そこにある

こんにちは。
リフレ宮の森 白幡です。


最近は『脳科学』が大流行ですから
カラダのこと全てを脳が支配し
なんでも『脳が全て』と言わんばかりですよね。

でもね、カラダの好不調ってのは
なかなかスムーズに伝わってないように感じることがあります。

筋肉の疲労なんてものも案外無視されてるように思いますね。

ホントは『疲労した!』という信号が出ているんでしょうけど
『脳』というか『思考』がそれを無視してるのかもしれませんけどね。

「いや、まだまだ。」とか「そんな筈は無い。」とかね。



筋肉が活動するには『酸素と栄養』が必要です。
で、活動したあとには『二酸化炭素と老廃物』が出ます。

筋肉が活動して疲労するとその部分の緊張が高まって
老廃物がスムーズに排出されません。

その溜まった老廃物が疲労感やコリ感、痛みなどを出します。

何となくカラダのごく一部の存在が気になる状態です。

「ここに肩がある。」とか、「腰がある。」なんて感覚ですね。


何も感じず、あたかも「そこに何も無い。」感覚。
まあ、「感覚自体が無い。」ですけどね。

これが正常であり健康ですね。



そこに『存在』を感じている状態がある。

こんな時の貴方のカラダには、『整体』が必要です。

リフレ宮の森でお早目の対処をどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

X脚とO脚

月に一度、カラダのメンテナンスに訪れるお医者さんとの会話から。

Dr:「最近の若い女の子達の脚って変じゃな~い?」

リフレ:「ん~っと、どこがですか?」

D:「脚の形がさ。」

リ:「あぁ~。真っ直ぐじゃないってコトですか?」

D:「そうそう。野生動物だったら間違いなく最初に捕まって喰われちゃうよね。」

リ:「そうですね(笑)。走りきれないでしょうね。大腿部が内旋(*1)して、脛骨が内反(*2)していることですね。」

D:「そうそう。上はX脚なのに、下はO脚。あれじゃあ、カラダを支えきれないだろうね。結婚して子供が出来たら、臨月までもつのかな~。」

リ:「脚がそんなだから、当然上の方の姿勢も悪くなりますよね。気が付いて自分で治していく人もいるけど、『私は姿勢が悪いから~。』なんて言いながら放っておく人もいますわね。治せば治るのに…。」


注) *1内旋:モモが内側に回りこんで、膝小僧が内側を向いている状態。
   *2内反:スネの骨が外側に膨らんで湾曲した状態。


【リフレ雑感】
子供の頃からの、
座り方のクセ(ペッタンコ座りなど)、
立つ姿勢(内股でつま先を内側に向ける)のクセ、
座ったり立ったりの繰り返し、
走り回って遊ぶ機会が少ない、
これらの影響で、モモの内側の内転筋群が緊張短縮し
膝小僧が内側を向いたままになっている可能性が大きいでしょうね。
さらに、
運動量が少ないためにつま先が内側を向き、
足の裏が内側に向くように変形したのかもしれませんね。

長い目で見ると、
いずれ短縮しやせ細ったモモ内側の筋肉(内転筋群)が原因で膝が外側に出っ張り、
変形性膝関節症にもなってしまうんでしょうね。
治すには、現在の筋肉の状態にもよりますが、
緊張し短縮した内転筋群が柔軟に活動できるようにし、
併せて下腿の筋群(スネやフクラハギの筋肉)も柔軟に活動できるようにします。
さらに、前に倒れているであろう骨盤が真っ直ぐ立つようにする必要もあるでしょうね。

長年の脚の変形なら、筋肉がそれなりに硬化してるでしょうから
数ヶ月から半年くらいの反復する施術が必要になるでしょうね。
もし割りと早い時期なら、
自分で意識して姿勢を作ることを三ヶ月程度頑張れば治るでしょうね。

早い時期なら、まだ筋肉が柔軟性を持ってるので自分で矯正することが可能なんですね。

もしも、筋肉がスジっぽく硬化していたなら
反復した施術で新陳代謝を促して
柔軟な筋肉に生まれ変わらせなければなりません。

早め早めのお手当てを。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

硬い腹筋

どこの筋肉も、本来は柔らかくて滑らかなんです。

鍛え上げられた硬い筋肉。

これは全然ダメです。
(でも格闘技とかなら、硬い筋肉は防具になるから大事かもしれませんね。)

WBCで「神が降りてきた」と言ったイチロー選手は以前TV番組中で
「硬い大きな筋肉は必要無い。柔軟な筋肉でいられるようにメンテナンスを続けている。」
と言ってました。
これって、大変なことなんですよね。
使うばかり使ってメンテナンスを怠ると
筋肉はすぐ硬くなっちゃいます。

それは置いといて、


おなか(腹筋)の硬い人ってすごく多いんですよね。

立ち仕事や家事などの運動量が減っているし、
子供なら走り回って遊ぶの機会が減って
椅子に座っている時間が長くなる。

おなかが縮まっている状態です。

筋肉は縮んだ状態を続けるとトラブルを起こします。
トリガーポイントが出来たり
代謝不良を起こして硬く変質したりしちゃいます。

昔は「硬い腹は万病の元」なんてこと言ってたらしいですね。

腹筋にトリガーポイントなどが出来ると

膨満感、やたらとゲップが出る、胃酸がこみ上げる、胃が痛む、
便秘、下痢、腰痛、生理痛、頻尿、内臓痛、原因不明の腹痛、
吐き気や激しい嘔吐、背部痛、浅い呼吸・・・

などが起こります。

腹筋がトラブルを起こして縮まると
不思議とおなかがポッコリ飛び出るんですよね。

トラブルを解消させてあげると
スウッと引っ込むんですよ。

体重が変わらないのにお腹が出てきた、
なんていう方は腹筋がトラブル起こしいるかもしれません。
仰向けに寝て脚を真っ直ぐに伸ばせない、
膝を立てないと仰向けに寝られない、
なんて方も怪しいですね。

両手を重ねて、指の腹で腹筋をセルマッサージしてみると良いですよ。

痛くて出来ない方や、やり方がわからない方は
『腹筋セラピー』をどうぞ!

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ご案内【春のチラシ(割引券付)】

新生活を応援する【春のチラシ】をアップしております。

春のチラシ(割引券付)


新規の方、リピーターの方にかかわらずご利用いただけます。

施術時間45分以上で割引きの対象となります。

通常の施術のほかに
頭顔筋セラピー(頭と顔の筋肉を対象とした施術。30分~)や
腹筋セラピー(腹部の筋肉を対象として施術。30分~)を
追加した場合は、
合計の施術時間を対象とした割引きが受けられます。

例えば、

通常の施術60分5000円+頭顔筋セラピー30分2500円=7500円

            ↓合計時間90分

          6000円でOK!


通常の施術60分5000円+頭顔筋セラピー30分2500円+腹筋セラピー30分2500円=10000円

            ↓合計時間120分

          8000円でOK!


何かと疲労しやすい年度替りです。
溜まった疲労がカラダの痛みになる前に
リフレッシュしちゃいましょう!

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

50年目の垢落とし

「お尻からモモの裏、フクラハギにとんでもない痛みが出て夜寝られなかった。」

以前から時々そう訴える母に

「そういう痛みが出たら、横向きになって、お尻の外側のところにテニスボールを当てるの。痛みの強くなるところがあるから、そこにボールを当ててジッとしてるの。そうすれば痛みが和らいでくるから。」

と言ってありました。

『ためしてガッテン』の話ではありませんが、『トリガーポイント』が活動し悪さをしている痛みです。

整形などを受診すると、ほぼ間違いなく『坐骨神経痛』と言われ『ヘルニア』などを疑われます。


痛みを訴えても何もしない息子に嫌気がさして
通っているスポーツクラブの近くにある整形外科を受診したそうです。

案の定、
『ヘルニアによる坐骨神経痛で、これ以上悪くなったら手術するしかない。』
と言われてきました。


まあ、そんなこんなでほぼ毎日のよに『リフレ宮の森』に通ってきています。


症状の原因は、小殿筋にある活動性のトリガーポイントです。
慢性化してますので、その都度反応を起こして活動を沈静化させます。
(外から悪さをしている部分を圧迫し、ピクピクと反応を起こさせます。)
さらに悪いことに周囲の筋肉がスッカリ硬化しています。
トリガーポイントの修復と、硬化した周辺の筋肉の再生が必要です。

毎日通っていたスポーツクラブでは、
太極拳、エアロバイク、水中歩行などをやっていて
加えてフラダンス教室にも通ってます。

一旦全て中止させます。
キズ付いた筋肉が症状の元になっているので
キズの上塗りになる可能性は排除します。

運動が健康に良いのは、筋肉が健康なときだけです。
キズ付いた筋肉では、キズを大きくすることがあっても
キズを良くすることにはなりません。

若いときの苦労が、筋肉に『その歴史』として、『硬化』を生んだのでしょう。
仕事や生活の疲労が次々蓄積されて
筋肉の細胞に代謝不良を起こし
正常な柔らかい細胞になれず硬化する。
こんな事が起こってたのでしょうね。

施術や、セルフマッサージや、ストレッチなどで
日々の細胞活動で生まれる老廃物を出来るだけ速やかに排出する。
そのことで新たな細胞への生まれ変わりを促す。

キズ付いた細胞や硬化した筋肉が
数ヶ月、半年、一年・・・
と時間を掛けながら柔軟な筋肉に生まれ変わる。


50年分の、筋肉に溜まった垢落としです。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トリガーポイント療法

先日の『ためしてガッテン』の録画を昨夜見ました。

『トリガーポイント』がようやくメジャーな舞台に上がったか。
なんて印象がありました。

でも、本来のトリガーポイントとは少し違う印象がありました。

筋肉が、疲労や、外からの衝撃、圧迫を続けるような外力などによって傷付き、
筋肉組織が変質(変性)してトリガーポイントが生まれます。

活動性トリガーポイントと呼ばれるものは、
関連する部位に関連痛と呼ばれる痛みやシビレなどの異常感覚を発します。

潜在性トリガーポイントと呼ばれるものは、今のところ症状を出していないものです。

どちらも圧迫などの刺激で『いつもの痛み』を再現します。


番組中では、『神経の過活動』が起きているところをトリガーポイントとしていましたが
少しニュアンスが違いますね。

また、トリガーポイントの大きさが
『パチンコ玉からウズラの卵くらいの大きさ』としていましたが
それはトリガーポイントの大きさではなく、
トリガーポイント周囲に溜まった毒素(炎症性物質)や老廃物(代謝産物)の大きさです。

トリガーポイントを解消するには
圧迫したり、指で筋線維を軽く弾いたり、あるいは鍼で刺したりし、
(鍼は鍼灸師、医師以外には使用できません)
反応を起こさせて鎮静化させます。
さらに、毒素や老廃物を排出し、縮んだ筋線維を伸ばしてあげます。

そうする事で、変質した筋肉組織が修復を始めます。
時間の経過とともに傷付いた筋線維が修復を完了すると
『完治』となります。


番組中では
『トリガーポイント・ブロック』という方法が紹介されていました。
神経の働きを阻害する『ブロック注射』と似た方法に見えましたね。


筋肉組織を直接修復させた方が良い様に思いますけどね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

”慢性痛”対策

NHK「ためしてガッテン」でトリガーポイントを取り上げてたようです。

◆「頑固なコリの真犯人!“慢性痛”徹底対策2」
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090304.html

本放送を見逃したので再放送を見ようと思ってます。

http://www3.nhk.or.jp/gatten/schedule/index.html

9日(月曜)と11日(水曜)です。

どれかを録画して、後でゆっくり見ようと思います。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア