指が動かない

「この間から、足の指が痛いって言ってじゃないですか。」


「ええ、良くなりました?」


「いやそれでね、今日よくよく見てみたら指同士がくっついて離れないんですよ。それで痛かったようなんですよね。ちょっと見てもらえますかね。」


「どれどれ。」


「これ。指が動かないんですわ。」


「あら、ホントですね。マヒした状態ですね。」


「そうなんですよ。動かないんですよ。」




今年の春先から、坐骨神経痛症状で来院した男性です。

背中の片方と、両方の臀部、右のモモからフクラハギの筋肉がガチガチに硬く、線維筋痛症様の筋肉になってました。

少しずつ柔らかい筋肉も増えてはきてますが、ところどころに筋・筋膜痛がでています。




「それでね、いろいろ触ってみたら、足の甲を押すと痛いんですわ。」


「どれどれ、これかな?」


「あぁ、それそれ。それ痛いですわ。」




少し安心です。

痛いってことは、神経が通じてますからね。

押されてる感じはあるけど痛くないとか、全然感じ無いとかだと厄介です。



「今痛いのが取れてくると思いますからね。は、今度は少しストレッチしますよ。
これで動くようになったんじゃないかな。いかがですか?」


「ああ、動くような感じがしますわ。うん、大丈夫ですね。
何だったんですか、これは?」


「足の甲にある、足の指を反らす筋肉に問題が起こってたんですね。
それで動かなかったんですよね。」


「そうですか、てっきり神経行かなくなったかと思いましたよ。
良かった良かった。ありがとうございます。」



春先の坐骨神経痛症状が重く、医療機関で「年齢相応の狭窄症がある。」なんて診断されてますから
足の指が動かないなんてことになったら、本格的に狭窄症を言い渡されてしまうかもしれませんからね^^;

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア