バレエダンサーの膝小僧は外向き?内向き?

先日、ローザンヌの動画を見ていて

コンテンポラリーの時に足をパラレル(左右の足を平行)にすると

膝小僧が内側に向いているのが目につきました。

バレエの動きで必要な股関節のターンアウト

関節の構造によっては

このターンアウトが股関節からビシッと回らず

膝の下にあるスネの骨

さらには足首で回して(足を内側に倒して)

ターンアウトを作り出すこともありますよね。

それを続けると

パラレル(足を平行)で立つと

膝が内側を向く。


膝の関節の事だけ言うと

本来捻じるところではないので

膝を曲げる方向に足の爪先があるべきです。


でも、元々持ってる関節構造のために

スネで捻じらなければ爪先が外を向かない。

これではバレエで求められるポジションにならないのであれば

やむを得ないかなと思います。


でも、ある程度のメンテナンスで

股関節からのターンアウト出来る量が増やせるなら

その方がカラダに無理を掛けずに済みますよね。

掛かる無理が減れば

自動的にパフォーマンスもアップしますよね。


さらには将来的に膝関節に不具合が出る恐れも減ります。


バレエダンサーの悩み解消にアンデオール整体プログラム




===============================


バレエ 整体
スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア