謎の腰痛、骨盤痛、股関節痛

通常の施術(殿部や背部、腹部の筋群への施術)でなかなか消えない腰痛、殿部痛、骨盤痛、股関節痛。

特に、股関節と膝を軽く曲げ、大きく外旋(つま先が外へ向かう方向)させたり
反対に大きく内旋(つま先が内に向かう方向)させた場合に痛みが強くなる。
これは、寝返りの際に起こる動作に近いでしょうか。

こんなときは、骨盤底筋群が原因の場合があるようです。

具体的には、尾骨筋や肛門挙筋、内閉鎖筋や外閉鎖筋などが原因しています。


施術においては、説明と納得、信頼をいただけなければアプローチはしません。
会陰部が近いので、誤解があるといけませんのでね。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア