歯が痛い、歯が浮く、歯にしみる。

「センセ、最近歯が痛いんですよねぇ。歯が浮く感じもあるし。また歯医者さん行かなきゃダメかなぁ。」

「虫歯ですか?」

「そんな感じでも無いんだけどねぇ。」

「ちょっと噛む筋肉とかをやっていきましょうか。案外治るかもよ。」

「ホントですかぁ?」



で、後日。

「センセ、歯治っちゃった。しみてたのも治っちゃったんですよねぇ。」

「あぁ、やっぱりね^^」

「えー、センセ知ってたのぉ?」

「うん。珍しくない症状だからね。」


====================


噛むときに働く筋肉=咀嚼筋(そしゃくきん)と呼ばれる筋群です。

頬のところにある咬筋(こうきん)
口の中にある内側翼突筋(ないそくよくとつきん)
顎を開くときに働く外側翼突筋(がいそくよくとつきん)
頭の横にある側頭筋(そくとうきん)

主だったところでこのあたりでしょうか。
(協力する筋肉は他にもありますが)

各筋にトリガーポイントが出来たときの症状は、

咬筋なら、上下の奥歯の痛み、歯茎の腫れてる感じ、歯が浮く感じ、歯がしみる、など

内側翼突筋なら、口の中の、どこだか分からない痛みや違和感、など

外側翼突筋なら、顎関節の痛み、など

側頭筋なら、上の奥歯の痛み、下顎の左右のズレ、など


痛みや違和感のほかに、口を大きく開けられないとか、カクカク音が出るとか、
いわゆる顎関節症と呼ばれる症状が出たりもしますし、
夜間の噛み締めで、歯ぎしりをしてしまったりも起こります。
また、緊張の高い筋肉に引かれて、顔が曲がったりもします。

側頭部や頬のあたりを自分でマッサージして、ストレッチすると
ある程度緩和されるかもしれませんね。

ちなみに、ストレッチは「アイィーーーン」と下顎を突き出して
そこから大きく「アーーー」と口を大きく開けます。

人前ではやらない方が良いかもね^^


不安のある方は無理にやらないでくださいね。
顎が動かなくなったら困りますからね^^;
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア