子供の肩こりを無視しない

小学生も肩がこる。



「子供が肩こるわけが無い!」

そのように考えられている大人が大半だと思います。

でも、今時の子供さんは、休む間もなく忙しいのではありませんか?
昔なら暗くなるまで外で遊んでいたのでしょうが、
物騒な時代でもあるし、それ以上に塾や習い事などで
友達と遊ぶ暇も無い子も多いのではありませんか?


長時間の勉強=長時間の同じ姿勢
さらに、集中することによる神経の緊張(=ストレス)


こんなことが筋肉にダメージを与え、
首や背中、頭や顔の筋肉にトラブルが起き
肩こり、さらには頭痛などが起こります。


肩こりの辛さが良く分からないうちに
良く説明の出来ない体調不良となっているかもしれません。



肩こり以外に
足腰の筋肉がダメージを受けていることも多くみられます。
運動量の不足とも無関係ではありませんね。


時々お子さんの体を触ってください。

首や肩、背中や脚など
「押されて痛い」や「子供の割りには硬い」などがあったら
筋肉のメンテナンスが必要です。


放っておくと筋肉が硬く短縮し
慢性的な痛みや身体の歪み・変形になるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア