モモが太くならないように 2

前回はモモの外側のことを扱いました

筋肉で言うと
大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)から
外側広筋(がいそくこうきん)にかけてです。

外側広筋というのは、
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という
モモの前方を覆っている大きな筋肉の一部です。

大きな筋肉(大腿四頭筋)が疲労して固くなり
さらに大きくならないように
ストレッチしながら気を付けましょう。

方法は、
正座の状態から
上体をそのまま後ろに倒す。
後ろにバタンと倒れ込む。

これで、モモの全体的なストレッチにはなりますが
両方いっぺんだとツライって方
息が止まりそうになるって方
個別の筋肉を確実に行いたいって方は
それぞれに行う方法を紹介します。

rf_st_spine.png
モモの真ん中にあって、
骨盤から唯一繋がっている
大腿直筋(だいたいちょっきん)のストレッチ。
短縮すると骨盤の前方回旋にも影響します。
足がお尻の下にあるが分かりますか?
そこがポイントになります。

vm_st_spine.png
足を反対側のお尻の下に入れることで
内側広筋(ないそくこうきん)のストレッチが行えます。
ここに疲労がたまったり
外にある外側広筋とアンバランスになると
膝のお皿の動きに影響して
膝に力が入らなくなったりします。

vl_st_spine.png
足を同じ側のお尻の下から外に出すことで
外側広筋のストレッチができます。
疲労して固くなって
モモが外に張り出さないようにね^^
これも内側広筋と一緒で
お皿の動きに影響しますのでね。

それぞれが協調して働くことで
力強くジャンプすることと
着地の衝撃を吸収してくれます。

なんとなく膝に力が入らなくなる方、
固くなって太くなりたくない方(みんなかな…^^;)は
ぜひ行ってください。


以前紹介した
固くなるとターンアウトの時につっかえ棒になる筋肉
(→筋肉のつっかえ棒
お尻の奥にある外旋六筋(がいせんろっきん=)のストレッチは
この形と似てますが一緒ではありませんよ。

turnout_st.png
足がお尻から少し離れて
つま先が外を向いているでしょう?

わずかな違いだけど
この違いが大事なんですよ。

ストレッチ方法インデックスへ≫≫

バレエ ストレッチ 整体
スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア