水と一緒にミネラルを摂る

IMG_20170725_173435.jpg

手足がむくむ
朝方フクラハギが痙攣する
何となくダルイ

水分足りてますか?
脱水になってませんか?

オシッコの色が普段より濃かったりしてると
それは多分脱水になってます。

「水」をコマメに飲みましょう。
お茶やコーヒーなどカフェインが多いものや
コーラやジュースなど砂糖の入っているモノを避け
「水」で摂ってください。

汗を一杯かいたときには
みそ汁などでミネラルも一緒に補充しましょう。

IMG_20170725_173512.jpg
リフレ宮の森で用意している水は
70種類ほどのミネラルが溶け込んだ還元水です。


商品名は「源流1000」
源流の川底みたいでしょ^^

※グリーンの石(医王石)と黒く光ってる石(トルマリン)はセットには含まれません。
スポンサーサイト

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

合わない、合わせる、合う



札幌洋舞連盟ダンスパフォーマンス2017
の舞台を楽しませて頂きました。

副題に「私は、私のままでいい」とあります。

調和のとれたダンスパフォーマンスの中で
「私は、私のまま」と各個人が光る場面もあれば、
調和が取れないままの「私のまま」が見られた場面も感じました。

ソロで踊る場合はいいのでしょうけれど
群舞の中で個性といえない程まとまりが無い状態は
残念なことになるかもしれません。

曲や振りの解釈
指導への理解
個人として表したいもの

その様な事がらが合わせることを阻んでいるのでしょうか。

全体の調和が取れたパフォーマンスはとても美しく
その中できらりと光るダンサーの個性というものも
とても素敵なものだと思うのですが。。。

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

腰の丸い子供とコアキッズ体操

ジュニア整体で就学前から高校生までをみさせて頂いているのですが、
椅子に座って骨盤が立たないお子さんが非常に多いです。

本来は骨盤の下にある骨の出っ張り(坐骨=ざこつ)で座るのが
骨盤が後ろに回って仙骨で座っています。
結果、腰を丸めるようになります。
pelvisfemale_ante.gif

バレエをされているお子さんでは割と少ないのですが(それでも見かけますが)、
バレーボール、サッカー、スイミング、野球などのスポーツや他のダンスでは
かなりの確率で見かけます。

これは、使うべきところ(コア)の発達が遅れて
使ってこなかった、使えない、使われない、
そのために身体を支えられないということになります。

JCCA(日本コアコンディショニング協会)には
出生から立ち上がるまでの期間(約一年間)にコアを協調発達させて
ヒトとしての二足歩行が可能になるという考え方が根底にあり、
「発育・発達」過程に沿ってコア機能再学習をしましょう、というものです。

この出生から立ち上がるまでのコアの発達を学ぶべく
12日日曜日にJCCAコアキッズ体操セミナーに参加してきました。

講師は、作田文子JCCAマスタートレーナー
恵庭わくわく体育クラブ代表
恵庭の子ども体力向上プロジェクト代表

コアキッズ体操のプログラムは、
新生児から立ち上がるまでの象徴的な動きを表し、
大人のコア機能再学習にも使える内容です。

17273070_1289164874506123_2095334012_o.jpg

17269091_1289164497839494_1907586111_o.jpg
17273218_1289164401172837_1119396172_o.jpg
17310695_1289164591172818_1274761719_o.jpg

動きが身につくように、言葉がけがスムーズになるように、
指導する立場として繰り返し練習します。

子供向けと侮ってはいけません。
翌日は腹筋がピキピキ言います(笑)

17310719_1289165444506066_237433175_o.jpg
終了後、受講者全員で記念撮影です。
後列左端が作田マスタートレーナー
白幡オジサンは、かっちゃん5歳です(笑)



3月16日(木)、30日(木) 18時30分から19時30分
ストレッチ&エクササイズを開催します。
どなたでも参加できます。
初回体験参加は500円です。

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

たまには外で勉強を



21日土曜日札幌市社会福祉総合センターにて
中外製薬主催の勉強会
「腰椎疾患の診断と治療~危険なサインを見落とさないために、骨粗しょう症治療も含めて~」
講師 札幌スパインクリニック院長 渡邊吾一先生
がありました。

実は、施術の際に整形への受診を勧めることがあり
「どこに行ったらいいでしょう?」
と聞かれても返答に困っていました。
というのは、
親族が過去に経験したことや
手術を経験した来院者さんの姿をみたり
受診して嫌な思いされた患者さんの話などを聞き
気軽に勧められない印象があったからでした。
でも医学的な異常を思わせる患者さんがあれば
適した施設を紹介したいとも思っていました。

特に、腰痛などは世の人々の大部分が経験している割には
確定的な原因や治療が中々はっきりしていないモノです。
(大部分が筋肉・筋膜の異常を原因としてはいますが…)

病院で画像診断しても
痛みと原因の因果関係がはっきりしない場合が
多くみられたりもしているようです。

とは言ってもアヤシイ(?)症状にも出会いますので
今回ご縁を頂いたのはありがたいことでした。

札幌スパインクリニック≫≫


翌22日は、JCCA(日本コアコンディショニング協会)によるセミナー
「アフターケアについて」と「岩崎会長の特別勉強会」があり
講師は 岩崎由純会長と道内で活躍するトレーナーの方々です。

16174825_1264592616951104_6796485709041170060_n.jpg
午前中の「アフターケアについて」では、
トレーニング後のケアの重要性と方法
健康で長寿を迎える方法などと
コア・コンディショニングを結びつける内容でした。

ちなみに、アフターケアの5本柱は
 ストレッチ
 アイシング
 マッサージ
 食事
 睡眠
と定義されています。

アスリートの方々(トップレベルから趣味レベルまで)は
「放っておけばセルフケアなどほとんどしない」
という現実がよく分かりました(笑)

16142754_1264739546936411_6347070001047844675_n.jpg
午後の部「会長の特別勉強会」では
ストレッチポール、ひめトレ、スイング・ストレッチの体験と
ストレッチポール開発者である会長から
開発秘話や当初実施していたエクササイズ
「なぜ効果が出る」など貴重なお話が聞けました。


終わる(18時終了)や否や次の会場(18時開始)へ凍結路面を走りながら移動。

IMG_20170122_190112.jpg

午後の部のストレッチポール
ベーシックセブンを指導してくれた森脇講師が行う
スキーヤー向けセミナー「スキーヤーのためのセルフケアセミナー
に参加です。

※森脇講師は、バレエやフィギャの方をみているトレーナーです。
 森脇さんのブログ→札幌の悩めるバレエ・フィギュアスケート・ダンサーの為の情報箱

左右のターンでバラつきがあるので
プロの話を聞かせてもらいました。
とは言っても
遅刻参加なので一番聞きたかった件は途中からでしたが…^^;

二日にわたって四つのセミナーに参加。
楽しく学ぶことが出来た良い時間でした^^

ストレッチポールを2回、
スイングストレッチに加えて
テニスボールマッサージにストレッチと
色々やりすぎで今日はチョビッと身体がヘンです。
トレーニングもセルフケアも
やりすぎ注意ということですね^^;

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

オイル・トリートメント

それほど利用される方が多くはありませんが
オイル・トリートメントやってます。

そば屋さんだけど、うどんやってます。
みたいな書き方ですが(笑)

海外だと異性の施術者でも一般的ですが、
女性のクライエントが男性施術者にかかる
というのは日本では馴染みが少ないかもしれませんね。

リフレ宮の森のオイル・トリートメントを
詳しく紹介したことが無いかもしれないので
改めて^^

オイルを使う施術では、
アロマ・トリートメントやフットマッサージが
馴染みあるでしょうか。

アロマの場合は、
香りによる脳への働きかけと
アロマの成分が浸透していいくことによる効能を期待します。
また、施術方法はオイル塗布という感じで
皮膚表面にオイルを塗りこむイメージでしょうか。
施術者によっては力で押してくる人もいますが...

フットマッサージでは、
脚・足にある全身を表す反射区に
指やスティックなどで刺激を入れるようにする。
比較的小さな範囲に繰り返しストローク(滑らせる動き)していくかと思います。

手を動かす(ストロークする)スピードに関しては
ゆっくりの場合と素早くの場合では
刺激の伝わる神経線維が異なって
脳で認識する部分、反応の仕方も変わります。

早いストロークの刺激は
侵害受容器から(攻撃や外傷を感じる侵害刺激)信号が伝わり
交感神経優位な反応となり
遅いストロークの刺激は非侵害信号として伝わり
副交感神経優位な反応となります。

また、ゆっくりなストロークの刺激では、
オキシトシンの分泌にも関連していることが分かっています。
 (出展:手の治癒力 山口創著

当院のファッシャル・オイル・トリートメントは、
皮膚の深層にある筋膜をとらえて
筋膜面を引っ掛けながら滑らす手法を使っています。
引っ掛けると言っても引っ掻いたりゴリゴリする事はありません。

ゆっくりと深く触れていき
ゆっくりとストロークします。
(ストロークの方法はエサレンマッサージを参考にしています)

 ※深く触れるについてはこちらの動画から


 ※エサレンマッサージは
 一般社団法人 ゆったりセラピー協会≫≫

コリや痛みの元となる
筋肉・筋膜をリリース(解放)して
脳の深いところからくるリラックス効果
を期待できるオイル・トリートメントです。

詳細は
ファッシャル・オイル・トリートメント(深く触れる筋膜リリース)≫≫

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア