FC2ブログ

ポワントで立つために必要なこと

スムーズに足首が伸びない。
(甲が出ない)
すぐ疲れてポワントで立てない。
どうしても膝が伸びきらない。
などなど。
ポワントを履き始めたお子さんたちが
最初に出会う壁でしょうか。
悩まれるお子さんとお母さんがいらしたりします。

point.png

「ところで、ポワントで踊ることって
何を表現しているか知ってる?」

お子さんとお母さんが顔を見合わせて「?」

「ポワントで立つって、200年くらい前に編み出されたらしいんだけど、
『妖精』を表してるんですって。」

「えっ、妖精ですかー。」

「そうそう。だから、
フツーの人間を越えないと
妖精にはなれないんですよ。」

「・・・」

「フツーの子は爪先で立ったりしないでしょ?
つま先で立つには、とっても努力が必要なんですよ。
指先や足裏やフクラハギやスネの筋肉を鍛えて、
フツーの人間を越えないと妖精にはなれないんですよ。」

「そうなんですね!地道にトレーニングしなきゃいけないんですね!」

「そうそう。すぐパッと効果が現れなくても、
だんだん出来ることが増えてきますよ。」

「そうなんですね!」

「ちなみに、関節自体は柔らかいんですよ。
ただ、柔らかいままだとカラダにとってはすごく危険なんですよ。
だからカラダは関節周囲を固めて守ろうとするんですよ。
だから表面的には関節が固く感じるんですよね。
トレーニングして筋肉で関節を支えられるようになったら
カラダは固めていたのを解除してくれるから
強く柔らかくなれるんですよ。」

「そうですか!柔らかいんですね!」

「トレーニング次第で柔らかくなりますからね。
目指せ妖精!」


整体院だからって無理やり関節を柔らかく出来るわけではありません。
本来持っている柔軟性を引き出すことはできますが
本人の努力なしでは前には進めません。


バレエ 整体

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

エグレたオシリ

大腿骨の一番上方に(頭寄り)に大転子という骨の出っ張りがあります。
骨盤の外側で、ちょっぴり足の方にある骨の固まりです。
人によっては、少し凹んでいるかもしれません。

その骨のてっぺん(当た寄りの方)から骨盤の上のヘリまでに
中殿筋
という筋肉があります。
働きは股関節の外転(=脚を外に開く動作)です。
片脚を持ち上げるときに、
上げてる脚の側に骨盤が落ちないように
骨盤を支える働きもあります。
(股関節が動くか動かないかの違いで、働き方は同じです)

アテールでしっかり立つときに
(脚の骨に乗っかって何となく立つのではなく)
この筋肉を働かせる必要があります。

中殿筋を働かせて立つときは
大転子をオシリの中にしまい込む、
そんなイメージになります。

イメージだけではなくて
実際に中に動きます。
その時に
オシリの外側がエグレた形になります。

中殿筋が働いていない人に触ってもらうんですが、
ビックリするようです(笑)

何となく骨で立っている場合には
大転子は中にしまわれず
オシリはエグレません。

エグレない人は
中殿筋のトレーニングが必要ですよ。

お手軽簡単なおススメは、
歯磨き中に片脚スクワットをすること。

膝が洗面台にぶつからないように
オシリを後ろに突き出して
ゆっくりなスピードで
片脚10回ずつからどうぞ。

余裕が出来たら
深さを増してやってみて下さいませ(^^♪

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

歯と顎と姿勢

先日の直立歯科医学研究会札幌大会に参加してから
姿勢や歪みに関して自分自身で実験してみました。

IMG_20181001_115334.jpg
10月1日鏡に向かって立ち撮影

腰から上が右に傾いて、さらに頭部が右に傾いています。
口を開けてゆっくり閉じると
左側の奥歯が先に接触し
続いて右奥歯が接触しています。
ガムをすいている右奥歯で噛むと
歯の当たり具合が心地よく感じます。

そこで、これは頭部(頭蓋骨全体として)の歪みだろうと仮定します。

下顎は床に向かって真っすぐ下がりますので
下顎から上にあるもの(頭蓋)が右に傾いていると考えます。
そこで、上顎骨に寄り掛かるような圧を掛け
収まりたい位置を探しながら移動させると
左右の歯が当たる位置になりました。

IMG_20181002_184515.jpg
翌10月2日撮影

1日様子を見たところ
頭を傾けたり振り向いたりすると
ゆっくりとした振幅でユラユラ感じます。
そこで、再度上顎骨を微調整してみました。

IMG_20181004_093219.jpg
10月4日撮影

上顎移動
3枚並べてみる

段々と上体が起き上がりましたので
このまま変化を見ます。

姿勢チェックスクリーンと
スマホを三脚に固定できるヘッドを購入したので
再度撮影し画像を再合成しました。
(鏡の有無で向きが変わります。
向かって右から左へと進みます。)

上顎調整
10月11日撮影

ほぼ垂直に立ているでしょうか。
重心も左右の足に均等に乗っている感じがあります。

未だに頭が傾いているのは
歯並びの問題かもしれません。

歯並び
鏡に向かって撮影

左上の側切歯(中央から2番目)が奥に入った
反対咬合になってるので下顎の動きで干渉し
その干渉を嫌って頭蓋が歪んでいるのかもしれませんね。

==============================
ちなみに、
上顎骨、蝶形骨、頬骨、側頭骨の連鎖から
上顎骨と下顎骨が連携して動きます。
==============================

顎の歪み 顔の歪み 頭の歪み 噛み合わせ 整体

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

直立歯科医学研究会 2018@札幌

9月22日の午後から23日夕方まで休業にし、
直立歯科医学研究会の札幌大会を聴講してきました。

以前読んだ
「下顎平衡機能から考える直立二足歩行と歯科医療」
を大変興味深く思っていたところに
産学社 エンタープライズからのメルマガで
今大会を知り、即応募しました。


今大会のキーワードは
「バランスよくまっすぐに立つ」
です。

42302543_1970018086408550_2774703509218525184_n.jpg

著者で主宰の臼井五郎先生が発見した、
下顎のスイング現象と歯(咬合)の関係が良好ならば
身体に現れる健康状態も良好で
アンバランスになると
コリや痛みなどの身体症状をはじめ
メンタル面や慢性痛にも関係するというものです。

九州の顎関節症クリニックやまだ歯科のように
歯科領域から線維筋痛症に取り組む歯科医師が
この研究会にはいらっしゃるそうです。
(アプローチの方法は違います)

ウチに来院される不定愁訴の方も
ひょっとしたら適応になるかもしれませんね。






慢性痛 不定愁訴 顎関節症 整体

リフレ宮の森 ご予約カレンダー ≫≫

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア