スーパーガラコンサート ロイヤルバレエ in Sapporo

アナトーリ・スタブロフ&マシュー・ゴールディングによる
2016スーパガラ
スターリングアーティスト オブ ロイヤル・バレエ in Sapporo
(主催 北海道インターナショナルバレエ・ダンスカンパニー
を観に行ってきました。

出演ダンサーは、
芸術監督を務めたアナトーリ・スタブロフ氏はもちろん
英国ロイヤル・バレエ プリンシパルのマシュー・ゴールディング
オランダ国立バレエ プリンシパルのアンナ・ツガンコーワ
英国ロイヤル・バレエ プリンシパル サラ・ラム
ほか、ロイヤル・バレエ ソリストや
若手ダンサーたちです。

本場のバレエ、本物のバレエに触れ
とても感動することが出来ました。

代表の大杉洋子先生からスーパーガラコンサートのご案内をいただき
滅多にないロイヤル・バレエ プリンシパルの来札だとのことで
早仕舞いして観に行ったかいがありました。
感謝いたします。

スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

ケアか?トレーニングか?

年齢、経験、立場(教える、教えられる)に関係なく
バレエなどのダンサーが来院されています。

話題にもなりますし課題でもあると思いますが、
必要な動きが出来ない時にどうすべきか?

トレーニングが不足して出来ないのか?
それとも
動きを制限していることが何か起きているのか?

どちらにしても
出 来 た は ず の事が充分に出来ない。
何 か の 動 き で痛みが出る。
ず い ぶ ん 前 からうまく出来ない。
ど う し て も できない。
なんて事が起きているでしょうか。

例えば、

足首に小さなズレがありフレックス出来ない(背屈できない)とき
つま先(足の甲)を持ち上げる筋肉が弱いからかもしれないと
スネの前や横にある筋肉を鍛えて立派(余分)な筋肉が付いたとしても
関節自体に動きの制限があるので
やはりフレックスは出来ません。

反対に足首が伸び切らず
デミポアント(指の付け根で立つ、つま先立ち)で
足の甲が伸び切らない場合に
足の中にある筋肉(足の固有筋)や
カカトを持ち上げる下腿三頭筋(ヒフク筋やヒラメ筋)などを鍛えて
ムキムキのフクラハギが出来たとしても
スネの前にある筋肉群がスムーズに伸びれなくては
足の甲は伸びません。

これらの状態でも、
前は出来た
痛みが出る
ずっと出来なかった
なんて事になります。

アンデオール整体では、
関節や筋肉の制限を改善し
今ある筋力で出来るはずの動きが出来るようにしますし、
筋力が足りなければアドバイスしています。

必要とされるなら
もちろんトレーナーの紹介も出来ます。

筋力が不足している場合もあるかもしれないけど
筋肉や関節(手足や背骨、骨盤など)に制限がある場合が
結構多いですよね。

バレエ ダンス 整体

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア