カラダをみてもらうタイミング

痛みが出ている訳じゃないので…

カラダをみてもらおうか?それともまだ大丈夫か?
を判断するときに
考えることの一つかと思います。
大人の場合では自分で判断できます(?)が、
お子さんでは判断が難しいかもしれません。


日々のレッスンや自主トレ、筋トレなど
いつも以上にカラダを動かすと疲労感が残ると思いますが、
それほど追い込んでいなければ
翌日か、数日で回復しますよね。

トレーニングの原則の一つに
過負荷を与えるというのがあり、
パワーアップしていける条件でもあります。
過負荷を与えて体をいじめると
その後に回復するときにパワーアップするというものです。
ですから、疲労を感じるほど動くことは大事なことでもあります。

問題は、そこから先で
疲労を早く回復させて

良 い 状 態 や

今 ま で 以 上 の 状 態 に

もっていけるかどうか
が順調にトレーニング(レッスン)できているかどうかだと思います。


日々の疲労回復方法として
タンパク質(アミノ酸)、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を摂取する
入念なストレッチをする
テニスボールなどを利用してセルフマッサージをする
親が子供にマッサージする
などがあるかと思います。

疲労感が少なければ
何もしなくても良いかもしれませんが、
疲労感が残ってるようでは
何かが足りていないと思います。

マメなストレッチを怠る。
テニスボールを当てると痛いので止める。
疲れすぎてやらない。
時間が無いからやらない。
もあるかもしれません。

疲労が残っていても
すぐに痛みが出ることはありません。

そのかわり、
筋力が低下したり
カラダの可動域が減ったりします。

い つ も よ り 動 け な い

状態です。

気合と頑張りで何とかなるかもしれませんが
良いレッスン(トレーニング)にならないかもしれませんし、
動作によっては痛みが出るかもしれません。
場合によっては
動きの悪い部分を他の部分がカバーすることで
誤ったカラダの使い方になっているかもしれないし
必要以上に筋肉がついたり
欲しい部分の筋肉が減ったり
異常な負荷で体が歪んだり曲がったりするかもしれません。

そのぐらいになっていると、
マッサージなどで疲労部分を押されると強い痛みを感じるでしょうし、
セルフマッサージは、痛いからやりたくないレベル
ストレッチも伸びないし無理すると痛いレベルだと思います。

痛みを無視して、
気合と頑張りと根性で続けると
十分に動けないカラダ、
コントロールや支えを失ったカラダでは
ケガにつながる確率が上がります。


痛みが出ている訳ではないけど
カラダをみてもらうことは大事です。

良い状態で良いレッスンし
その先につなげるために
せめて月に一度は来院を。

befor_after_leftleg_png600_20160619143728d66.png

バレエ ジュニア マッサージ ストレッチ 整体
スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

小さいけれど長い付き合い

お母さんについてきた小学生のお子さん。

運動会でやるヨサコイの練習で
背中から脚まで痛くなっちゃったそうです。

頑張り屋さんを通り越して
頑張りすぎちゃったんだね。

お母さんを診たついでに
ささっと診ました。

「これで、頑張れそうかい。」

「うん。イイ感じ。」
だそうです。

お母さんが腰痛で動けなくなった時に
おなかの中にいたんだから
10年くらいの付き合いになるのかな。

またいつでもおいでね^^


妊婦 腰痛 股関節痛

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア