ヘルニアには注射!?

「センセ、私の友達でダンスやってる人がいるんだけど、こないだ腰が痛くて動けなくなる位になったんですって。それでね、会社の同僚の人に勧められて整形外科に行ったんですって。そしたらお医者さんに『完全なヘルニアですね。あなたの場合、腰椎がカーブして無く真っ直ぐなんですよ。だから身体の重みが真っ直ぐ背骨に加わって、椎間板が飛び出たんでしょうね。』って言われたんですって。」


「そうですか~、それは大変でしたね。それで、治療は何かされたんですか?」


「ええ、なんでも注射されて、そしたら痛くなくなったんですって。そしてね、ダンスは負担が大きいからヨガにしなさいって言われたらしいですよ。インナーマッスル鍛えなさいって。」


「痛み取れたんなら良かったですね。でもね、注射とヘルニアって関係無いんじゃないの?」


「…。あっ!?そうですよね。ヘルニアって骨の問題ですもんね。骨に注射するわけ無いから、関係無いですよね!」


「そうそう、『完全にヘルニア』だったら注射したところで変わんないと思いますけどね。まあ、筋肉に消炎鎮痛剤か麻酔でも注射したか、神経自体を感じなくさせたかなんでしょうけどね。」


「ああ、そうですよね。ほんとにヘルニアだったら注射してヨガやってる場合じゃないですよね(笑)」


「まあ、痛みが無くなったんだから良しとしていいんじゃないですか(笑)。それより好きなダンスされた方が良いように思いますけどね。」


「そうですね、今はまだヨガを頑張る気になってるから、少し冷めたら教えてあげよ♪」


今のところ、ヘルニアと腰痛、または坐骨神経痛といわれるような下肢痛に対する因果関係は確定されていません。
無関係と考えられる場合の方がはるかに多いと思われます。
ある一部の筋肉が疲労し、損傷を起こして痛みを発します。
通常、疲労による筋肉の損傷は、安静(通常生活)にして3日から2週間ほどで修復されるようです。
修復がスムーズで無くこじれてしまったら、慢性化します。
病院で湿布などを出され、『様子を見ましょう。』なんて言われた場合は、この自然な修復を期待してだと思われます。

損傷部分がこじれて、『トリガーポイント』と呼ばれる状態になると激しい痛みやシビレ、熱感や冷感などを起こします。
『動けないほどの腰痛』、『ぎっくり腰』がこれにあたるでしょうか。
湿布を張るだけじゃ良くならない場合ですね。
相応の施術や治療が必要な状態ですね。

相応の施術は必要ですが、ヘルニアじゃありませんよ^^
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ルーズなスタイル

ストリートファッションっていうのかな?

はっきり言ってまるっきりうといので、よく分かりませんが…^^;

緩めのジーンズ、腰履きって言うんでしょうか?
落ちる寸前に見えたりもしますが…。

服装自体がどうのこうのと言うつもりは無いんですが
姿勢自体もかなりルーズな方が多いなぁ~。
という実感があります。

つま先が外を向き、それに伴って骨盤が後傾している。

椅子に座るときなんかは、すっかり腰を丸めて
骨盤の下にある坐骨で座らずに
真ん中にある仙骨で座る。

ホントは真っ直ぐ上に背骨が伸びるはずが
(正しくは前後にカーブを描いてです)
腰と背中が後に丸まっている。
その影響で肩と頭が前に飛び出ている。

ユルイ服装と行動も含めたスタイルによるもののせいでしょうね。

腰周りを緊張させて骨盤を真っ直ぐに立てることを意識し
数ヶ月くらい姿勢の練習をすると身に付くと思います。

丸まっていると見た目ばかりじゃなく
常に内臓が圧迫されているでしょうから
健康でいられそうには見えませんよね。

姿勢は自分で治せます。
歪んだ癖が付いてしまっていたらちょっと大変かもしれませんけどね。

そういう方は一度リセットして、その後姿勢の練習です。

まあ、リハビリですね^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

関節痛は関節の中が痛い!?

某全国紙に医療関係の記事がよく載っておりまして
先日は『膝痛』でした。

関節の中の軟骨ぶつかって
さらに擦り減って痛みが出る…。

なんとなくもっともらしく聞こえますが、
では、なぜ軟骨がぶつかるのでしょうか?
ホントに軟骨がぶつかると痛みが出るのでしょうか?

膝の関節には半月板というクッションが入ってますが、
入ってない関節なんかもあるんですよね。
半月板が無かったら、もろにぶつかっていそうだけど
通常は痛くないですよね。変ですね?

関節の面はガラス軟骨といって、とっても滑らかです。
さらに関節自体が袋状になっていて
中には潤滑液が入っているんですよ。
だから、とっても滑らに滑りあってるんです。
そいして関節の外側を靭帯でシッカリと締め付けているんですよね。
ズレちゃ困りますからね。

では、関節痛ってなんでしょうか?

筋肉が疲労して代謝不良を起こし
トリガーポイントと呼ばれる部分が出来ると
関連した部分に痛みを起こします。
特に、皮膚表面ではなく深いところに痛みを感じます。
関節付近に感じると、これが関節痛と呼ばれます。

関節の中がどうにかなった訳じゃないんですよね。

それで、トリガーポイントを解消させると
その『関節痛』も消える訳です。

では、そのトリガーポイントを放っておくとどうなるでしょう。

トリガーポイントが出来ている筋肉は
緊張が強く長さが縮まっています。
そのまま治療されずに残ってると短縮したまま固まってしまいます。

そうすると関節のズレとか、歪みとか、変形と呼ばれるようになります。
膝関節の曲がった状態などはこれでしょうね。

こうなると、本来ある程度スキマを保っている関節内が
片側だけぶつかるようになります。

それが、最初に出てきた『ぶつかって擦り減る』です。

だから、そうならないように
早い内に筋肉を正常化させることが必要です。

痛みを感じたら、ますは筋肉の異常を考えましょう。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

割れた腹筋

小学3年生の次男にも少しずつ筋力が付いてきたようで
腕立て伏せや、腹筋運動をやって見せてくれます。

小さい頃は1回も腕立て出来なかったんですけどね(笑)

最近の目標は、「割れた腹筋」だそうです。


ところで、腹筋(一般に腹直筋のことを指します)は元々左右に2列、上下に4つ、都合8つに分かれてるんですよね。

つまり元々割れてるんですわ。

腹筋の外側(皮膚の下)にある脂肪の層が薄ければ外から見えるし、
厚ければ見えないということだけなんですよね。

自分には腹筋が無いとお嘆きの皆さん
そんな事はありませんて^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

冷え!?

「脚全体なんですけど、特に足の裏が氷のように冷たくなるんですよ。」


一般的に考えられる『冷え』とは状況が違うようです。

脚の筋肉を触診していくと、モモの内側の内転筋やフクラハギの奥の筋肉にトリガーポイントがあります。
慢性化してるようですね。


「うわぁー、そんなに押したら痛いわ!」

「いや違うんですよ。ここはね、筋肉が異常を起こして、押されると痛みを発するようになってるんですよ。」

「だって、押すから痛いんでしょ。」

「いや、そりゃそうなんですけど。こっちだと同じように押してもそれほど痛くないでしょ。」



確かに指先で押すから痛みが出てるんですが、異常の無いところは押されても痛みは無いんですよ。

筋肉が異常を起こし、「トリガーポイント」と呼ばれる変質した状態になり、痛みやシビレ、熱感や冷感を引き起こします。

『異常感覚』という分類にしちゃうと、痛みもシビレも熱感も冷感も、ひとくくりですよね。


貴方の冷えも、寒いからとか血流が悪いからじゃなく、トリガーポイントのせいかもしれませんよ。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

養生VS鍛える

「センセ、筋肉が原因で痛むって、弱ってるって事なんですか?」


非常に多く聞かれる質問です。

『弱ってる』って事に関しては、筋肉の一部が傷んでいるので筋力は弱ってます。
キズ付いているんだから、当然充分な力は発揮できませんよね。

さらに、『傷んでいる』んですから修復させなきゃいけないんですよ。
筋肉の養生が必要なんですよね。

例えば、病気療養中の人に
「なに休んでるんだ!鍛え方が足りない!」
とは本来やっちゃいけませんよね。

養生させて、病気を治さなきゃいけない。

日本人特有かもしれませんけど
気合が足りない
根性が足りない
やる気が足りない
我慢が足りない
   ・
   ・
   ・

休養すること、休むこと、療養すること、これらがまるで悪い事の様に考えられてます。


『痛みが出ている』ということは、
どこかに問題が発生しているから『痛い』が出ているんですよ。
『痛みの元があるからなんとかしなさい。』というカラダの声なんですよね。

だからキズ付いた筋肉を修復させる事が必要です。
キズ口を突っついて突っついて、早く治れって言っても無理ですよね。
養生してキズを修復させるしかないんですよ。

腰痛で病院に行って『腰痛体操』を指導されても
その通りやっちゃいけません。
まず、傷んでいるところを修復させて
それから体操で予防しなきゃいけません。

運動不足、筋力不足、硬いカラダ、気合不足、気力不足・・・

そんなことを考えて、いきなりトレーニングしてはいけません。
貴方の筋肉は充分に疲労を重ね、傷んでいるのですからね。

まずは、養生しなければいけません。

そのあとキズ付いた筋肉が修復され
痛みが出なくなってから運動をして
筋力・体力を増進させましょう。

もう一度言います。

病気療養中の人を叩き起こすような事をしないで下さい。
まずは、養生が必要です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ストレッチ

健康雑誌、スポーツ雑誌、はてはラジオ体操中や体育の授業中にも登場します。

『関節をストレッチ』

関節を伸ばすと脱臼します。

ストレッチするものは、『筋肉』です。

硬く縮まった筋肉を滑らかにスムーズに伸ばし
関節運動を滑らかにスムーズにさせます。

関節を伸ばしちゃダメなんですよ
外れちゃいますからね^^;


ところで、ストレッチをする時にグイグイ伸ばすやり方をよく見かけますが、
グイグイ伸ばしちゃダメなんですよね。

筋肉はグイグイ伸ばされると
反対に伸ばされまいとギュッと縮まるんですよ。

伸びきったり、切れたりしたら大変なんで
縮めて守ろうとするんですよね。

だから、グイグイやるのはダメなんですよ。


筋肉が気持ちのいい感じで一杯まで伸びたら
その位置をそのままキープします。
すると数十秒くらいでジワッと伸びてきます。

それでOKです。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア