ノンルージュとタイアップ企画

好評を頂いている『頭顔筋セラピー』を『レギュラー45分』とのセットにし、

新規の方限定のお得なコースをノンルージュとタイアップし企画しました。




『頭顔筋セラピー』+『レギュラー45分』で

6300円 を 5500円で

提供します。


10月末までの期間限定



クーポンは

ノンルージュ10月号   (←クリックしてね^^)

をご覧下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

MRIでは分からない

「あんまり痛みが続くからMRI撮ってもらったんですよね。そうしたら、筋肉が骨にくっ付いてるといころに白い影があって、そこで炎症が起きてるので痛みが続いてるんだろうって言われたんですよ。」


「あぁそうですか。この部分のことですね。ここ押してみますよ。痛みありますか?」


「いや、押されても痛くないんですよね。」


「そうですか。じゃあ、ここはどうですか?」


「いや、別に何ともないですね。その辺押されても痛くないんですよね。」


「炎症が起きてるんだったら、押されたりしたら痛むと思うんですけどね。」


「ええ、そうですよね。」


「たまたま画像では何かが写っただけで、実はその部分に炎症は無いんじゃないでしょうかね?」


「でもMRIに写ってたんですよね。。。」


「痛みの原因になりそうなところ他にもあるので、そっちも診ていきますね。ここはどうですか?」


「あれ!?そこ痛いですね。あぁ、そんな感じですわ。」


「あぁ、やっぱりね。MRIの所見とは別のところですね。ここが原因個所で、そっちに痛みを出してたんですね。」


「そうなんですねぇ、やっぱり触らなければ分からないんですねぇ。」





筋肉の異常は触らなければ分からないし、触って初めて分かるものです。

そもそも画像には映りませんしね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

顎関節症予備軍

「センセ、ワタシねぇ、疲れてくると顎の関節痛くなることあるんですよね。これって、『顎関節症』なんですか?」


「うん。『顎関節症』ってのは、関節自体に問題がある関節の病気だろうから、違うんだろうね。」


「だって、顎の関節が痛いのが『顎関節症』何でしょ?」


「でもね、関節が悪かったら、疲れていようが疲れていまいが痛いんじゃないの?」


「あぁ、そうか。そうですよね。じゃあ、ワタシのは何?」


「これはね、顎の関節を開閉する筋肉に問題が起きて痛みを出してるんですよね。だから、疲れると痛みが出る。しかもその痛みは、関節部分に感じるんですよね。」


「あっ、そうか!疲れるのは筋肉ですもんね。」


「そうそう。例えば仕事中の緊張で噛みしめるとか、力仕事で噛みしめるとかね。で、疲労した筋肉が痛みを出す。でもね、それを放っておいて、関節自体に無理が掛かりっぱなしだと関節が擦り減ったり変形したりするからね。疲労だからって放っておいちゃダメなんだよね。」


「そうですよね。関節自体が悪くなったら元に戻れませんものね。」




顎関節周囲、顎の下、側頭部の筋肉が顎関節の開閉に関係しています。
それらの筋肉が疲労し機能異常を起こすと、顎関節周辺の痛みとなります。
早めに対処することで顎関節症の予防が可能になります。

対処は、頭顔筋セラピーで可能です。

   → 頭顔筋セラピー施術の一例


関節自体が病気なる前に^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

それでも続ける

「言われたとおりにテニスボール当ててたんですけど、ドンドン痛いとこが増えてく気がするんですけど。。。」

「あぁ、それはですね。痛みの元って言いますか、症状を出す原因部分がアチコチにそのまま残っているからなんですよね。」

「という事は、その痛いとこが全部無くならなきゃいけないて事なんですか?」

「そうそう。そうしてかないと疲労が溜まったり、ちょっと無理が掛かったりすると、その部分が痛みを出すようになっちゃうんですよね。」

「そうですか。。。先が長そうですね。。。」

「そうですね。少し掛かるかもしれませんけど、毎日習慣付けちゃうと割りと楽に出来ますよ。それにやってる内に段々痛いとこが減ってくのが分かりますしね。」

「そうですね。それを楽しみに頑張ってみますか(笑)」





首や肩の痛みで来院されて、
施術終了後の自宅で出来るセルフメンテナンスとして
テニスボールマッサージをしていただいた方です。

潜在的な痛みの元(潜在性トリガーポイント)がアチコチに残っていて
それがチョッと疲労が蓄積すると活性化して痛みを出します。


「何かの拍子に痛いところが出て、しかも痛いところが移動する。」


このような症状を訴えたりします。


実際にテニスボールを当てると
ボールが当たって痛く感じるところが多くあったりします。

ボールが当たって痛く感じるところは
「痛みを感じさせる何か」があるところです。

そこにボールを当てることで「その何か」が周りに散って吸収されていきます。
すると、「当たって痛かった」も消えていきます。

これを日々繰り返すことで
異常が起きて溜まっていた「痛みを感じさせる何か」が溜まりにくくなってきます。

そうなると多少の疲労にも痛みを出しにくくなりますし、
筋肉もかなり正常化されているはずですね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア