鍛えること、休むこと

「センセ、どう?少しは筋肉付いた気がするんだけど?」

と、70台半ばのとても頑張り屋さんの女性。
膝の痛みでリハビリに通ってて、理学療法士の先生に筋肉が無いって指摘され
随分と気にしてリハビリとトレーニングを続けてました。


「ところでセンセ、たまには休むことも必要だと思うんですけど、
休んだら筋肉って落ちちゃうの?」

「そうですね…スポーツ選手とかダンサーの方なんかは、
そういう事を気にしますね。」

「やっぱりそうなんだ…
でも少し休みたいなって思ってさ。」

「良いと思いますよ。休みましょ♪」

「そうよね。」

「そうそう。
と言うより、休まなきゃダメですよ。」

「そうなの?でもトレーニングが…」

「トレーニングはですねぇ。
負荷をかけて傷つけて、休んで回復することで成長するんですよ。」

「休んで回復?」

「そ、休んで回復させないと筋肉が出来てこないんですよ。
それをね、負荷を掛けて負荷をかけて負荷をかけて、
を繰り返すだけで休養が無いんですよね。」

「うん…そうですね。」

「で、負荷かけて傷ついて、回復しないでダメージだけなんですよ。」

「あ、そうか。」

「そうそう。でこんな状態になっちゃう(笑)」

「あはは、そうね。こんな状態(笑)」

「ところでね、筋肉付けて何を目指すの?」

「え?」

「目指すのは、いつまでも元気に日常生活を送ることかな。
なんて思うけど、どうですか?」

「そうそう。それそれ!」

「日常生活をキッチリやってれば、
日常生活に必要な筋肉って使われてるはずなんですよね。
ってことはね、日常生活分のトレーニングになってると思いますよ。
まして、結構頑張る方なんだしね^^」

「あっ、そうよね。トレーニングになってるんだよね^^」


=============================


なぜそんなにトレーニングするんだろう?
それ程までに筋トレって必要なのだろうか?

確かに、日常生活に必要な筋力は必要だろう。
それ以上の筋トレで何を目指すのだろう?


ただでさせ疲労しているのに
回復させることをしないでトレーニングを重ね
さらに疲労の上塗りをする。


疲労を回復させることの方が

健康でいられるのではないだろうか。。。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア