テニスボール・マッサージ【背中・腰~その1】

背中や腰のコリ、痛み、特に背骨両側にある脊柱起立筋へアプローチしてみましょう。


【必要なもの】

1.テニスボール1個、または2個。

2.マットや布団、または硬い壁。


【方 法】

1.マットに仰向けで寝る。
  壁を使う場合には、壁に背を向け立つ。

2.背中の上の方からでも、腰の方からでも構わないので、
  背骨の出っ張りのすぐ脇にある筋肉の山を狙ってテニスボールを当てる。

3.上下にボールを移動させながら、痛みを感じるところ
  痛気持ち良いところに、できるだけピンポイントでボールを当てる。

4.痛い感じがなくなるまで、そのまま動かずにボールに乗る。
  通常1分前後くらいだと思います。

5.次のポイントを探し、同様に行なう。

6.背骨から少しずつ外側にずらし、同様に行なう。



【注 意】

1.要領が分かるまでは、背骨の片側ずつ行なうこと。

2.ボールが当たって、背中が苦しかったら無理に行なわない。

3.背中を押し付けたり、ゴリゴリ動いたりはしないこと。

4.ボールを当てたまま寝込むと、急性背部痛や急性腰痛を起こし
  動けなくなる可能性があります。
  絶対にそのまま寝込むことの無いようにすること。



【応 用】

1.慣れてきたら、背骨の両側に1個ずつ入れて行なうことも可能です。



【禁 忌】

1.椎間板ヘルニアをはじめとする、脊柱の病気を指摘されている方は行なわない。

2.手術後まもなくや、ケガ、ヤケドなど外傷がある場合には行なわない。

3.骨粗しょう症の診断や、疑いがある場合には行なわない。

4.ぎっくり腰などの急性期は行なわない。




寝る前に行なうと、日中の疲れを解消し、ゆっくり眠れますよ。
お試しを。
スポンサーサイト
プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア