筋肉ちゃんをいたわること

「押されるとビックリするくらい痛いとこあったでしょ?」

「はい…、スッゴク痛かったです…。」

「そこが、アナタの筋肉ちゃんの中で疲れ切って動けないポイントなんだよ。」

「はい…。」

「そういう疲れ切って動けないところが筋肉ちゃんに出来ちゃうと、
縮むことも伸びることも出来なくなっちゃうんだ。
分かる?」

「何となく…。」

「うん、何となくでいいよ^^。
筋肉ちゃんはね、
伸びたり縮んだりすることで関節を動かしているんだ。
だからね、うまく伸び縮みが出来なくなっちゃうと
『関節が固い』って感じられちゃうんだ。」

「はい…。」

「そこで、疲れ切って動けなくなった筋肉ちゃんが
元通りに動けるようにしてあげたわけなんだ。
足首、膝、股関節の動きはどう?
1番からルルベ、デミポワントにしてごらん?立てる?
5番はどう?」

「はい。楽に立てます。」

「普段、お教室でレッスンが終わったらストレッチとかする?
動いて使った分だけストレッチしたり、
それでも筋肉ちゃんが張ってるような感じ、
カラダが固いような感じなら
マッサージしてあげたりちゃんといたわってあげないと
筋肉ちゃんは疲れ切って動けなくなっちゃうんだ。
いたわってあげないってことは
『そんなことで私は許さない!働きなさい!』
ってやってる事になるんだよ。
そんなことしたら筋肉ちゃんが可哀想だと思わない?」

「はい…。」


===============================

確かに、関節自体の骨の構造で伸びやすい曲がりやすいもありますが、
それは生まれつきの事で、後からどうにかなるものではありません。

関節周囲の筋肉、腱、靭帯などの影響で伸びにくい曲がりにくい、
これは普段のメンテナンスやトレーニングで変えていけます。

メンテナンス不足で本来の動きが出来ない。
トレーニング不足で必要な動きが出来ない。
どちらも起こりますが、メンテナンス不足は忘れられがちな感じがします。

ストレッチしてもスムーズに伸びない
動きに滑らかさが無い
美しい姿勢や動きを保てない
  ・
  ・
  ・
メンテナンス不足かもしれませんね。


フクラハギの筋肉が縮まって
同時にスネの前や外側の筋肉が伸びることで
足首が十分に伸びて甲が出るってことになるので
足を持ってグイグイやっても甲が出るようにはなりません。

モモの前側になる大腿四頭筋が縮まって
後ろ側のハムストリングがバランスよく伸びることで
膝が伸びきります。
膝小僧をグイグイ押し付けても伸びるようにはなりません。

骨盤のプレースメントや背骨を長くする。
筋肉がうまく動けないと
思い通りにカラダが動いてくれません。

普段からしっかりメンテナンスをして
それでもスムーズに動けないようなら
整体やマッサージなどメンテナンスを受ける必要があるかもしれませんね。


===============================

バレエ 整体
スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

何が原因?

「こないだセンセに聞いてた、まぶたのピクピクが治ったのよ。」

「それは良かったですね。」

「でも何だったんだろうね?
センセに聞いても『それは分からん。』って言うしさ。」

「何か変わったことでも?」

「別に何もねぇ…。
そういえば、帰ってくるはずのダンナが
忙しくって帰ってこれなくなってさぁ。」

「ふーん、そうですか。
で、まぶたのピクピクが治ったと…。」

「…。えっ!?」

ま、そういう事なんですね…(・_・)

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

発表会にお邪魔しました



今年は5月5日子供の日に開催
札幌舞踊会
本部お楽しみ会☆支部・カルチャー発表会
にお邪魔してきました。

昼の部は自分一人で、夜の部は妻とともにお邪魔してきました。
来院されたことがある方の出演はやっぱり見ておきたいですものね。
WIN_20150505_170113.jpg


各クラスとも担当されている先生方の振付による演目で
子供たちの成長力を感じさせてくれるエネルギッシュな踊り
大人バレエな方々の今を存分に楽しんでいる踊り
先日開催された子供舞踊祭の演目である子供たちによるコンテンポラリー「UNITY ~なかま~」
それぞれを楽しませて頂きました。

なかでも
夜の部最初の若手の先生方の「白の序曲」と
最後を飾る「黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ」は圧巻でした。

当たり前の事なんですが、
出来るだけ全体を観させてもらうように心がけました。
でもどうしても来院されている方たち、された方たちに目がいってしまうのは
仕事柄許してくださいね^^;

会場で見知ったお母様方や先生と言葉を交わしているときの
「凄いセンセみたいに見えるよ( *´艸`)」と冷やかす妻の目も無かったことに…

そういえば
年末にウチの池江リナが参加したセミナーの講師である森脇先生らしい姿もありました。

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

いかにもな話【医療用麻薬】

「センセ、ワタシの友達がね、
腰を手術するかもしれないって
東京だか千葉だかの大学病院に行ったけど
手術しなくても済むようなって帰ってきたんですって。」

「あら、それはよかったですね。」

「なんでもね、
胸に貼る麻薬のクスリで治ったんですって。」

「ん?そうなの?」

「そうみたいよ。
その教授だかの先生しか使えない麻薬なんですって。
1週間くらい麻薬貼ってたら痛みが出なくなって
その後は普通の鎮痛剤でもいいからって。
手術しなくて済んだし良かったねって。」

「ん?それって変じゃない?
麻薬ってターミナルケア(終末期ケア)に使うことが多いようだけど、
最近は鎮痛剤が効かない疼痛患者さんにも使うお医者さんもいますよね。
でも、『麻薬』ですからね。
それに、『神経が骨に触ってるから痛い』って診断だったんでしょ?
それに関して何の処置も無くて『治った』ってのも変じゃない?」

「でもね、痛いの随分減ったんですって。」


つじつまが合わない話に感じるのは
自分だけでしょうか。。。

そもそも、なぜ痛みがあったのか?
骨でしょうか?
神経でしょうか?
プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア