筋肉をつかむ その2

前回に続き、「筋肉をつかむ編」です。

場所は、僧帽筋の上部。

首から肩先にかけてなだらかな稜線を描いている筋肉で、
鎖骨と肩甲骨の間にある山の部分です。

肩こりを感じる部分で
肩こりの原因になる部分でもあります。

左側の上部僧帽筋ならば、
右手の親指と、人差し指から薬指の3本を
向かい合わせるようにしてつまみます。

首のすぐ近くから肩先の方に向かって
少しずつ移動しながら3秒程度ずつつまんでいきます。

つまむと痛みのある部分は
(コリッとした硬さや、嫌な感じがあるかもしれません)
念入りに硬く痛みのある部分がなくなるまで
何度もつまんでみましょう。

痛みや違和感の部分は、老廃物や痛み物質などがたまっています。
搾り出すような意識でつまんでみましょう。

左側が終わったら、右側も同様に実施しましょう。

両側の、硬さ、痛み、違和感、嫌な感じが無くなったら
ストレッチを行なうと効果的です。

頭のてっぺんに右手を載せ
頭が左肩から遠ざかるように右手で引き
左側の上部僧帽筋を5秒程度ストレッチします。

次に同様に右側の上部僧帽筋もストレッチします。

肩こりを感じやすい方、
首や肩に痛みを感じやすい方、
是非どうぞ。


【注 意】
肩周辺に、いつも感じてない異常な痛みなどがあれば
内臓疾患などの可能性もあります。
医療機関を受診してください。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

筋肉をつかむ その1

テニスボールを使ったマッサージ以外に
自分で出来るマッサージ法を紹介します。


方法は、「筋肉をつかむ」です。


場所は、脇の下、の前後にある「ひだ」の部分です。


脇の下の前側にある部分を「前腋窩ひだ(ぜんえきかひだ)」といい、
胸の筋肉である大胸筋の端で、上腕につながる部分です。

もう一方の後ろ側にあるのが「後腋窩ひだ(こうえきかひだ)」といい、
背中の筋肉である広背筋の端で、上腕につながる部分です。


どちらも腕を前に出して作業する時に
緊張が高まり疲労しやすい筋肉です。


方法は、

1.一方の手を頭の上に載せ、他方の手で前腋窩ひだをつかまえます。
 第2指(人差し指)から4指(薬指)を脇の下に入れ、第1指(親指)を胸の側に置き、
 挟むようにします。
 筋肉を挟んだら、頭に載せた手は下に下げます。

2.少しずつ挟む位置を移動し、痛いポイント、痛気持ちいいポイント、
 他と違う硬さを感じるポイント、または嫌な感じのポイントを探します。
 そこが老廃物や痛みを出す毒素が溜まっているポイントになります。

3.ポイントが見つかったら、3秒から5秒程度挟み続けます。
 いったん緩めてから再度挟んでみましょう。
 痛い感じや硬い感じが無くなったら次のポイントへ移動し、
 狙うところが無くなったら終了しましょう。

4.同様に、後ろにある後腋窩ひだも実施しましょう。

5.片方の前腋窩ひだ、後腋窩ひだが終わったら反対側も同様に行いましょう。


適応となる症状は、

大胸筋では、胸の痛み、胸の苦しさ、心臓の苦しさ、動悸、肩(腕の付け根)の痛み、などです。
広背筋では、肩甲骨下方の背中の痛み、手のしびれや腕の痛み、などです。

猫背傾向の方は、
両方の筋肉が縮まって硬くなっていることが多いので日々実施しましょう。

また、症状を特に感じ無くても、
日常生活で疲労しやすい筋肉なので日々実施しましょう。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トリガーポイント療法セミナーやってます

トリガーポイントセミナー開講中です。


平日の夕方5:30ころからスタートし、質疑応答などを含めて7:00くらいまでとなってます。

本日は、基礎編、頭頸部の痛み(その1)に続いて

頭頸部の痛み(その2)です。


開催日程は、随時。

参加者の都合に合わせて開講しています。


現在受講されている方と一緒に受講することも可能です。

お問合せはお気軽にどうぞ。


セミナーのご案内はこちら → セミナーのご案内

お問合せはこちら → 問合せメールフォーム

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

枕を替えてみる

私ごとですが、枕を替えてみました。

以前は、そばがら枕にバスタオルを巻きつけて高さを調整してました。

何となく合わなくなって、
たまたま自宅にあった羽根枕も使ってみました。


羽根枕って、使ってるうちに厚みが減ってくるんですね^^;


でも良いところもあるんですよね。

枕のヘリの部分を
首と肩の間に挟むようにするんですよ。

そうすると、
寝ている間に首と肩が近づくことで僧帽筋が短縮して
肩のコリや痛みの元ができるのを
予防できるんですよね。


で、このたび
高さを調整できる低反発枕(ニトリで1400円)を購入しました。

割と硬さがあって良い感じです。

少しだけ高めにすると
肩が頭の方に持ち上がり難くて良い感じです。


朝、寝起きに肩がこる、痛みがあるなんて方は、
ほんの少しだけ枕を高めにすると
肩が頭の方に上がらずにすみますよ。

でも、高すぎる枕はまた別の問題を起こすので
いけませんからね^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア