子供の肩こりを無視しない

小学生も肩がこる。



「子供が肩こるわけが無い!」

そのように考えられている大人が大半だと思います。

でも、今時の子供さんは、休む間もなく忙しいのではありませんか?
昔なら暗くなるまで外で遊んでいたのでしょうが、
物騒な時代でもあるし、それ以上に塾や習い事などで
友達と遊ぶ暇も無い子も多いのではありませんか?


長時間の勉強=長時間の同じ姿勢
さらに、集中することによる神経の緊張(=ストレス)


こんなことが筋肉にダメージを与え、
首や背中、頭や顔の筋肉にトラブルが起き
肩こり、さらには頭痛などが起こります。


肩こりの辛さが良く分からないうちに
良く説明の出来ない体調不良となっているかもしれません。



肩こり以外に
足腰の筋肉がダメージを受けていることも多くみられます。
運動量の不足とも無関係ではありませんね。


時々お子さんの体を触ってください。

首や肩、背中や脚など
「押されて痛い」や「子供の割りには硬い」などがあったら
筋肉のメンテナンスが必要です。


放っておくと筋肉が硬く短縮し
慢性的な痛みや身体の歪み・変形になるかもしれませんよ。
スポンサーサイト

筋肉のことなどチョッピリ

「筋肉」
特に「骨格筋」
これを標的に毎日施術してます。


この「骨格筋」、実は体に大きな影響を及ぼします。


筋肉が疲労して代謝不良が起き、老廃物が溜まりコリとなる。
そのコリを放っておくとやがて痛みを出します。


頭痛や首痛、背部痛、肩部痛、腰痛、腹痛、関節痛をはじめとし、
熱感や冷感、不眠など自律神経症状、
ドライアイ、ドライマウス、耳鳴り、めまい、
喉や気管、肺や心臓、胃腸の不調感などなど

様々な部位の異常が感じられたりします。


解剖学上では、
それぞれの骨格筋は切り離され
別々な名前が付いています。


でも、全体である「骨格筋」として見たときには
体重の40~50%が、この「骨格筋」になります。


栄養を燃焼させエネルギーを発生し体温を作ったり
動作をすることで体液の循環を行ったりもします。


身体の約半分を占める「骨格筋」
この「骨格筋」が疲労して不調を起こすのですから
様々な身体の症状が出てもおかしくありませんよね。


知らず知らずに蓄積した「骨格筋の疲労」は
週末にまとめて寝ても取れませんよ。


積極的に「骨格筋」の疲労を除去しましょう。
たとえ「疲労」が「痛み」に変わっても
リフレ宮の森では、解消できます。

股関節が悪い!?

最近クライアントさんから度々聞かされる言葉

「股関節が悪いんで、脚が痛くなるんですよね。」

更に話を聞くと

「疲れると痛みが出るんで整形に行ったら、『先天性股関節形成不全』だって言われたんですよ。股関節のハマリが浅いんですって。だから疲れると痛いんですって。」

もっともらしく聞こえますが、

「いつごろから痛みが出るようになったんですか?」
と聞くと

「ここ2、3年くらいからなんですよね。前はそうでもなかったんだけど…。」

なんて答えが帰ってきたりします。


不思議じゃないでしょうか?

「先天性=生まれつき」だと思うんですよ。

では、なぜ「ここ2、3年で・・・」なのでしょうか。

これが、「小さい頃から、ずうっと痛いんですよ。」というのなら「先天性○○○」ということなんでしょうけど、
「最近○○○なんですよね。」と「先天性○○○」は結びつかないのではないでしょうか。

「最近≠先天性」ですよね。


さらに話を聞くと

「長い時間歩いて疲れると、股関節から脚の方へ痛みが広がっていく。」

「長い時間歩いて疲れると、ももの前側や腰も痛くなる。」

「長い時間歩いて疲れると、脚の付け根から膝の方まで痛くなる。」

症状はまちまちですが、キーワードは「疲れてくると」なんですね。


では、何が疲れるのでしょうか?
「先天性○○○」だから、関節が疲れるのでしょうか?


疲れるのは「筋肉」ですよね。
けっして関節ではありません。


「筋肉」が疲れて「トラブルを起こし」、「痛みが出る」ですよね。


それで実際に筋肉をみると、腹斜筋、腸腰筋、内転筋群などにトラブルを抱えている場合が多いようです。


痛みの原因は筋肉にあって、骨や関節ではないんですね。

線維筋痛症は完治する

線維筋痛症に日々取り組んでいらっしゃる星川先生のブログを紹介します。

「738 完治症例の報告」

星川先生は、山形で開業されている外科医です。
ご自身が線維筋痛症の患者であり、その治療方法を確立されています。


検査、投薬を主とする現代医療では
この線維筋痛症が治せないことが良く分かります。


また、線維筋痛症は特殊な病気ではなく
誰でもがなる可能性を持っています。


予防方法は線維筋痛症にならないこと。

健康な筋肉を維持することです。

お腹がキュルキュル

昨日の続きじゃないんですが・・・^^;


妻が朝からブルーです。

「どうした?」

「お腹が痛い。キュルキュル言ってるからビオフェルミン飲む・・・。」

「どれ、どこが痛い?」


お腹の真ん中辺りに手を当てています。


「この辺が痛いんじゃないの?」
とお腹と肋骨の境目辺りを指で軽く押します。

「うっ、そこ痛い。昨夜ミシン掛けやってたから痛くなったかな~。」


しばし、お手当てを・・・。
キュルキュル音を立ていましたが、段々音と動きが治まってきます。

それと同時に、筋肉の反応も治まってきました。


「どう?痛い?」

「う~ん・・・、治まってきたみたい。」


原因は、背中を丸めてミシン掛けをやった(お腹を収縮させてた)こと。
それで腹筋にトラブルが起き、キュルキュル言い出したんですね。



ところでビオフェルミンは我が家の常備薬で、
子供は甘いので大好きですね(笑)

また、僕はサプリメントだとも思ってます。
腸内細菌を整えて、免疫力をアップさせる助けになると思います。

さらに、体内や体表の有用菌のバランスを整えてくれるでしょうから、
口臭や体臭(汗臭さ)の予防も期待できるかもしれませんね。

ポッコリお腹

体重が増えたわけでもないのにお腹がポッコリなった気がする。

なんとなくお腹が張るような感じがする。

お腹がつっかえる感じがして前屈し難い。

ムカついたり、吐き気がしたり、嘔吐しちゃうことがある。

さらには、背中がツライ、腰がツライなど・・・


こんなときは、腹筋のトラブルを疑います。
表面の腹筋群だったり、深部にある筋群だったりします。


トラブルを起こし縮まった腹筋群が
胸郭と骨盤を引き寄せ
圧縮された腹部が前に膨らむ。

場合によっては、体が捻じれることもあります。

背部痛や腰痛を起こすこともありますね。


その筋肉のトラブル(トラブルにも種類がありますが)を解消させると
出っ張っていたお腹がへこみ、突っ張っていたお腹がすうっとします。


さらに「内臓の異常かも」と思える不快感も消失します。


施術中に腸が動き出すなんてことも良くありますよ。

ぎっくり腰のクスリ

電話の問い合わせです。

=============================================================


「ちょっとお聞きしたいんですが、腰が痛いのでクスリとかありますか?これから行きたいんですけど。」

「クスリとかは置いてませんが…。どうされました?」

「あの、ぎっくり腰のようなんですけど…。効くクスリとかありませんか?」

「ウチは整体ですから、そもそもクスリなんか置いてないし、ぎっくり腰はクスリじゃ治りませんよ。」

「あ~そうですか。行けばすぐ治りますか?」

「状態によりけりですが、突然痛み出したのなら割りとすぐ解決すると思いますよ。でも実際にみさせて貰わないと何ともいえませんが。」


=============================================================


ぎっくり腰の大多数は筋肉のトラブルです。


よくヘルニアだとか、骨がズレたんだといわれてますが、
腰方形筋や腸腰筋、殿筋群がトラブルを起こしている場合が大多数です。


このトラブルを解決できるクスリはありません。
せいぜい「痛み止め」でしょうか。
でも、「痛みの原因」をそのままにして、「痛み」を感じなくさせるだけで
「治る」とは言えませんよね。


「痛みの原因」である筋肉のトラブルを解消させてあげると、「痛み」を解決できます。


ただし、急性なのか慢性なのかなど、現在のトラブルの状態によっては
その場で解決できたり、数日から数週間掛かる場合もあります。


たとえば、すり傷はすぐ治るけど、大きな傷は日数が必要なのと一緒ですね。

線維筋痛症

5年以上お付き合いしてくださっているクライアントさん。
慢性的な肩こりや首の痛みを感じてます。

就寝時に寝ながら読書をされるそうです。
(あまりオススメできる習慣ではありません。これも原因の一つですね。)

筋肉の状態を良好に保ち、肩こり感を解消するには、筋肉の代謝を促進させて疲労し難い状態にしなければなりません。
反復した施術が必要になりますが、冬の間は特に交通事情で来院が滞りがちになります。


そんなクライアントさんとの会話


「せんせ、こないだテレビで見たんだけど線維筋痛症ってご存知?」

「ええ、知ってますよ。」

「おっかないわね~。全身痛くなって、動けなくなるんですってね。」

「ええ、症状は様々なようですね。」

「テレビでね、肩こりが最初の原因だなんていうもんだから、心配になって病院とかメモしちゃったんですよ。」

「あ~、実は首や肩のこの辺りの筋肉ね。この硬いヤツ。この辺は線維筋痛症に近い筋肉ですよ。」

「え!?・・・」

「テレビではね、脳が原因だって言ってませんでした?」

「あっ!そういえばそんなこと言ってたわ。治せないんですってね。」

「うん。有名な大病院や先生方はそう言ってるんだけど、治せるんですよ。でも大病院では筋肉自体を診ないで、精神病の薬やパーキンソン病の薬、ステロイドホルモンなんかを大量投与して、人体実験みたいなことしてますよね。製薬メーカーや厚労省も関係してるかもしれないし。でも、現に治しているお医者さんもいるんですよ。お付き合いさせていただいてる山形の先生は何人も治してますよね。病気になった筋肉を生まれ変わらせることで治すんですよ。」

「せんせんとこに、線維筋痛症の人来たことあるの?」

「ええ、確定診断された方じゃないけど、何人かそういう方いらしてますよ。症状が改善するのに半年以上かかりますね。筋肉の代謝を促して、筋肉が生まれ変わるのに数ヶ月必要なんですよね。その生まれ変わりを何度か繰り返させるので、半年とか一年とか掛かっちゃいますね。」

「じゃあ、私の場合は?」

「首から肩、背中にかけてだから、週二回の施術で、数ヶ月くらいで改善できると思いますよ。」

「いや~、私そんなおっかない病気なったら嫌だから雪が積もるまで通うわ。今まで来れば楽になると思ってたけど、そうじゃないんですね~。」


線維筋痛症はとても身近な存在です。
けっして特殊な不治の病ではありません。

一番大事なのは、
線維筋痛症にならないこと、
ならないように予防することです。

我が家のGW

4日から6日までお休みを頂きファミリーキャンプへ行って来ました。


喜茂別の近くにある「オロウエン大滝キャンプ場」で、個人のオーナーさんが開設し管理されています。
この日は20組くらいも来てたでしょうか。

テントサイト

我が家のサイトはこじんまりと、インディアンテントの方の隣です。

敷地内を川が流れてますので、テントサイトを設営し昼食後早速釣りをしました。

祐介釣る

割りと慣れてる長男は単独で流れに向かってます。

将吾に流れを聞かす

次男に手ほどきをします。

将吾釣る

何とか一人で毛鉤を流しています。

将吾岩魚釣る

チビちゃん岩魚が釣れました。

ヤマベもいるようですが、解禁は6月からですね。


2日目は、朝から子供らとボール遊びです。

カタキをする

「カタキ」といって、ボールを当てられるとアウトになり、アウトにした人が当てられてアウトになると、当てられてた人が復活します。

山菜

キャンプ場オーナーさんに教えてもらい山菜を採り、夕食で頂きました。

自然の恵みでパワーアップできますね。

夕方から天気予報どおりに結構な雨になりましたが、前もってオーナーさんが空いてるロッジに緊急避難させてくれました。

ロッジ前設営中

おかげで雨に当たることも無く、快適に雨のキャンプをさせていただきました。

2日目夜半から気温が下がりとっても寒くなりましたが、3日目朝は雨も上がり良い天気です。
遅い朝食を摂り、ゆっくり後片付けです。

尻別岳と羊蹄山

帰りの車中から、尻別岳と羊蹄山が並んで見えました。

山と木と水と魚達のエネルギーをタップリ頂きました。

このエネルギーを今度はクライアントさんたちへお渡しします。
少しでも早く症状が治まりますように。

身体の痛みは誰が診る

人のからだの最大器官はなんでしょうか?


内臓を思い浮かべますか?
脳?血管?神経?骨格でしょうか?


人の身体の最大器官は骨格筋です。
一般的に言われるところの筋肉ですね。


解剖学では、部位ごと、働きごとに小さく分類されて
それぞれ別な名前が付けられていますが
トータルで一つの運動器と考えると
全部合わせて「骨格筋=筋肉」となります。


西洋医学を含めて一般的に、筋肉は病気にならない事になっています。


不思議だとは思いませんか?
なぜ都合よく筋肉だけが病気にならないと言えるのでしょうか。


一般的な西洋医学の研究で忘れ去られた筋肉が、実は身体の痛みの原因になっている。
しかも、通常身体に現われる痛みの約90%が筋肉を原因とする痛みだそうです。
(ケネディー大統領の主治医トラベル女史の研究による)


頭が痛い、背中が痛い、お腹が痛い、関節が痛い・・・
身体の様々なところに現われる痛み。
このほとんどが筋肉を原因とする痛みの可能性があります。


ところが一般的な西洋医学では、筋肉は対象外です。


せいぜい、痛み止めや湿布が処方される。
「原因不明」や「気のせい」にされればまだ良い方で、
下手をすると「脳の病気」にされてしまいます。


精神病薬やステロイドホルモン漬けにされるかもしれません。


忘れ去られた「筋肉を原因とする痛み」


これはいったい誰が診るのでしょうか。
プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア