筋力が無いから痛くなる?

「ワタシね、前にかかった整体の先生に『筋力が無いから痛くなる』って言われたんですよ。やっぱりそうなんでしょうか?」

「あんまり関係ないでしょうね。」

「そうなんですか?でも関節に力が無い気がするんですよね。」

「あぁ、感覚としてはそうかもしれませんね。でもそれはね、
筋肉が異常を起こしてるから力がないんですよ。」

「別に大したことやってないんですけどね。
出産して育児して、家の中のことをやってるだけなんですよ。」

「出産と育児ですか。それって大仕事だと思うんですよね。
生活の時間だって一定じゃないし、相当疲労が重なると思いますよ。
外で働いている旦那の方がよっぽど楽だったんじゃないの?」

「あはは、案外そうかもね。
じゃあ、運動して力つけなきゃいけないですね。」

「そうじゃないでしょ。
それだけ疲労が重なって、無理がたたった筋肉が痛みを出しちゃったんですよ。
だから、トレーニングして力を付けるんじゃなくって、
休ませて養生させなきゃいけないの。」

「休ませる?」

「そうそう。無理かけないで休ませて、
疲労で傷んだ筋肉が蘇らせるの!」

「運動じゃダメ?」

「ダメ!だね^^」



================================

疲労が重なって筋肉が傷つく。

通常は、3日程度で修復されますが、
疲労が重なる、冷えるなどで、
やがて痛みを発します。

痛みを発する(トリガーポイントが出来た)筋肉の線維は
部分的に縮まっていて、さらにその両サイドが伸び切っています。
縮まりきった筋肉や、伸びきった筋肉は本来の力が発揮できません。
(中間の長さが一番力を発揮できます。)
なので、痛みを出している筋肉は力が弱い。

もともと力が無いんじゃなくって、
持ってるはずの力を発揮できない。

今ある痛みが解決されれば
もともと持ってる力が発揮できるようになります。

そうなってから、
疲労に負けないようにトレーニングする。

ですよね。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

骨格医者に惑わされ

「センセ、実はウチの子がね、こないだアイスバーンになった駐車場で転んで膝を打ったんですよね。あまり痛がるもんだから病院で診てもらって骨には異常がなって言われてたんですよね。それから1週間くらいになるんだけどまだ痛いって言うもんだからMRI撮ったんですよ。そうしたら骨に影があるもんだから「骨挫症」なんて診断されたんですよ。骨って出血するんですかねぇ?一回診てもらえます?」


「ええ、良いですよ、後で連れてきて。しかしねぇ、『骨』が挫傷する前に、『筋肉』が挫傷するんじゃないですかねぇ。」


=============================================


ぶつけた後は内出血のように色が変わってたらしいです。
それが引いたもんだから『骨』を診るお医者さんは『骨』を診るんでしょうね。


=============================================



「どれ診せて。どうすると痛むの?」


「階段の上りとか、膝を押すと痛い。」


「なるほどね。下りはそれほどでもないかな?そうだね。ええっと、これ押すと痛いのかな?」


「あぁそれそれ。そこが痛い。」


「じゃあ、こういう風にすると痛みが消えたかな?」


「うん。痛くない。」


「じゃあ、2分くらいこのままだよ。」

     ・
     ・
     ・

「はい。ゆっくり戻すよ。どうかな、痛いの消えたかな?」


「あ、痛くない。」


「あとは、こことここだね。」

     ・
     ・
     ・

「どうだい?」


「あはは。痛くない。全然平気。ほらこんなに曲げられるし。」


「良かったね。でもね、明日一杯くらいはおとなしくしててね。それで痛みが出なければもう大丈夫だからね。」




==================================

太ももの筋肉の、大腿四頭筋ひとつで外側広筋が傷ついて痛み物質が溜まり、痛みを出してました。
その悪い物を筋肉の外に洗い流して痛みが消えます。
その後数日かけて修復完了すればOKです。

痛いところを触れば分かるんですけど、画像だけで診断する人にはわからないでしょうね。

こうして骨格医者に惑わされるんでしょうね、きっと。。。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

年々コリやすくなる

「センセ、なんとなく年々カラダがコリやすくなるような気がするんですよね。前はそんなこと無かったんだけどねぇ。」


「そうですかぁ。」


「うん。30代の頃は多少忙しくても、そんなに凝らなかった気がするんだけどねぇ。これが歳ってヤツですかねぇ。」


「『歳』ですかぁ。まあ、平たく言えば筋肉が硬くなって老化したのと同じ状態だから、『歳』って言葉が的外れでもないんですけどね。」


「やっぱり『歳』ですか。。。」


「例えばですね、『浚渫(しゅんせつ)』ってご存知ですか?河川の下流域とかダム湖なんかの底をさらうヤツなんですけどね。底に土砂なんかが堆積すると底が浅くなって、すぐ溢れるようになるんですよね。それで、時々底をさらって溢れにくくするんですよね。人間のカラダも同じで、色んなものが堆積すると溢れやすくなるんですよ。つまり、少しの疲労でコリが辛くなるんですよね。まあ、僕らのような仕事は筋肉に溜まった疲労をさらう、言葉は悪いけどドブさらいをしてるようなもんなんですよね。つまりは、こまめに溜まった疲労をさらうか、もっとやるなら、徹底的にドブさらいをして筋肉を若返らせる。そんな事になるんでしょうね。」


「たとえば、、若い頃のように運動とかしたらどうですかね?」


「ええ。良いと思いますよ。でも、急に頑張りすぎちゃあ、それはそれで問題起きるかもしれませんけどね。」


「ほどほどですね。」


「そうそう。ほどほどに運動して、シッカリ疲労を取る。これですね。そうして筋肉が若返ると疲労にも耐えられるようになってきますしね。」

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ニュースサイトより、「筋萎縮治療法開発、臨床試験へ」

ニュースサイト(47News)より引用
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020101000568.html  ←記事全文はこちらへ



膠原病の治療などで使用されるステロイド剤の、副作用の一つである筋萎縮。

このメカニズムと治療法が見つかったとの事で

今春から治験スタートするそうです。


副作用の筋萎縮・・・

解決できると良いですね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア