ゴールデンウィークの予定

いつも多くの方にご利用頂き誠にありがとうございます。

ご予約が一杯でご来院をお断りしてしまった方々にこの場を借りてお詫び申し上げます。

本日29日は祝日のため休業とさせていただきました。
お陰様でゆっくりと休み体調を整える事が出来ました。

30日から2日までは、多少ご予約が入りずらくなるかも知れませんので
お早目のご予約をお願い申し上げます。

なお、3日から5日まで3連休とさせていただきますが
6日(振り替え休日・水曜日)は営業いたしますので
連休疲れの解消にご利用下さい。

では、良い休日をどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

体力が付く

久々に次男の話題です。

昨年夏くらいから
「腕立て(伏せ)できるさ!」とか、
「腹筋(運動)できるよ!」なんて言いながら
数回ずつなんですが、やって見せてくれてました。

次男は、脚が痛い、お腹が痛い、首が痛い、頭が痛いと
幼稚園くらいから度々症状が出てました。

日中活発に遊んで筋肉が疲労し
夕方以降に痛みとなって現われていたんでしょうね。

ところが昨夏位から症状を訴えることが少なくなった気がします。
まあ、首痛、頭痛は勝手に一人で治しちゃうせいもあるかもしれませんけどね(笑)

それでもやはり体力が付いて
筋肉が疲労しずらくなってきた。
筋力が付いてきた。
ということなんでしょうね。

勘違いしそうですが、
一般に言う「腕力」とか、「筋力」とは意味が違います。

ごく普通の日常生活における疲労に
抵抗力ができたというか
耐力ができたという意味合いです。

まあ、子供のことですから
目一杯走り回るとかですけどね。


====================================================


慢性疲労や慢性疼痛を訴えられる方々にみられる硬く変質した筋肉を
新陳代謝を促すことで柔軟な正常筋肉に戻し
それによって症状を改善することが可能なのですが
その際に生まれ変わった筋肉は弱々しく
すぐ疲労もするし、ちょっとした事で痛みも出します。

一時的に良くなった症状が
元に戻って悪化したと勘違いされることもあります。

これは、新たな筋肉が疲労し
それが元で新たな症状が出ている。
ということです。

赤ちゃん筋肉を幼児の筋肉へ
さらに子供の筋肉から大人の筋肉へと
成長させなければいけません。

子供が少しずつ大きくなって
ゆっくりゆっくり体力が付いていくように
守り育て、鍛えていかなければなりません。


クライアントさんに教えられ
子供に教えられ
最近特に実感できるようになりました。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ヒドイ肩こり

「ここ1週間くらいヒドイ肩こりで吐き気がするんですよ。」

「いやぁ、ホントにヒドイ(笑)。これはね、肩こりを通り越して筋肉が傷んでるんですよ。最近話題の『トリガーポイント』って状態ですよね。」

「えぇーっ、そんな状態なんですか~。」

「そうそう、その傷んでいるところに、治そうとする炎症性の物質が集まってるんですけど、スムーズに修復できなくてアチコチに痛みを出すようになっちゃったて訳。」

「どうして肩がコルと吐き気がするんですか?」

「え~っと、吐き気に関しては腹筋に問題がありそうですね。腹筋に出来たトリガーポイントでしょうね。」

「腹筋ですか?だけど別に運動とかしてないし…。」

「運動してるとかしてないは、あまり関係ないんですよね。一番筋肉が傷みやすいのは、縮めた状態を長く続けることなんですよね。例えば座った姿勢を長く続けるとかね。お腹が縮んだままになるでしょ。それが一番傷みやすいんですよ。」

「あぁ~そうか。座ったまま動かないですもんね。」



====================================================

筋肉は同じ姿勢を続けるとコリ(疲労)となり、コリが進んで傷みます(損傷します)。

傷んで組織変化を起こしてトリガーポイントが生まれます。

トリガーポイント部分を適切に処置すると
修復が再開し傷んだ部分が治ります。

通常3日程度掛かりますが、慢性化しているともっと時間が必要です。

小さなキズはすぐ治るけど、大きなキズはしばらく掛かりますよね。

施術後3日程度経っても症状が納まらない場合はさらなる施術が必要です。

深いキズが治らないときには繰り返し処置が必要なのと同じことですよね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

体験済みです…^^;

今は結構健康そうな顔をしてますが
実はいろんな痛みなどに悩まされてきました。


最初は、中学生くらいだったかもしれませんが
「腰痛」

近所の整形外科では
血液検査の結果、「尿酸値が高いからだ!美味い物喰いすぎだ!」と言われました。

まあ、確かに数値は高めだったけど
今思うと、「どうなんでしょ?」ですよね(笑)。


そういえば小学生のときに
振り向いた拍子に首に衝撃が走り
「カァーっと熱くなった」
事もありましたね。
首の筋肉にトリガーポイントが出来た瞬間だったのかもしれませんね。

小さい頃から「腹痛」はしょっちゅうでした。
腹筋にトリガーポイントがあったんでしょうね。
腹筋のトリガーポイントと言えば
残尿感頻尿感
もあったでしょうか。


高校時代に少林寺拳法を始め
技法の中に「整法」という人の体を整える技がありました。
先輩から譲り受けた「経典」を興味深く読んでましたね。
その中に、背骨をポキポキさせる技術があったんですが
そのせいかどうなのかは不明ですが、
背骨がポキポキ言いやすくなったように思います。



夜寝るときに、
「脚がムズムズして置き場が無い」
ことが頻繁に起きたのがこの頃かもしれませんね。
「明け方に脚がつる」
なんてのもしゅっちゅうありました。


社会人になってからは
先輩と夜中まで呑んでて
話をしている途中にフッと意識が無くなって
「なに話の途中で寝てるんだよ!」なんてこともありました。
「日中の異常な眠気」はこの頃からずっと続いてましたね。

「睡眠時無呼吸」「大いびき」の症状があったのでしょうね。
最近も時々出ているらしいですが…^^;


大学生の頃から20代後半までモータースポーツをやりまして
練習や競技中にクラッシュし、ムチ打ちになったことが数回あります。

慢性的な首肩こり、耳鳴りが最近まで続いてました。
耳鳴りは、疲労が重なると時々今でも起こりますね。

そういえば、
車のワックス掛けはすごく苦手でした。
腕を上げてゴシゴシすると肩から腕がダルくてしょうがない。
腕や手に力を込めてを使いすぎるとシビレが出たりするし…。
これって頸肩腕症候群とか胸郭出口症候群ってヤツでしょうかね。


割りと最近起きたのが「突発性めまい症候群」
グルグル回ってましたね。
お医者さんは「良性だから2週間くらいで自然に治るよ。」なんて言ってましたが
ひと月以上掛かりましたね。
その後は「フワフワ感」が時々あったでしょうか。


一昨年くらいにホームページを改造しようと
パソコンと睨めっこを続けていたら
「グウッと引っ張られようなめまい」を経験しました。
ホントに頭を引かれる様でビックリしましたね。
首、顔、頭の筋肉が疲労しすぎて、硬くなっちゃったんでしょうね。


朝目を覚ましたら動けない「ぎっくり腰」もありましたね。
ホントに動けなくなるんですよね。ビックリでした。
腰方形筋のトリガーポイントだったかもしれませんね。


モモの外側からスネの外側への重ダルイ痺れる様な痛み。
「坐骨神経痛」
なんて呼ばれる事が多い痛みもここ数年ありました。
小殿筋のトリガーポイントなのでテニスボールで解決させました。


疲れが溜まり過ぎると
夜中に暑くなって目が覚める
そのまま1~2時間眠られない
なんて事もありますね。
そんな時は諦めて(?)
ストレッチしたりテニスボールでセルフマッサージしたりしてますけどね。



何となく思い出しただけでこれくらいでしょうか。
まだありそうですけどね…^^;


すべて筋肉の疲労とトリガーポイント、
さらに硬く変質した硬変筋による症状ですね。


まあこんななんで、
今感じている症状を言ってもらえましたら
大体の所は通じると思います。


良いんだか悪いんだか分かりませんが…ネ^^;

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

原因不明の背部痛

数年前から肩甲骨の内側や裏側の痛みに悩ませれていたそうです。

何件も病院を渡り歩いたけれど原因が分からない。

やや半信半疑でいらしたのが1月末です。

初回の施術で
僧帽筋
広背筋
肩甲下筋
斜角筋
などにトリガーポイントが診られました。

おそらく最初は何処か1箇所だったのでしょうが
時間が経つにつれ周辺に原因箇所が広がったと思われます。

一つずつやっつけていけば原発部分が最後に残るでしょう。

2回目いらした時には、「痛みが20%ほど減った。続けてみたい。」とのことでした。

仕事の合間を縫って1ヵ月半ほど通われて症状が無くなりました。

最後にいらした時には、「なんか肩が凝ってさ。」との事でしたが
当初の痛みを尋ねると「そういえば無いね。」とおっしゃっていました。

症状が無くなると、悩まされていた症状の、存在自体を忘れてしまいますよね。


================================

筋肉が疲労し、微細な組織変化がトリガーポイントを生みます。

疲労し損傷した部分が原因になってしまいます。

傷んだ組織の修復を促してあげ
修復に必要な時間を経て
組織の修復が完了する。

筋肉が正常になれば症状も出なくなりますよね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

首の付け根から肩先にかけてシビレがある

主訴が1時間おきに起こる肩部のシビレ感です。
その他に慢性的な肩こり、腰痛とのことでした。

最初の施術で全身を触診していくと殿部、背部、首から肩、腹部など広範囲にトリガーポイントがあります。

一つずつやっつけていくと上半身が汗ばんできています。

施術後、

「センセ、この汗が出てきたのは良くなってきたからですか?」

「いえ、良くなってきたからじゃなくって、トリガーポイントを刺激した時の反応でしょうね。
「夜眠れてますか?夜中に目が覚めて1時間2時間眠れ無い事はありませんか?暑くて目が覚めませんか?」

などと聞きますと

「前部当てはまります。」

との事でした。

夜中にトリガーポイントが活発に活動し眠りを妨げていたんでしょうね。


肩部のシビレ感は僧帽筋のトリガーポイントだと思い施術しましたが、
予定通り数日後にいらした時、
他の部位は症状が落ち着いているようですが
シビレ感はまだ症状が出ているようです。

再度確認のため

「どの辺に感じますか?」

と聞くと、肩先(上腕)の方から首の付け根までを指し示していました。

「腕の方にも感じますか?」

「いえ。腕はなんとも無いですね。」


腕に症状を感じてないようですが
後ろ側の筋肉(上腕三頭筋)が怪しく思い
施術するとやはりトリガーポイントが存在していました。

これで症状は落ち着くでしょう。




疲労し緊張が高まった筋肉が損傷しトリガーポイントが生まれます。
トリガーポイントが活性化し悪さをすると
関連した部位に異常感覚を出します。

痛み、シビレ、熱感、冷感、ムズムズ、スースー・・・
様々な不快な感覚です。


筋肉が疲労しすぎないこと
疲労したら早く解消させること

セルフマッサージやストレッチは有効な手段です。

手に負えなくなったら
早めの施術が必要です。

慢性症状になってしまわないように・・・

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

腰を丸めると痛い

「センセ、こうやって丸まって腰を伸ばすと痛いんですよ。」
(正座の状態から、お尻を浮かせながら前にかがみ、頭を膝の前の方に持っていくストレッチ)

「どの辺が痛く感じますか?」

「骨盤と背骨の付け根辺りなんですけど、なんとなく横にジワッとなるかな~。」

「あぁ、そういう状態ね。それはね、腹筋に問題があるんですよ。」

「エッ!?腹筋が弱いの?」

「いやいや、弱いんじゃなくって、トラブルが起きてるの。傷んでるんですよ。」

「え~、お腹なんですか~?でも、痛いの腰なんですよ~。」

「そうそう。感じるのは後ろ側なんだけど、原因は前なんですよ。腹筋にトリガーポイントが出来ちゃってるんですよ。この辺自分で押してみて。」

「あっ!痛いわ。」

「そうでしょ。それが原因。」



=============================================================

筋肉が疲労などで傷付き、筋線維に組織変化が起きてトリガーポイントが生まれます。

腹筋にトリガーポイントが出来て腰や背中が痛む。
頻繁に見受けられる症状です。

どこが原因は良く分からない腰痛はお腹側に原因がある場合が非常に多いですね。


おなかのトラブルは、腹筋セラピー(30分2500円、45分3800円)で解消しましょう。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

骨盤ほぐし

リフレ宮の森 白幡 です。

新聞に載ってる雑誌の広告を割りとじっくり見るんですが
健康雑誌に最近やたらと
「骨盤ほぐし」だとか「鎖骨もみ」だとかって載ってますね。
「骨盤ダイエット」なんてのもあるようです。

骨をほぐしてどうするんだろう?
っていうか、骨はほぐれませんよね。
骨を直接もむ事だって出来やしないですしね。

結局のところ
その部分にある筋肉をセルフマッサージする。
って事なんですよね。

「骨盤ほぐし」ならお尻の筋肉。
特に大殿筋や中殿筋になるんでしょうか。

お尻の筋肉ってとっても大事で
ここで姿勢を保つんですよね。
だから硬くならないようにセルフマッサージするのは
とっても良い事ですね。

せっかくなら腹筋も硬くならないように
丹念にセルフマッサージすると良いですね。

柔らかい筋肉。これが最高です。

鍛え上げられた硬い筋肉が最高。
と思ってる方が多いけど
硬い筋肉はダメですね。
故障やケガの元だし、役に立ちませんよ。
でも弛んでるのもダメですけどね…^^;

おなかの筋肉を柔軟にすると
内臓が調子よくなり健康でいられますよ。


せっかくだから全身のセルマッサージとストレッチもいかがですか。
きっと健康力がグッと上がりますよ。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ミニマル・インターベンション

読売新聞医療ルネッサンスに出ていた言葉

歯医者さんで使っているようです。

ミニマル・インターベンション=体にあまり傷をつけないで治療を行うこと……歯科では最小限の侵襲と訳されている。


最近の記事で顎関節症を取り上げていましたね。

以前は、噛み合わせのために歯を削ることが多かったようですが
最近は、顎、首、肩、頭などに異常な筋緊張(くいしばり)があり
噛み合わせがズレている可能性があるから
まずその異常筋緊張を取り除いて
それでもかみ合わせに問題があれば歯を削る。

こういう方向に変わってきたと書いてあります。

出来るだけ外科的な治療を避ける。
つまり後戻りのきく治療をする
ということだそうです。

抜いたり削ったりすれば、後戻りできないですもんね。


リフレ宮の森 にも
「顎関節が痛い」、「歯が浮く」、「歯が痛い」、「顎が鳴る」という症状の方がいらっしゃいます。
中には、歯医者さんで「歯に異常が無いから、肩こりでは?」と言われた方もいらっしゃいます。

いずれの場合も、顎や頬の筋肉、頭の筋肉、首の筋肉などに
異常な緊張や、痛みを出すトリガーポイントがあります。
中には、硬く固まった筋肉になっている場合もあります。

比較的すぐ解消できる方もあれば
数ヶ月程度を要する場合もあります。

目指すものは
柔軟な正常な筋肉になることです。

筋肉の状態が良くなると
本来の噛みあわせ位置になり
顎の関節もスムーズに動くようになります。

関節を動かすのは筋肉の役目ですから
筋肉が正常になれば関節の動きも正常になりますよね。


実は、カラダ中の関節も同じなんですよね。
筋肉が異常を起こすと関節の動きに問題が出る。

筋肉にトリガーポイントが出来て関連痛を感じるのが
関節などの深部で感じます。

肩関節、肘関節、膝関節、股関節、背骨の関節・・・などで痛みを感じます。

でも原因は筋肉にあり関節自体は異常が無い。

こんなことが多々起きています。


まずは、筋肉の異常を疑い、
後戻りのきかない手術はちょっとの間後回ししてみるのも
一考の価値があるかもしれませんね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

サイトマップを追加しました

ホームページにサイトマップを追加しました。↓


サイトマップ


少し分かりやすくなったでしょうか。

まあ、もともとそれほどページ数が多くないので問題無かったのかもしれませんけどね^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

サーバートラブル

4月2日午前中、
サーバートラブルによってホームページが表示できなくなりました。

昼前には無事復旧いたしました。

ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ありませんでした。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

顎関節が痛い

痛くて口が開けられない
噛むと痛みが出る
だまっていてもアゴが痛い
     ・
     ・
     ・

こんな症状が出ると、『顎関節症』などといわれます。


歯の噛み合わせが悪いので痛みが出るとか
くいしばるから痛みが出るとか
顎関節の中にあるクッション(関節円盤)減っているとか、ズレているとか
     ・
     ・
     ・

こんなことが原因だなどと言われたりするようです。


3月31日付と4月1日付けの読売新聞朝刊医療コーナーにも出ていますが
歯やアゴの痛みが、実は周辺の筋肉が原因だったりする場合があります。


噛む筋肉や、アゴを開く筋肉などに
痛みを発する『トリガーポイント』が出来る場合です。


噛み合わせの治療で歯を削ったら、
余計に痛みが激しくなったりする事があるそうです。

歯医者さんに行っても悪いところが見つからないときや
噛み合わせの調整で歯を削られたりする前に

リフレ宮の森 でアゴ周囲の筋肉を点検してはいかがでしょうか?

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア