鍛えないということ

「どうも、よろしくないねぇ。何か変わったことやってます?」

「いえ。別に何にもしてないわよ。」


脚に力が入らない、膝に力が入らない、歩くのが大変だ、という主訴のおばあちゃんです。
太ももの筋肉、大腿四頭筋と内転筋の疲労で十分な筋力が発揮できず
一歩一歩ようやく歩く感じでしょうか。


「そういえば、デイサービスって週に一日?二日?」

「うん。2回行けるようになったから2回行ってるの。」

「そうなんだ。デイサービスで体操みたいな事ってやってるの?」

「うん。館内を2周して、階段で2階までの上り下りを2往復。
これはどうって事無く出来ちゃうのよね。」

「あぁそうですか。他には何かやってますか?」

「あとね、足首に重りをつけて上げ下げやるのよね。
10回って言われてるんだけど割と楽に出来るから30回くらいやってるのよ。
ホントは1キロなんだけどこっそり2キロにしてね。
早く良くなりたいから頑張ってやってるのよぉ。」

「あぁぁ、それはちょっとやり過ぎですよ。
筋肉が疲労で傷付いているところを治れるようにしてるのに
さらに疲労を重ねてるからなかなか治らないんですよ。
鍛えるのを一時止めましょうね。」

「えぇぇ、そうなのぉ?
早く治りたくて頑張ったのに駄目だったの?」

「うん。ちょっとだけ頑張りすぎちゃいましたね。
重さを1キロにして、上げ下げを10回だけにしてね。
そうしたら調子良くなれるからね。」



====================================================


「センセ、ここんとこアチコチ身体が痛むんですよ。
でもね、2時間くらいDVDに合わせて運動すると調子良いんですよね。」

「いやぁ、それはちょっとやり過ぎじゃないですかね。」

「そんなことないですよ。だって終わったらスッキリして調子良いし。」

「いや、それはね。ランナーズ・ハイと一緒で脳から快楽物質が出てるだけで
身体自体は充分過ぎるくらいに疲労してると思いますけどね。
だからアチコチ痛くなるんですよ。」

「だって、40台になってから疲れやすいし、身体鍛えないとだめでしょ?」

「日常生活はダラダラしてる訳じゃなくって結構忙しいんでしょ。
日常生活に必要な筋力を保つだけの運動は出来ていると思いますけどね。」

「でも。。。」

「いえ。一旦そのトレーニングを休みましょ。
身体の痛みが治まったらまた少しずつ始めれば十分ですよ。」

「そうなんですか。。。」

「そう。大丈夫だからね。」


====================================

“運動不足”が呪文のように溢れています。

通常の生活を送っている限り、生活で必要な筋力を使っています。

“運動不足”は誰にでもあるとは限りません。
(ただし、本当に運動不足の人もいますけどね)

“鍛える“ことより“疲労の解消”が必要です。

日常生活が運動になり、ため込み過ぎない様に疲労を解消する。

これが大事ではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

下腿のテニスボール・マッサージ

膝から下、足首までの間ですねの外側と前側にある筋肉のセルフマッサージ法です。


【用意するもの】

いつもの硬式テニスボール 1個   (テニスボールの購入を考える


【方 法1】

スネの外側にある腓骨筋群

1.横向きに寝転がる。

2.膝のすぐ下側にある骨の出っ張り(腓骨頭)を目安に、
  その出っ張りから外クルブシ(外果)の間にある、腓骨筋にボールを当てる。

3.ボールが当たって痛いところ、痛気持ち良いところなどにボールが当たるように
  数秒から30秒程度、あるいは1分程度ボールがずれないようにジッとしてボールを当てる。

4.痛い感じが抜けてきたら次のポイントを探しながら外クルブシまで同様にボールを当てる。

5.腓骨頭からクルブシに向って、
  ゆっくり(数秒で1センチ進む速さ)ボールが転がるように
  股関節を曲げ伸ばししながら腓骨筋群にボールを当ててもOKです。



【方法2】

スネの前側にある筋群

1.四つんばいになり、
  膝のすぐ下にあるスネの骨(脛骨)の脇にある筋肉(前脛骨筋)にボールを当てる。

2.他の筋肉と同様に痛いようなポイントを探し、
  ジッとボールを当てる。

3.痛い感覚が抜けたら足首に向って移動しながら次のポイントを探す。

4.前脛骨筋の下方にある、長指伸筋、長母指伸筋へと移動しながら実施する。

5.これも膝の下部から足首まで、
  ごくゆっくりとボールを転がしてもOKです。

6.四つんばい以外に、
  背もたれのある椅子で背もたれにつかまりながら
  両膝で立ちボールを当てても良いかもしれません。



適応は、
足首に力が入らない
足首がぶれる
足首のストレッチ(前後や回す動作)で上手く伸びない感じがする
足首が硬い
など、足首に不安を持つ方にオススメです。

O脚が気になる方にも良いかもしれませんね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

慢性疲労症候群の論文に誤り:医療系ニュースより


============医療系メールニュースより引用============

慢性疲労症候群の論文に誤り
2011年6月3日 提供:毎日新聞社


ファイル:慢性疲労症候群の論文に誤り



 前立腺がんや慢性疲労症候群の患者からウイルス「XMRV」が高率で検出されたとの成果は誤りの可能性が高いとする解析を、米国立がん研究所などがまとめ、5月31日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。研究室で患者の試料に混入したのが原因とみている。06年に前立腺がん患者から検出されたとの論文が発表された。09年には、米国立がん研究所の別のチームが同誌に、米国の慢性疲労症候群の患者の67%が感染しているなどとする論文を発表した。

=====================引用終わり=============



慢性疲労症候群

慢性的な疲労が続き、日常生活に支障をきたすもの

とされているようですが、

慢性的な疲労(筋肉の疲労)が筋肉に大きなダメージを与え

正常な筋肉の活動(ホメオスタシス(恒常性)の維持)が出来なくなった状態なのではないでしょうか?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア