FC2ブログ

柔らかいと思ってたけど…

大人でも、子供でも、
今の年齢に関係なく、

「自分は動けている。」

「自分は(ほどほどに)柔軟だ。」

と思われている方が多いかもしれません。


何年もバレエをされていると

今している動きや姿勢が当たり前として

ひょっとしたら個性として

何も不自由に感じていないので
(こうなったら良いなという希望はあったにせよ)

周りと比べて柔軟なので
(バレエをしていない一般人と比べてもしょうがありませんよ!)

実は起きている不具合に
気が付けないでいるかもしれません。

多くみられるのは
殿部や腰部の硬さでしょうか。

意識して使っていないけど
オシリの筋肉を固めて
ターンアウトをしている。
デリエールしている。

結果として
膝から下をねじってつま先を外に向ける。
腰を反らしお尻を出っ張らせる。
ってことになります。

self_body_mainte_gmst.png
大殿筋のストレッチで膝が胸に届かない場合
大殿筋が相当固くなってる証拠です。
ダンサーのためのセルフボディメンテナンス より)

オシリの深いところにある
ターンアウトをする筋肉(外旋筋)が固まると
仙骨(骨盤の真ん中にある背骨の土台)の動きを邪魔し、
腰や大腿の筋肉に負担となります。

腰椎の動きが悪くなったり
股関節の動きが悪くなったりし、
余分な筋肉が付いたり
ケガのもとにもなります。

腰椎が反ったまま固まって
ダックになったり肋骨が開いたり、
も起こります。

※ダックという言葉の出どこはDLSのブログです。言いえて妙ですよね^^
タックとダックの狭間で


アンデオール整体は、
筋肉を柔軟にし本来の動きを取り戻す。
ということが主な目的です。

動きの悪いところ(股関節など)を無理やり矯正するものではありませんよ。


アンデオール ターンアウト 矯正
スポンサーサイト

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア