滑りずらい歩き方

路面が凍って歩きずらくなってしまいましたが、滑って転んだりされてはいないでしょうか?


凍った道に、多分有効だと思われる歩き方をご紹介します。
(というほど大それたものでもないんですが。。。)


歩く際に、足の親指と人差し指に力が掛かるように歩く。


たったこれだけの事なんで恐縮ですが、
これが意外と効果を感じられます。


正常な歩行では、
体重(圧力の中心)の移動が
踵の真ん中から
足の真ん中(土踏まずの内側)あたりを通過して
親指を通ります。


この時の足の向きは、
つま先がほんの少しだけ外の方に向くようにします。

内股や、極端な外股はいけませんよ


つまりは、正しい歩き方で歩きなさい
ということなのかもしれませんけどね。。。


この歩き方にすると
少しくらいスリップしても
リカバリーできるし
踏ん張れます。


是非お試し下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア