東日本大震災被災者を訪ねて2014年5月(速報)

第15次東日本大震災被災者継続支援活動に参加させて頂きました。

自分自身の参加としては、2012年5月初旬、同年10月初旬、2013年4月下旬に続き4回目です。

5月2日14時閉店させて頂いたのですが、
閉店間際にお問い合わせを頂きお断りした2名の方に
この場を借りてお詫び申し上げます。


今回は、旭川の医師1名、理学療法士2名と同行させていただき
自家用車を持ち込みフェリーで渡航し活動しました。

大まかな行程は以下です。

1日目(5月2日)
・札幌と旭川より移動し、苫小牧から19時のフェリーで仙台へ

2日目
・仙台港10時着岸下船
・三陸自動車道などを利用し陸前高田市の仮設住宅にて活動と周辺を見学
・気仙沼市本吉にて被災直後からの変遷を定点にて見学
・気仙沼市内にて有志と情報交換
・同市内にて宿泊

3日目
・宿泊施設周辺を見学
・陸前高田市 奇跡の一本松を見学
・釜石市内見学
・釜石市の仮設住宅にて活動
・気仙沼市内にてデブリーフィング後、1名別行動
・気仙沼市三陸リアスアーク美術館を見学
・南三陸町防災庁舎跡を見学
・大川小学校を見学
・仙台港へ移動し19時40分発フェリーに乗船

4日目
・苫小牧港11時着下船し札幌または旭川へ移動し帰宅

お会いした方々22名、走行距離540キロでした。



お会いした被災者の方々においては

震災で被災した真っただ中にいる被災者という立場から、

「震災のために生活環境などが大きく変えられてしまったし、

今なおその変化の真っただ中に居るしかないが、

震災は過去の一つの大きな出来事だった。」

と考えられるようになり、

日々の、日常の、今ある平常の生活を営む

という状況になったように感じました。



気になる点では、

筋力が低下(日々の活動量の低下か?)していたり

身体のあちこちに痛みが出ている(痛みに向き合えるようになったか?)

ということです。



また被災地という見方では、

津波で何も無くなったり地盤沈下した平地に

周囲の山から土を入れ土盛りをし

傷跡を覆い隠しているようなところが見られたり

山の斜面を切り開いて住宅地とするように造成しているところ

修復済みの家屋や新築の家屋の床よりも高い土盛り計画の表示、

未だに手つかずの震災遺構があったり、

このまま段々と荒廃していくのではと思われる当時のままの震災遺構などが見られます。






チームとして15回目の被災者支援活動も今回をもってひと段落となります。

まずは、今回の活動の速報まで。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

被災地支援活動の予定

旭川の医師を中心に道内の医療者などが連携してボランティア活動している
東日本大震災被災者への継続支援「一人ずつ一歩ずつプロジェクト」
(今まで11回の活動がなされています。)

昨年は、5月と10月の2回、参加させていただきました。

3月に続き、今年2回目となる活動は4月下旬(GWの前半)の予定です。
その参加に伴って、4月26日(金曜日)午後から4月29日(月曜・祝日)までが休業となります。

また、4月の休業日、営業日などが変更になります。

【休業日】
4月14日(日曜)、26日(金曜)午後から29日(月曜)

【日曜日等の営業日】
4月7日(日曜)は11時から18時の営業
4月21日(日曜)は11時から18時の営業

4月30日(火曜日)から5月2日(木曜)は平常営業

5月3日(金曜)から5日(日曜)は休業
5月6日(月曜・振替休日)は11時から18時の営業
7日(火曜)以降は、平常営業

ホームページの営業日カレンダーは こちらから ≫≫

ご不便をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い致します。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2012年10月被災者支援活動の速報

10月6日(土曜日)気仙沼市港町にある気仙沼ホテル観洋を会場として
ヒューマン・ケア心の絆プロジェクト2012
が開催され、健康チェック・健康アドバイスを行なうスタッフの一員として参加してきました。
(このプロジェクトは、医療関係者を中心としたボランティアプロジェクトで
昨年からいくつかの被災地で行なわれています。)


5日(金曜日)午前中のみ開院し、午後から集合場所である仙台市を目指して移動しました。
移動は、空路で千歳から羽田、新幹線で東京から仙台へとなりました。

東京駅
医師、看護師、作業療法士の方々と5名のチーム。
改装が終わった東京駅にて。

午後10時頃仙台に到着し、その後30分ほど明日に向けてミーティングを行ないました。

翌6日(土曜日)は、午前6時過ぎ仙台駅に集合し
バスで約3時間ほどの移動で会場入りしました。

プロジェクトのポスター
会場のホテル入り口に張り出されたポスター

会場とチームリーダー
チームリーダーの医師。
チームで揃えた「一人ずつ一歩ずつ」Tシャツを着て活動します。

現地スタッフや他のブースの方々とのみぃーティング後会場オープンです。

プロジェクト会場の様子
会場内の様子。

施術の模様
8名ほどの方々のお話を伺い、身体を診させて頂きました。


午後5時閉会後、チーム反省会の後に5月にもお邪魔した陸前高田市の仮設住宅を訪問し、
気仙沼に戻って宿泊しました。


6日(日曜日)午前7時半、次の訪問地である釜石市の仮設住宅を目指します。
途中、陸前高田市の奇跡の一本松、解体工事が始まる陸前高田病院など見学しました。

奇跡の一本松
モニュメントなるべく伐採された松の根元とその向こうにある枝も無い松の木。


午前10時頃、釜石市の仮設住宅へ到着。

仮設住宅1
仮設住宅を案内していただきました。

仮設住宅2
間取りは、玄関に連続してキッチン+トイレ+ユーティリティースペース、その奥に4畳半が二間。

自分自身のことで精一杯だった被災者の方々も
少しずつ周囲にも目を向けられようになってきている様子なので
他者を救う方法の一つである心臓マッサージの概要を講習しました。

心臓マッサージ講習
説明を行なう医師とモデル役の作業療法士。
時間が無いので、背中を診させて頂きながら話を聞いて頂きました。

5月にお会いした時よりも、皆さんの笑い声のトーンが上がったように感じます。
そのこと自体は喜ばしいことですが、こういう場に出てこられずに鬱々とした方がいらっしゃるのも現実です。
突然重い病気にならないとも限りませんので、来年の春くらいまで体調管理をしっかりして頂きたいと思います。


被災記録
気仙沼市で新たに発刊された震災記録の写真集など。

新たに発刊された震災記録写真集を待合スペースに置いてあります。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

東日本大震災被災者支援活動をほんのちょびっとお手伝い

5月GW中に被災地を訪問し、被災者の方々への健康セミナーとして

テニスボールを使ったセルフマッサージとストレッチ

をお伝えしてきました。


用意したテニスボールや靴下などが15セットほど未使用のまま残っていたのですが、

この度、被災者支援に向け旅立っていきました。



JILCA日本いきいきライフ協力機構

にテニスボールマッサージのセットを使っていただけるか相談したところ

快く引き受けていただきました。


一人でも多くの被災者の方々が、健やかな生活を取り戻していただけますようお祈りいたします。



JILCAの活動

==============JILCAホームページより引用=============

JILCAは、「人が、前向きに、いきいきと暮らせる環境づくりのお手伝い」をコンセプトに活動を行います。

現在は、東日本大震災の被災地を訪問し、ガレキ撤去やマッサージ等を通じて
「復興支援」・「孤独死対策」
に取り組んでおります。
この活動は、仮設住宅がなくなるまで続ける予定です。

派手さはなくとも、地域の方に密着した、息の長い支援活動をしていきたいと考えております。

==========引用ここまで============

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

東日本大震災被災者継続支援活動

今月も東日本大震災被災者の継続支援を続けてくれた仲間達。
聞くところによると、「テニスボールマッサージ続けてますよ!」と数名の方からの声があったそうです。
少しずつ調子を上げてこられた方がいらっしゃったんですね^^

テニスボールマッサージをやってるから調子が良いってことじゃなくって、
やれるほどに調子が上がってきたってことなんですよね。
不調すぎると、不思議とそういう事って出来ないものなんですよね。

まずは良かった良かった。
そしてお疲れ様でした^^

健康セミナー
6月15日~18日被災者支援活動 陸前高田市仮説住宅にて健康セミナー


===========================================

≫≫テニスボールマッサージとストレッチのテキストはこちらから(PDFで開きます)

≫≫5月度の被災者支援活動はこちらから

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア