“歪み”の考え方

歪み

身体の歪み
骨盤の歪み
背骨の歪み
首の歪み
頭蓋骨の歪み
筋肉の歪み
経絡の歪み
 ・
 ・
 ・

様々な歪みに関して

色々なメディアが
色々な整体師が
色々な医療関係者が
 ・
 ・
 ・

果ては、○○評論家(笑)まで

千差万別の理論や考え、果ては“思い”で語っています。


歪みって何でしょう?


原因でしょうか?
それとも
結果でしょうか?


ある日突然、
何もないところから歪みが発生するのでしょうか?
そして、その歪みを原因として症状が現れるのでしょうか?

それとも
身体の中でアンバランスなことが起こって、
その結果として歪みが出来た。

何かの原因があって、
そのために歪みが起こった。

こういう風に考えるべきではないかと思うんですが、
いかがでしょうか?


では、歪みの正体は何でしょうか?


人体の構造では
一番外側の、身体の表面を皮膚が覆っています。

その下(内側)に脂肪の層があり
その下に、全身を覆う筋膜という膜構造があります。
全身をつなぐネットワークです。

その全身を形作って、覆っている膜構造の区画の中で
筋肉や骨、内臓などが体液の中で浮かんでいます。

筋膜構造と筋肉をまとめて
筋・筋膜構造と呼んだり
筋・筋膜と骨を合わせて、筋骨格系と呼んだりしています。


身体への過負荷、
筋・筋膜系への過負荷であったり筋骨格系への過負荷、

例えば、
姿勢や動作の癖
通学、通勤の荷物の重さや量
スポーツ、武道、器楽演奏、長時間の勉強
デスクワーク、マウス操作、製造ラインの仕事・・・など繰り返される動作
いつも歩く道路の傾斜
精神的な抑圧や緊張からおこる全身の過緊張
などなど

これらのような、度重なる過負荷、過緊張が
筋・筋膜系を縮んだまま伸びれなくします。


この正常な働きが出来なくなった状態を、
筋肉の“疲労”と言います。


伸びなくなった、疲労した筋・筋膜が、骨を引っ張り
身体の一部が曲がったり、全身の不均衡を起こします。

この不均衡が“歪み”だと捉えています。

また、歪みが起こるほどの筋・筋膜系の疲労は
身体の恒常性(身体を一定に保とうする働き)にも影響し、
よく分からない不定愁訴の原因にもなりえます。


歪みの解消とは、
筋・筋膜系、あるいは筋骨格系の疲労を解消し
本来の柔軟な、健康な、筋・筋膜系の状態を回復させること。


いかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

クセ

「センセ、癖ってなかなか直りませんよね。」

「そうですねぇ。直すのに結構努力が必要ですよね。」

「姿勢とかも癖になるんでしょうか?」

「まあ、そういう時には悪い姿勢の事を言ってるのでしょうから、そういう事でしょうね。
悪い癖が重なって、姿勢が悪い形に固定されちゃってるって事ですかねぇ。」

「癖だから直らないんでしょうね?」

「いやいや、そういう風に考えると絶対に直らないでしょうね。」

「だってね、癖なんですから。。。」

「でもね、悪い癖を付けたのは自分自身なんですよ。
だったら今度は良い癖を付ければ良いって事じゃないですか?」

「だって癖ですから。。。」

「うん、そうですね。
単純に癖を直しなさいって事にもなりませんよね。
もう既に悪い姿勢が出来上がってると考えると、良い姿勢にしようとするとかなり無理が掛る。」

「ほらやっぱり無理なんだ。」

「いやいや、そうじゃなくって、まずは良い姿勢を作りやすい身体の状態にする事。
つまりは、良い姿勢を作れるだけの筋肉や骨格の柔軟性を作ってあげる事ですね。」

「でも簡単には出来ないんでしょ?」

「ええ、簡単じゃないですよね。
まずは、この根雪のように硬くなってしまった筋肉を柔軟なものに作り替えて、
楽に姿勢を作れるようにしなくっちゃいけませんよね。
そうした上で、良い姿勢の癖を付けていく。」

「根雪の様な。。。ですか。。。」

「そうそう、根雪を融かすってとこですかね。
筋肉も生きてるんで、新しい細胞に生まれ変わって柔らかくなるんですよ。
施術によって筋肉の中の環境を良くしてあげて、必要な時間を掛けながら生まれ変わらせるんですけどね。」

「根気が必要なんですね。」

「さんざん悪い癖を積み重ねてきたんですから、今すぐ簡単にとはいきませんよね。」


==================================


悪い姿勢を続けることで、本来の筋肉・骨格系の位置関係がズレる。
関係する筋肉が柔軟性を無くして縮んで固まったり、虚弱して伸びきったりしてしまいます。
やがて骨格を引っ張り戻れなくなり、悪い姿勢として固定されてしまう。

関連する筋肉がガチガチの根雪の様に固まっていなければ、比較的早期に柔軟性が回復できます。
しかし、ガチガチに固まってしまうと数ヶ月程度の時間をかけながら柔軟な筋肉に戻れるようにして、
ある程度柔軟性が回復出来てきてから、良い姿勢を作っていくようになります。

どこかの関節をボキボキさせたり、グイグイ強い力を加えても姿勢は戻りません。

ある程度柔軟な筋肉の状態を取り戻し、それから良い姿勢を練習しなければ戻すことは出来ません。



※柔軟性のある筋肉の場合、いわゆる骨格矯正をすると関連する筋肉がストレッチされ姿勢を作りやすくなったりする場合もあります。その後、良い姿勢の練習を重ねる事で改善できる可能性もあります。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

骨盤○○

「センセ、こないだテレビでね、
『骨盤何とかダイエット』とかってやってたんですけどね、
骨盤歪んでると太りやすいとかってホントにあるんでしょうか?」

「あぁ、その手のいろんな本なんかも出てますよね。」

「そうなんですよ。タレントの○○さんはそれでスッゴク痩せたんですって。」

「そうですか。そういう人いると売れますよね。」

「『売れる』ですか。。。」

「そうそう。結局はね、売れるとか売れないでしょ。」

「でもすごいんですよ。その何とかっていう先生、アチコチのテレビとかにも出てて。」

「うん。売れてるんですね。」

「あ、そうか。。。」

「そうそう、3年も経ったら誰一人そんなこと言わなくなりますよ。」

「ってことは、大した効果が無いって事ですか???」

「バナナとかリンゴとか、いろんなのがあったじゃないですか。
今頃そんな事言う人いますか?」

「そうですよねぇ、そういうことか。。。」

「そういうこと!」




骨盤の歪みが諸悪の根源

いかにも、ソレっぽいですよね。

それ自体の問題じゃないのにね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

歪みは症状の原因か

健康雑誌や女性誌をはじめTVやラジオ、あらゆるメディアに登場する『歪み』。

骨盤の歪み、背骨の歪み、股関節の歪み、足首の歪み、顔の歪み、・・・

『歪み』の箇所に事欠きませんね…^^;


まるで全ての不調や症状の原因が『歪み』だと言わんばかりですよね。


では、『歪み』の原因って何でしょう?


『姿勢』、『動作』などのクセでしょうか?
では、クセがなぜ歪みになるのでしょうか。



その前に、『歪み』とは何を指すのでしょうか。

おそらく、骨格の本来あるべき位置からずれた状態のことではないでしょうか。
全体的な骨の枠組みのことや、あるいは特定の骨の位置に関して言ってるように思います。

では、骨が位置を変える、つまり骨が動くとはどういうことでしょうか。

骨を動かす原動力は筋肉(骨格筋)にあるので、筋肉が関係していそうですよね。
筋肉が縮み、関節が曲がり、両側の骨同士が近づく。
これが、骨が動くと言うことです。
この後、縮んでいた筋肉が伸び、反対側の筋肉が縮むと関節が伸び、骨同士が離れていきます。
(ただ縮んだ筋肉緩んでも関節は伸びません。)

この時、筋肉が伸びきれない、あるいは反対側の筋肉が縮めない状態だとどうでしょう。

関節が伸びきらず、骨が本来の位置へ戻れません。


この、本来の位置へ戻れない状態が『歪み』ではないでしょうか。


同じ姿勢を続けたり、決まった動作の繰り返しで筋肉が疲労し、
本来の働きが出来なくなると(機能異常となると)痛みなどを発生させます。
そのような筋肉は短縮して固まっています。

ということは、『歪み』が症状を出すのではなく、
症状を出すような筋肉の状態になっているから『歪み』にもなっている。

ということでしょうね。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

X脚とO脚

月に一度、カラダのメンテナンスに訪れるお医者さんとの会話から。

Dr:「最近の若い女の子達の脚って変じゃな~い?」

リフレ:「ん~っと、どこがですか?」

D:「脚の形がさ。」

リ:「あぁ~。真っ直ぐじゃないってコトですか?」

D:「そうそう。野生動物だったら間違いなく最初に捕まって喰われちゃうよね。」

リ:「そうですね(笑)。走りきれないでしょうね。大腿部が内旋(*1)して、脛骨が内反(*2)していることですね。」

D:「そうそう。上はX脚なのに、下はO脚。あれじゃあ、カラダを支えきれないだろうね。結婚して子供が出来たら、臨月までもつのかな~。」

リ:「脚がそんなだから、当然上の方の姿勢も悪くなりますよね。気が付いて自分で治していく人もいるけど、『私は姿勢が悪いから~。』なんて言いながら放っておく人もいますわね。治せば治るのに…。」


注) *1内旋:モモが内側に回りこんで、膝小僧が内側を向いている状態。
   *2内反:スネの骨が外側に膨らんで湾曲した状態。


【リフレ雑感】
子供の頃からの、
座り方のクセ(ペッタンコ座りなど)、
立つ姿勢(内股でつま先を内側に向ける)のクセ、
座ったり立ったりの繰り返し、
走り回って遊ぶ機会が少ない、
これらの影響で、モモの内側の内転筋群が緊張短縮し
膝小僧が内側を向いたままになっている可能性が大きいでしょうね。
さらに、
運動量が少ないためにつま先が内側を向き、
足の裏が内側に向くように変形したのかもしれませんね。

長い目で見ると、
いずれ短縮しやせ細ったモモ内側の筋肉(内転筋群)が原因で膝が外側に出っ張り、
変形性膝関節症にもなってしまうんでしょうね。
治すには、現在の筋肉の状態にもよりますが、
緊張し短縮した内転筋群が柔軟に活動できるようにし、
併せて下腿の筋群(スネやフクラハギの筋肉)も柔軟に活動できるようにします。
さらに、前に倒れているであろう骨盤が真っ直ぐ立つようにする必要もあるでしょうね。

長年の脚の変形なら、筋肉がそれなりに硬化してるでしょうから
数ヶ月から半年くらいの反復する施術が必要になるでしょうね。
もし割りと早い時期なら、
自分で意識して姿勢を作ることを三ヶ月程度頑張れば治るでしょうね。

早い時期なら、まだ筋肉が柔軟性を持ってるので自分で矯正することが可能なんですね。

もしも、筋肉がスジっぽく硬化していたなら
反復した施術で新陳代謝を促して
柔軟な筋肉に生まれ変わらせなければなりません。

早め早めのお手当てを。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア