・
ってとこでしょうか。

医療機関を訪れる理由となる痛みの8割以上が
筋肉・筋膜など肉系(軟部組織)の異常に原因がある場合
たとえ骨・関節の手術をしても
原因となる筋肉・筋膜の異常が残っていれば
結局は痛みが残ります。

筋肉・筋膜の痛みを診てくれる医師や療法士さんは
それほど多くないようですし、
もし診れる療法士さんがいたとしても
指示する医師が理解していないと
実際のところ診てはもらえないのかもしれません。

たとえ美しい手術の仕上がりであったとしても
痛みが無くなるとは限らないってことになります。

患者が欲していたのは
人工関節でもなければ
真っすぐな関節でもなかったはずです。

いくら機能が正常に近づいても
最初の受診のきっかけである「痛み」がそのままでは
医療としてはどうなのでしょうか?
患者の生活の質はどうするでしょうか?


人工関節 痛み 膝 股関節

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア