過敏性腸症候群

いわゆるストレスなどを腸が過敏に反応して
腹痛、下痢、便秘などの症状となる。

何かと多感な中学高校などの年代で
進学時、進級時、受験勉強の追い込み時が多いでしょうか。

症状は、
男子の場合には下痢
女子の場合には便秘
になる場合が多いでしょうか。

そういう状態を診させてもらうと
腹部、腰部、骨盤部の筋肉がガチガチになっていたりします。

特に、腹筋と骨盤底筋でしょうか。

筋肉がガチガチになって
腹痛や腰痛、骨盤深部の痛みを起こし
内臓への反射症状として
下痢や便秘を起こしたりしているようです。

対処は、下肢の内側の内転筋から骨盤底筋が緩むようにすることと、
腹筋群が緩むようにすることです。

緩むといっても正常な(適度な)緊張を保ちますので
ダルンダルンになるわけではありません。

親御さんが心配して大きな病院に連れて行ったりすることもあるようですが、
原因不明とされたり、対症療法であったりでしょうか。

案外、医学的にはっきりしない(はっきりされていない)症状は
筋肉・筋膜系治療が功を奏する場合も多いと思いますよ。

jouzai.jpg


過敏性腸症候群
スポンサーサイト

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア