痛みと鬱(いたみとうつ)

前回の記事同様に産学社エンタープライズのメルマガからです。
記事全文はこちらから≫≫

===以下引用===
わかさ出版は昨年11月、40歳以上の男女601人を対象にインターネットで「体の悩みは何か」を尋ねたところ、601人のうち208人が「腰痛」と回答した。年代別に見ると40代では35.7%、50代では36.9%、60代以上の30.1%が腰痛に悩みを持っているという結果になった。60代以上よりも、実際は40代-50代の現役世代の方が、腰痛に悩んでいる割合が高い。アンケートでは、簡易的に抑うつ病の傾向がチェックできる「SPQ-D 東邦大式調査表」を用いて、抑うつ傾向を調査した。その結果、腰痛に悩んでいない人は「抑うつ傾向あり」が10.9%であったのに対し、腰痛に悩んでいる人は25.0%で、2.29倍も高いことが明らかになった。
調査を監修した清水整形外科クリニック院長の清水医師によると、「慢性的に腰痛に悩む患者はどうしても気分が落ち込みがち」であるという。「この痛みがずっと続くのか」など、悩みは異なるが、腰痛を起因として不安・ストレスを感じて、抑うつ傾向になってしまう患者も多く見受けられるとのこと。清水医師は、「運動で腰痛の予防・対策をする人が多いが、多くの人は『痛みが消えたからもういいだろう』と考えてしまうことが問題」と話す。本当に大切なのは「腰痛の出ない体づくり」を継続して行うことであるという。「腰痛がないときでも、日常的にマッサージや運動を継続することで、痛みの出ない体づくりをすれば、腰痛の再発が防げ、のちのち腰痛が悪化して日常生活に支障が出るような事態も避けられるでしょう」とコメントしている。(12/26/2016 マイナビニュース)
===引用ここまで===


リフレ宮の森を訪れる方は
腰痛ばかりではなく様々な痛みがあって来院されます。

事故や病気、あるいは手術後(跡)など
ハッキリした原因があるものから
気が付いたら痛みが出ていて
気にならない時もあれば生活に支障が出るほどの時もある。

いっそ動けない程の激痛になれば病院などを受診するかもしれないけど
だましだまし暮らせば何とかなる程度だと受診に繋がらないかもしれません。

だましきれない痛み(?)の場合ではどうでしょうか。
病院を受診したけど異常なしと言われた場合はどうでしょうか。

一生この痛みと付き合うのか。
今までに知られていない病気ではないのか。
など、つかみどころのない不安になるかもしれませんし、
思い詰めてうつ症状になるかもしれませんよね。

辛いですよね。

整形外科的には原因不明の腰痛が85%ほどと言われているようです。
整形で診ない(治療対象でない)痛みの原因は
筋肉や筋膜などの柔らかい組織の異常だったりします。

原因不明というよりも
診療対象外と言った方が良いかもしれませんね。

整体でも鍼灸マッサージでもエクササイズでも
手技療法は概ね柔らかい組織を対象にしているので
うまく利用して(上手いところを利用して)楽な日々を過ごすというのが
良い人生をおくるのに必要かもしれませんね。


うつ 整体 腰痛
スポンサーサイト

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

春は眠たい!?

日中眠たいって言葉をよく聞きます。

春は眠たい…
お昼ご飯の後は、春でなくても眠たい自分…^^;
という話は置いといて。

とはいえ、「春眠暁を覚えず」という漢詩をひきあいに
朝起きられないという言葉も聞かれますよね。
でも本当は、日の出が早くなって
目覚めたら朝日の時間が過ぎていた
というのが本当らしい・・・

閑話休題・・・^^;


春という季節は
冬のじっと耐える季節が過ぎて活動する時期です。

少し活発に動くことで
自律神経の活動が安定します。
活動が足りないと不安定になり
日中眠気が差したりしますね。

整体やオイルトリートメントなど
他人に触れらることで
自律神経活動のバランスが整います。

また春は
冬の間にたまった毒素を出す時期でもあります。
整体施術で身体の節々の制限を取り
循環をスムーズにさせると
ダルさやムクミがスッキリ抜けます。

東洋医学では、
春は肝が働く季節。
肝を働かす食味は苦みです。

どうも日中眠たいって方は
山菜などの苦みを摂って
整体を受けて自律神経を整えて
ダルさむくみを流しスッキリ快調にどうぞ(^^♪

WIN_20140420_141638.jpg


触れることと、自律神経のバランスは
「深く触れるワークショップ」で
  深く触れるワークショップ ≫≫

自律神経 整体 眠い

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その4

自律神経の働きと、触れるということ

自律神経とは、手足を動かす運動神経(体性神経)とは違って
自動的に調節される神経のことで
例えば、攻撃を受けて闘うか逃げるかを判断するときに
消化活動などの内臓機能を抑えて
心拍数を上げ、血圧を上げ、瞳孔を開いて、、、
などの活発な活動を促す調節を行う交感神経と
消化活動を促進し、心拍数を下げ、血圧を下げ、、、
などの活動を低下させる調節を行う副交感神経があります。

一つの臓器には
交感神経と副交感神経の両方が接続されて
その時々で優位に働いている神経活動に支配される。
活動的な状況では交感神経が優位で
落ち着いた状況なら副交感神経が優位となります。

通常このようにスイッチングが起きていると理解されている自律神経ですが、
副交感神経の内の迷走神経を新旧のタイプに分け
出来事が安全と認識できるかどうかで身体の反応が変化する
「ポリヴェーガル(多重迷走神経システム)理論」という考え方もあります。

周囲の出来事に対する初めの反応(第1段階)は、
安全な環境下で新しいタイプの迷走神経システムが優位に働き
社会的な協調性をもたらします。

もし、その反応で安全でないと認識する(第2段階)と
少し古いシステムの交感神経システムが働き
「闘争か逃走」反応が現れます。

さらに、命の危険を感じるような場合(第3段階)には
古いタイプの迷走神経システムが発動され
死んだふりや凍り付き(フリーズ)が起こります。

このフリーズ反応は、
外部からの刺激による痛みなどに耐える水準を引き上げるとされています。

安全ではないと感じてしまうことで
(本人の意思と無関係な本能的場合もある)
外界との交流を遮断する
社会関係を閉ざすという反応も含まれるようです。
迷走神経は顔面の神経とつながりがあり
表情が乏しくなっていたり
光や音に対する反応が不安定かもしれません。

反応システムは、新しい回路が古いシステムを抑える働きをすることと
迷走神経の顔面、心臓や肺とのつながりから
古い反応を抑えられる可能性も考えられます。

閉ざしてしまう反応
パニックを起こしてしまう反応
抑うつされた反応
など

これらの反応に対して
顔の筋肉
目の動き

心臓や肺に働きかけることで
反応を抑制できるかもしれません。

その時には、
安全と認識してもらえるまで直接触れずに
距離を置いた間接的な触れ方である
声やアイコンタクト、会話、身体操作などから
始めることが必要かもしれません。

安全が認識されて
直接触れることが許されるなら
それもまた効果が期待されると思います。

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その3

寄り添う触れかた

10月18日(日曜日)に盛岡駅前にある
いわて県民情報交流センター アイーナにて
「寄り添う触れかたの技法」という講座があり
参加してきました。

土曜日営業終了後
21時に札幌駅から高速バスに乗り苫小牧へ。
苫小牧-八戸間のフェリーに乗り
翌朝8時05分発 特急八盛号という高速バスで盛岡入りでした。

1時間ほどの遅刻で参加した講座では、
自身の身体感覚の確認から始まり
「触れる・触れられる」という行為や現象を感じ
「寄り添う」ということの一つの答えを感じ取ります。

主催は、一般社団法人ゆったりセラピー協会で
代表理事の鎌田麻莉さんが講師です。

協会では「寄り添う触れかた」の実証実験として
認知症の方へのハンドケアをボランティアで行っています。

認知することに障害が起きる認知症と
乖離が起きて自分と周囲の認知に問題が起こって
心身が不安定な状態になっている方を一緒には出来ないかもしれませんが、
通じる部分もあるかもしれません。

健常な方に対しても
心身に不調がある方に対しても
病気や障害を持ってる方に対しても
「寄り添う」ということは
「触れる」側に
相手を思いやり尊重する
慈しむという感情が欠かせないと思います。

日頃、触れるという行為の中で仕事をする身としては
改めて「触れる」という事を考えさせて頂けました。

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

触れるということ その2

本人が意識する、意識しない、意識できない、
あるいは、意識すること自体を無視する。。。

いずれであっても
多大なストレスにさらされる状況では
「頭」、「心(感情と感覚に分けられる)」、「体」の三層に影響が少なくありません。

三層のエネルギー循環が滞り
乖離(かいり)が生じる場合があります。

その時の体の反応としては、
筋肉や皮膚を固くして、外の刺激をはね返そうとする。
反対に、
体の存在を感じることが希薄になったり
外の環境との境界があやふやになったりもします。

今、自分がどこにいて、何をしているのか、
などの実感が乏しくなったりもします。

以前、
「背中から、元気がスースー抜けていく。」
と表現した方もいました。

頭と心と体が乖離して
今、ここに存在しているという
自分を認知する(自分を気づく)ことができなくなっている状態です。

心理学では、
「今、ここ」や「気づき」
と表現されるものが得られない状態です。

身体的な技法では、
「触れる」ことによって
体の境界や、
今ここに、確かに、存在していることを感じてもらう。

「体」に触れることで
「心」の部分である「感覚」が生じ、「感情」につながる。
そのことが「頭」に働きかけることとなり
三層のエネルギー循環が正常となります。


つづく

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア