乳酸

筋肉の疲労は、『乳酸が溜まる』ことが原因。

なんて事が言われてました。

相変わらずTVCMでも使っている製薬会社もあるようですが…。


実は乳酸は、
糖が分解合成される途中に出来るもので
筋肉のエネルギー源になります。
老廃物じゃないんですよね。
(分解合成がスムーズに行なわれなくて残る場合もありますが…)


だから『乳酸が溜まって筋肉が硬くなる』は間違いです。


硬くなる原因は、
筋肉の緊張が高まって循環不良となり
エネルギー源(酸素と栄養)の供給不足になって筋肉を緩められないから、
です。

筋肉を緊張させて力を出すときも当然エネルギーが必要なんですが
実は筋肉を緩めるときにもエネルギーが必要なんですよね。

ちなみに死後硬直も
エネルギーを作れなくなって筋肉が動かなくなるので起こります。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

不整脈とトリガーポイント

長男のことです。

学校の検診で不整脈を発見され、今は年に一度ホルター心電図を着け検査している。

昨年まで、心拍数の5%くらいが不整脈。
その前は10%をはるかに越えていたこともあります。

今年は1日125,210回の内、220回で0.17%でした。



実は昨夏、腹直筋にトリガーポイントがあって慢性的だと気が付いたんです。

小さな赤ん坊の頃、
将来大きくなったらマーライオンになれるんじゃないかというくらいの激しい嘔吐が度々あって、
寝る姿勢が背中を大きく反らせる形になったりしてたんですよね。
嘔吐に関しては、そんなものかと思ってましたし、
姿勢に関しても、そういうカラダの癖を持ってるものだと思ってました。

ところが昨夏、
腹痛でトイレに入ったと思ったら、さらに久々の激しい嘔吐があって
「ひょっとしたら腹筋のトリガーポイント?」って気が付いたんです。
その時はトリガーポイントの治療をするとケロッと治ったんですよね。
その時に不整脈もひょっとしたら関係あるかと思い
心電図検査の一週間前から治療を始めたんですよ。
(ホントはもっと前からやるべきだったんですが、忘れてました…^^;)

で、トリガーポイントがかなり縮小してから検査を受けました。
その結果が0.17%です。

因果関係はハッキリしませんが、
慢性的なトリガーポイントがあることは確かなので
解消すべく日々治療しなくっちゃ^^

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

底ゴリ筋

「1年くらい前に車ぶつけられて、でも大した事無かったんですよね。それがこんなに全身痛くなるなんて…。」

「その事故の後、痛みが出てからどうされたんですか?」

「鍼灸院に行ったり、カイロプラクティックに行ったりしたんですよ。三ヶ月くらい通ったんだけど良くならないもんだから、先生もイライラしちゃって…。でも痛いものは痛いんですよね。それでしょうがないんで自分でストレッチやったりしてるんですよ。30分も同じ姿勢してると固まって動けなくなっちゃうんですよね。だからテレビ見るのも立ったままなんですよ。」

「え~っと、カラダの表面に近い筋肉は柔らかいんですよ。よくここまで自分で治しましたね。大したもんですよ。でもね、深いとこにある筋肉がガッチリと硬化してますよね。普通の先生は、表面の筋肉に触るくらいだろうし、骨や関節しか診ない先生なら異常無しと思うかもしれませんよね。」

「ええ、そうなんですよ、その底の筋肉が動かないんですよ。どうにかなるでしょうか?」

「これを再生させるのに数ヶ月から半年くらい必要かもしれませんね。」

「そうですか…。まだそんなにかかりますか…。」

「自分だけで治そうと思っても限界ありますよ。いつでも相談してください。」




一度いらした時にテニスボール・マッサージを教えてあげて、それっきりだけど何とかメンテナンス(自己治療)出来てるんだろうか…。
自分であそこまで治したのだから、ひょっとしたら何とか出来ているのかもしれませんね。


ムチ打ち損傷の後遺症です。
事故の衝撃で筋肉が損傷し、スムーズに修復できず硬化してしまう。
底の硬変した筋肉がカラダを締め付ける。
だまっているとどんどんカラダが固まっていく。

一定しない痛み、極度の冷え、めまい、耳鳴り、ドライアイ、ドライマウス・・・
様々な症状を引き起こします。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

疲労筋

筋肉が健康な人でも、筋肉が疲労を重ね痛みになることがあります。

「別に大した事した訳でもないのに、なんか痛いんだよね。」
なんてことよく聞きます。

筋肉にとって大した事無いというのは、ホドホドに満遍なく動いている状態です。

反対に、同じ姿勢を続けるとか同じ動作を繰り返す、
なんてのが筋肉を疲労させます。

一日中パソコンを使っている、運転している、同じ作業を繰り返している…

こうして一部の筋肉の緊張が高まって代謝不良が起き、その筋肉が損傷します。
これが「筋肉の疲労」です。

緊張が高まっているので、酸素や栄養素が供給されずエネルギーを作り出せない。
また、エネルギーを消費した老廃物がスムーズに排出されない。
損傷した部分を修復させようと炎症反応は起きるが、スムーズな修復が進まない。

こんなことが「カラダの痛み」となります。

溜まった老廃物や毒素を外に押し出して、スムーズな修復が進む環境を作ってあげます。
修復が進むと痛みも無くなります。
組織が「治った」状態になり、当然痛みもありません。


一般的に急性の症状の場合には、
その場で痛みが無くなるか、もしくは3日程度で痛みが無くなります。


また、このスムーズな修復を行なえる環境が作られないと
いつまでも症状が続いたり、慢性化になる場合もあります。


溜まった疲労は出来るだけ早く解消させることが重要になります。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

自信

「どうだ、治せる自信はあるかね。」

随分前になりますが、何度かいらっしゃった後に、ある紳士が仰った言葉です。


当時は「筋肉が硬変(線維化)する」ということを充分に理解していませんでしたから
カラダ(筋骨格系)の機能異常で様々な症状が現れると思ってました。

機能異常を起こしている部分の機能を回復させると症状が治まると単純に思ってました。

ところが、筋肉(筋線維)自体に代謝不良が起きて線維状に硬化してしまうと
まず、筋肉自体を健康にしなければ症状は無くなりません。

例えば、充分に高齢の方の筋肉や、寝たきりになってる方の筋肉。
働き疲れたオジサンの筋肉、ムチ打ち損傷の後遺症の筋肉などなど。
こんなイメージの筋肉を若返らせなければなりません。
硬いスジスジの筋肉を柔らかくフレッシュな若者の筋肉に。

そうすることで慢性的な症状が無くなり、
少しぐらい痛みが出たりしてもすぐに解消できるようになります。

つまり「カラダが治った」、「カラダが若返った」状態になります。

やってることは、「アンチエイジング」とか「デトックス」と言えるかもしれませんね。
老廃物や毒素を硬くなった筋肉から排出させ筋肉の生まれ変わりを促してあげます。
今まで働かなくなっていた筋肉を、働く筋肉に生まれ変わらせます。
状態によっては、数ヶ月、半年、一年・・・、と時間がかかります。
筋肉の代謝スピードが決まっていますので、その分時間が必要です。



慢性症状がすぐに良くなると思っている方、
「1回や2回の施術で治る自信はありますか?」


な~んて、面と向かって言ったりはしませんけどね^^



※筋肉の状態が良くて(健康で)、急激な症状の場合には一度の施術で快方に向かう場合も多々あります。通常は施術後三日程度で筋肉の損傷部分が修復されますので、適切な施術を行なうとその程度の時間経過で症状が無くなります。
ただし、筋肉の損傷部分がこじれていると2週間程度掛かる場合もあります。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

坐骨神経痛・・・もどき

「おーい、ちょっと来てー!」

「なにー?」

「いーからちょっと来て!」


我が家は二世帯住宅です。
階下に母が住まい、2階が我が家です。
時々、下から呼ばれます。
妻はすぐ気付き、「どっか痛いんでしょ(笑)」と言います。


「どうした?」

「いや、昨夜からずっと脚が痛くて寝れなかったんだわ。お尻のとこから足先までビィーッと痛だるくてさ。坐骨神経痛にでもなったんだろうか?」

「いや、関係無いっしょ。」

「だって酷かったんだから。」

「じゃあ、痛い方を上にして横になって。」

「こうかい?」

「そうそう。それで、ここを押すと痛いでしょ。」

「痛い!でも痛かったのは、この辺から足の方までずっとなのさ。」

「そう。それは、感じてた痛み。で、ここが原因。」

「いや、そこじゃないって。」

「あのね、痛みを感じてたとこってのは、『火災報知器』がなってる場所な訳。で、『火元』はココな訳。」

「ふ~ん…。でも痛かったのはこっちなんだよ。」

「そうそう。だから、『火元』の火事を知らせるのに『火災報知器』が鳴った訳。でもね、『火災報知器』に水掛けたって火は消えないのよ。『火元』を消さなきゃダメなの。分かった?」

「なんでも良いから、早くやってよ。」


まるっきり信用されていません…。
でも、これで治ります。何度か必要でしょうけどね。




殿部(お尻)の奥の方にある筋肉に、痛みを発生する『トリガーポイント』が出来て、そこから関連する部分に痛みを発する典型的なパターンです。

日中は比較的症状が出にくく、夜寝ているときに症状が出る場合が多いようです。

お尻からモモ、スネの横辺りに痛いダルイ異常感覚を出します。
『坐骨神経痛』と誤診される場合が非常に多いパターンです。


筋肉が損傷して原因が出来ますので、そこの損傷具合と修復具合で治るまでの時間が変わります。
小さなキズはすぐ治るけど、大きなケガが治るのには時間が必要なのと一緒ですね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

水分を摂り過ぎない

最近は、「水分を沢山摂りましょう」なんて事言われたりしますが

結構摂り過ぎの方が見受けられます。

汗をあまりかかない方
接客業などでトイレに行くのを我慢しがちの方

こんな方は注意が必要ですよ。

水分摂り過ぎの方を触診すると
妙にぶよぶよとした余分の水分が感じ取れます。

必要以上の水分は『毒』になりますよ。

東洋医学では『水毒』って言うのかな。

そういえば、水にも致死量があって
5~6リットル位じゃなかったかな?

ま、普通そんなにも一気に飲めないでしょうけど…ネ^^;

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

胸郭出口症候群

読売新聞(12月28日付)の医療相談に「胸郭出口症候群」に関する記事が載ってました。
読者からの質問に対して、大学病院の準教授が回答する形式です。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/soudan/20081228-OYT8T00237.htm

よく聞く言葉ですね、「○○症候群」。
医学的にはっきりとした特定の症状や原因が分かっていなくて、
おおむね似たような症状を一括りにした呼び名のようです。


それはさておき、

症状は、最初に手や腕のシビレやダルサ、
さらに進行すると首や肩、肩甲骨辺りのうずくような痛み、
とあります。

対処法(治療法が確立されているわけではありません)は、
体操や姿勢改善努力、ビタミン剤、血流改善薬の服用などで、
改善する場合があります(治るわけではない)。
ということのようです。

さらに改善が見られなければ、
肋骨の一部と筋肉の一部を切除する。



今のところの医学的には、
身体の構造的な異常で血管や神経が圧迫されるから症状が出ている。
だから、切って取っちゃう。
という考え方なんでしょうね。

首や胸、肩から背中の筋肉にトラブルが起き、
筋肉に組織変化が起きてトリガーポイントと呼ばれる状態になった場合にも
まるっきり同じ症状が出ます。

さらに筋肉が硬化してスジっぽく変わっても
血管や神経は圧迫されます。

どちらの場合にも
問題が起きている筋肉を正常化させると
症状は無くなります。

外科的に切って取っちゃうと
正常化も何もあったもんじゃないですよね。
正常化できるはずのものを殺しちゃうんですから…。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。

本年もよろしくお願い申し上げます。



今年も初日から多くの方々にご来院、ご予約をいただきました。

重ねて深くお礼申し上げます。

今年も皆様方の健康力が少しでもアップ出来ますよう尽力していきたいと思っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。



                             リフレ宮の森 白幡克治

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア