実感

「体調はいかがですか?」

「ええ、首から肩、背中、腰の辺りがヒドイんですよ。もう慢性的なんですよね。」

「ああ、そうですか。それで、慢性的に、『どう』なんですか?」

「エッ!? 慢性的に凝ってると言うか…。」

     ・
     ・
     ・

「なるほどね。ホントにヒドイですね(笑)ところで、この状態はいつからですか?」

「エッ!?いつから?。。。社会人になって仕事し始めてからずっとでしょうね。」

「なるほど。ずっとデスクワークでしたっけ?」

「ええ、そうですね。」

「相当疲労感とかあるんじゃないですか?」

「ええ。疲労してないと言ったらウソになるでしょうね。」



『疲労』を『疲労』として感じて、
その『疲労』を解消しようとしていれば
こんなにはならなかったでしょうね。

年齢からすると社会人になって十数年くらいでしょうか。
まだ数十年は社会人(仕事人)を続けていくのでしょうから
『疲労』を早めに処理できるように気付けるようになれば
もっと軽快な人生が送られるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア