触れるということ その4

自律神経の働きと、触れるということ

自律神経とは、手足を動かす運動神経(体性神経)とは違って
自動的に調節される神経のことで
例えば、攻撃を受けて闘うか逃げるかを判断するときに
消化活動などの内臓機能を抑えて
心拍数を上げ、血圧を上げ、瞳孔を開いて、、、
などの活発な活動を促す調節を行う交感神経と
消化活動を促進し、心拍数を下げ、血圧を下げ、、、
などの活動を低下させる調節を行う副交感神経があります。

一つの臓器には
交感神経と副交感神経の両方が接続されて
その時々で優位に働いている神経活動に支配される。
活動的な状況では交感神経が優位で
落ち着いた状況なら副交感神経が優位となります。

通常このようにスイッチングが起きていると理解されている自律神経ですが、
副交感神経の内の迷走神経を新旧のタイプに分け
出来事が安全と認識できるかどうかで身体の反応が変化する
「ポリヴェーガル(多重迷走神経システム)理論」という考え方もあります。

周囲の出来事に対する初めの反応(第1段階)は、
安全な環境下で新しいタイプの迷走神経システムが優位に働き
社会的な協調性をもたらします。

もし、その反応で安全でないと認識する(第2段階)と
少し古いシステムの交感神経システムが働き
「闘争か逃走」反応が現れます。

さらに、命の危険を感じるような場合(第3段階)には
古いタイプの迷走神経システムが発動され
死んだふりや凍り付き(フリーズ)が起こります。

このフリーズ反応は、
外部からの刺激による痛みなどに耐える水準を引き上げるとされています。

安全ではないと感じてしまうことで
(本人の意思と無関係な本能的場合もある)
外界との交流を遮断する
社会関係を閉ざすという反応も含まれるようです。
迷走神経は顔面の神経とつながりがあり
表情が乏しくなっていたり
光や音に対する反応が不安定かもしれません。

反応システムは、新しい回路が古いシステムを抑える働きをすることと
迷走神経の顔面、心臓や肺とのつながりから
古い反応を抑えられる可能性も考えられます。

閉ざしてしまう反応
パニックを起こしてしまう反応
抑うつされた反応
など

これらの反応に対して
顔の筋肉
目の動き

心臓や肺に働きかけることで
反応を抑制できるかもしれません。

その時には、
安全と認識してもらえるまで直接触れずに
距離を置いた間接的な触れ方である
声やアイコンタクト、会話、身体操作などから
始めることが必要かもしれません。

安全が認識されて
直接触れることが許されるなら
それもまた効果が期待されると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その3

寄り添う触れかた

10月18日(日曜日)に盛岡駅前にある
いわて県民情報交流センター アイーナにて
「寄り添う触れかたの技法」という講座があり
参加してきました。

土曜日営業終了後
21時に札幌駅から高速バスに乗り苫小牧へ。
苫小牧-八戸間のフェリーに乗り
翌朝8時05分発 特急八盛号という高速バスで盛岡入りでした。

1時間ほどの遅刻で参加した講座では、
自身の身体感覚の確認から始まり
「触れる・触れられる」という行為や現象を感じ
「寄り添う」ということの一つの答えを感じ取ります。

主催は、一般社団法人ゆったりセラピー協会で
代表理事の鎌田麻莉さんが講師です。

協会では「寄り添う触れかた」の実証実験として
認知症の方へのハンドケアをボランティアで行っています。

認知することに障害が起きる認知症と
乖離が起きて自分と周囲の認知に問題が起こって
心身が不安定な状態になっている方を一緒には出来ないかもしれませんが、
通じる部分もあるかもしれません。

健常な方に対しても
心身に不調がある方に対しても
病気や障害を持ってる方に対しても
「寄り添う」ということは
「触れる」側に
相手を思いやり尊重する
慈しむという感情が欠かせないと思います。

日頃、触れるという行為の中で仕事をする身としては
改めて「触れる」という事を考えさせて頂けました。

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その2

本人が意識する、意識しない、意識できない、
あるいは、意識すること自体を無視する。。。

いずれであっても
多大なストレスにさらされる状況では
「頭」、「心(感情と感覚に分けられる)」、「体」の三層に影響が少なくありません。

三層のエネルギー循環が滞り
乖離(かいり)が生じる場合があります。

その時の体の反応としては、
筋肉や皮膚を固くして、外の刺激をはね返そうとする。
反対に、
体の存在を感じることが希薄になったり
外の環境との境界があやふやになったりもします。

今、自分がどこにいて、何をしているのか、
などの実感が乏しくなったりもします。

以前、
「背中から、元気がスースー抜けていく。」
と表現した方もいました。

頭と心と体が乖離して
今、ここに存在しているという
自分を認知する(自分を気づく)ことができなくなっている状態です。

心理学では、
「今、ここ」や「気づき」
と表現されるものが得られない状態です。

身体的な技法では、
「触れる」ことによって
体の境界や、
今ここに、確かに、存在していることを感じてもらう。

「体」に触れることで
「心」の部分である「感覚」が生じ、「感情」につながる。
そのことが「頭」に働きかけることとなり
三層のエネルギー循環が正常となります。


つづく

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その1

身体心理学という、身体と心を一体として扱う学問が少しずつ浸透してきています。

西洋的な身体と精神の二元論ではなく
東洋的な心身一如という捉え方で
身体と心を一体のものとして扱っています。

山口創 桜美林大学准教授の著作「手の治癒力」では、
身体を一旦、「頭」、「心」、「体」の三層に分けて
さらに「心」を、
体に近い方の「感覚」と、頭に近い方の「感情」
に分けて考えるところから始まります。

現代社会のスピードや便利さ、ストレスにさらされていく中で
頭、心、体の三層のエネルギーバランスが崩れ
エネルギーの偏りや連携がとれなくなると乖離(かいり)が起こる。
とあります。

頭と心の乖離では
ポジティブな感情が奥深く沈み
ネガティブな感情が表にでてくる。

心と体の乖離では
自分の体がここにあるという感覚や温度の感覚、
空腹感など内臓の感覚が鈍くなる。

本来は、
身体感覚に異常が起こる前に
身体感覚を呼び戻そうとする行動を自動的に行います。

頭を使いすぎたら体を動かしたくなる。
疲れたら湯船に浸かりたくなる。
不安を感じたら体に触れたり、さすったりする。
お腹や頭が痛ければ手を当てる。

しかし、「頭」が優先しすぎると
このような自動的な働きも無視され
乖離が生じることになります。

そこで、他者が触れることで身体感覚を呼び戻し
三層のエネルギー循環や連携を呼び戻す。

触れる、撫でる、さする、で
病気になりそうな人や
乖離を生じそうな人は
甦ることができます。


つづく

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

リフレ宮の森ウェブショップがオープン!

しばらくお休みしていたウェブショップ・ページを再稼働させました。

リフレ宮の森 ウェブショップ

ミネラル還元水の鉱石パック
   と
指圧効果のある刺さない鍼 ロイヤルトップ

を掲載しています。
(ちょっとさみしい・・・^^;)

ご利用くださいませ^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア