【症例】バレエでターンをするときにふらつく

症例 バレエでターンをするときにふらつく

主訴をよく訊いてみると

ターンの時にふらつくことがある。
脚を持ち上げたときに内側寄りになる。
脚を持ち上げた時、持ち上げた脚の付け根が痛むことがある。
以前訴えていた、腰を反らし難いというのは改善されたとのこと。


実際の動きを確認します。

左脚を軸にして右脚を持ち上げると右に倒れそうになり、
それを防ごうと体を左に倒す状態が観察されます。

右脚を持ち上げると前方ではなく膝が内側に入ってきます。
また、骨盤がスムーズに動いていません。

腰(腰椎)自体の後ろへの反らし具合は改善されてますが、
脚を後方へ持ち上げる動作が窮屈そうです。


以上のことから施術の方向は

左の中殿筋に不具合があり、
筋肉の活動が低下して骨盤を支える力が発揮できないので、
中殿筋が働けるようにする。

右足の内転筋(モモの内側の筋肉)の短縮または過活動と骨盤底筋の短縮、
骨盤帯(恥骨結合)の機能異常があるので、
筋肉の正常化と骨盤帯の動きの改善をする。

ハムストリングスの短縮による両方の骨盤帯(寛骨)が後方回旋していることと、
骨盤の前側にある腸腰筋の緊張短縮があるので、
ハムストリングスと腸腰筋の正常化と両方の寛骨の動きを正常化させる。

骨盤帯の機能異常で運動制限が起こり、
その時々の無理な筋肉の活動(オーバー・ユース)を原因として
鼠径(モモ前側の付け根)周辺に痛みを起こしていたので、
骨盤体の滑らかな動きを取り戻して無理をしなくても目的の動作が行なえるようにする。

とします。


まずは、中殿筋の疲労と緊張を取り除き、正常に活動できるようにします。
次に、ハムストリングス、大内転筋と骨盤底筋、腸腰筋の異常な緊張を取り除き、
正常な筋肉の長さを取り戻します。
(トリガーポイント療法やポジショナル・リリース、ストレッチなど)
最後に骨盤各部の正常な動きを取り戻します。
(マッスル・エナジー・テクニックなど)


施術終了時に、脚を上げた時のふらつきが消えて
前後にスムーズに脚が上がるのを確認します。


最後に、問題を起こしていた筋肉への
セルフ・マッサージ方法やストレッチ方法などを説明して終了となりました。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

雑誌(オトン1月15日号)掲載のお知らせ

おやぢ世代(40~50代)からの情報を元に構成される
「札幌を楽しむための情報誌」である『O.tone(オトン)』にリフレ宮の森が掲載されました。

≫≫O.tone(オトン)の一覧はこちらから。

≫≫O.tone(オトン)2013年1月15日号の立ち読みと購入はこちらから。

thumb_otone_vol51.jpg


104ページ いざという時の 治療院ガイド15
に掲載されております。

Otpne.jpg


割りと真面目な顔で写ってますよ^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

あけましておめでとうございます

皆様 あけましておめでとうございます。

札幌は天気予報があまり当たらず寒かったですが比較的穏やかでした。

今年は特に予定も入れずゆっくりと過ごさせていただきました。


さて、本日1月5日より平常営業になりました。

今年も“お年始”がわりと言えば聞こえはいいのですが

気持ちばかりに“貼るカイロ”を会計時に配布させていただいております。


昨年同様本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。


リフレ宮の森 白幡克治

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

筋肉を整体する(後編)

「ところでね、センセ。
前に、“筋肉が硬くなる”とか“筋肉が老化する”って話しされてましたよね。」

「そうそう。疲労した筋肉に、さらに疲労が重なって痛みとか歪みとかが起きるんだけど、
その疲労が溜まり過ぎた筋肉ってのが、正常に新陳代謝出来なくなって老化するんだよね。」

「えぇーっと。。。?」

「つまりね、疲労した細胞が最終的には壊れて、
その壊れたところが正常に生まれ変わることを新陳代謝って言うんだけど、
疲労が溜まり過ぎて細胞周囲の環境が悪くなると正常に生まれ変われなくなるんだよね。
正常な状態って言うのは、年齢なりの健康な状態ってことなんだけど、
20歳代には20歳代の状態があるし、80歳代には80歳代の状態があるんだ。
筋肉も若々しくてヤワヤワな状態から年齢を重ねる事で硬くなっていくんだけど、
年齢以上に硬くて柔軟性の無い状態を老化って言えると思うんだよね。」

「じゃあ、年齢以上に老化するとどうなるんですか?」

「硬いだけで特に問題が起きていなければ、いわゆる“身体が硬い”って状態だよね。
これは筋肉というよりも筋肉を包んでいる筋膜がスムーズに動いていない状態かもね。」

「どういうことですか?」

「筋膜という幾重にも重なった袋状になっているモノの中に、
筋肉や骨が浮かんでいるって考えたら良いかな。
そしてそれぞれがスルスルと滑ることでスムーズな動きが出来るんだよね。
さらに、筋膜の上に神経の末端があって感覚や刺激に対する痛みなんかを感じ取ってるんだ。」

「へぇ、筋膜に神経の末端があって、そこで感覚を得ているんですね。」

「そうなんだ。硬くなった筋・筋膜に神経の終末が巻き込まれて
神経が常に刺激される事で慢性的な痛みが起きてしまったり、
身体を一定に保つ相互作用が乱されたりなんて事も起こるようだね。」

「一定に保つ作用ですか?」

「恒常性とか、ホメオスタシスとか呼ばれてるね。
体温や血圧、免疫、血糖、傷の修復も含まれるかな。
自律神経の働きも乱されたりするよね。」

「そんなのも筋肉の老化と関係あるんですか?」

「あまりはっきりしてはいなんだけど、現実に起こっているよね。
体調悪くて病院で検査したけど何も見つからない。
でも身体をみるとガチガチの筋肉になってたりしてるね。
診断がつかなかったり、○○症候群とか自律神経失調症とか、
最悪は、気のせいや年のせいにさせられたり、
最悪は精神病にさせられたりなんてね。」

「筋肉の疲労って、なんか恐ろしいですね。」

「うん。でも、疲労は常にしていることだし、
疲労で壊れた組織を生まれ変わらせることで正常を保つから、
それはそれで必要なことなんだよね。
ところが、疲労を解消させないでさらに疲労を重ねる事が恐ろしい事つながるんだよね。」

「じゃあ、疲労し過ぎて老化しちゃった筋肉はどうしたらいいんですの?」

「日々の疲労が残らないように、身体の中の環境が悪くならないように、
自分でマッサージしたりストレッチしたりと手をかけてあげるんだよ。
女性が、お肌が荒れるとせっせと手を掛けるのと一緒だよね。
新陳代謝は常に起きているから、邪魔をする疲労が溜まらないようにしてあげる。
そうすることで少しずつ若返ってくるよね。
ガチガチに硬くなってしまった筋肉が少しずつ柔軟性を取り戻してくるんだ。
そうなると、良く分からないいろんな症状も消えていったりするんだよね。」

「やっぱり疲労って恐ろしいんですね。」

「うん。放ったらかしにするとね。」

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア