誤解されてるカラダの痛み~坐骨神経痛

お尻の辺りからモモの後ろ側、
あるいはモモの外側からスネの外側まで、
重ダルイような、痛ダルイような、
シビレるような異常感覚が出ると、
「坐骨神経痛」
を疑われる場合が多いでしょうか。

ところが、本当の原因は筋肉にあったりします。

お尻の外側、股関節の上の方の深部に
「小殿筋」という筋肉があり、
その筋肉に代謝産物(疲労物質)がたまってシコリ状の固まりになり
さらにそのシコリの中に過敏な部分が出来ると
この「坐骨神経痛」と呼ばれる痛みが出ます。

神経痛ではなくて、筋肉に関連する痛みだったんですね。
原因部分から代謝産物(疲労物質)を取り除いて
筋肉の機能異常を解消させれば症状も無くなります。


骨や関節のズレ、脳や神経の異常ではなかったんですね。



スポンサーサイト

筋肉の疲労をバカにする無かれ

施術中の会話より

クライアントさん:「最近足が冷えるんですよ。仕事中とかでもダルイし冷えるし、あと腰の上の方が痛いんですよ。首から肩も痛いし…。」

Refre:「あぁ、これは筋肉の疲労ですよ。疲労した筋肉が硬くなって、血行を妨げて冷えるんですよね。筋肉が疲労しすぎて痛みを起こしてるんですよ。筋肉疲労の核心部分を取ってあげて、短縮した筋肉を伸ばしてあげると解消しますよ。」

ク:「足とかは自分で揉んだりしてるんですけどね~。足りないんでしょうか?」

R:「うん、外側の筋肉は柔らかいんでメンテナンス出来てるんですけど、奥の方の筋肉が硬いんですよね。だから症状が出てるんですよ。」

ク:「でも、疲労だったら大した事無そう(笑)」

R:「みんな疲労をバカにするんですけどね。分かりやすいように【お肌】に例えてみましょうか。今の状態は、日に焼きすぎた肌の状態なんですよ。疲労している感じが出てきました?で、そのまま放っておくと、シミ、ソバカス、小ジワになりますよね。」

ク:「脅かさないで下さいよ~。」

R:「でもホントでしょ。さらに放っておくと、深いシワになって取れなくなりますよね。刻み込まれちゃって…。」

ク:「えぇーっ!そしたらどうなるんですか?」

R:「それが筋肉で起きると、慢性疲労やアチコチ痛みが出る慢性痛になったりしちゃいますね。でも解消方法もあるんですよ、肌トラブルと同じように…。」



大事なことは、トラブルを起こさないように早めに手当てをすることです。大変な事にならない内に…。

疲労を取る

あるニュースサイトから要約

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大阪市大でラットを使った実験「不眠不休は脳へダメージ」


ラットが嫌う水を床面に浅く張り、興奮状態を作って5日間不眠不休にすると脳下垂体の細胞の一部が死ぬことを確認。

ただ、2・3日休ませると細胞は再生したとの事。

実験をした教授は、「早めに休み、疲れをため込まないことが肝心だ」と話している。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



これを読んで、
「平日を不眠不休で働いて、週末ゆっくり休めば良い」
なんて考えちゃいけませんよ。

もちろん部下にそんな仕事をさせてもいけません。

病気になります。

ほぼ間違いなく。

最近は脳ブームだから、なんでも「脳」を優先させているけど
「脳」は身体の一部の器官に過ぎないんですよね。
たしかに重要な役割は担ってますけど。


疲労は身体全体の問題です。

その日の疲れはその日のうちに
たまった疲れは出来るだけ早く
取らなければなりません。

特に気を付けなければいけないのが
筋肉(骨格筋)の疲労です。
その、筋肉にたまった疲労が「身体の痛み」です。
「痛み」で身体は疲労を訴えています。

病気になる前に…。



お引っ越し

セラピストのジオログから引っ越します。

今までと同様に宜しくお願い致します。
プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア