イカだったり、タコだったり、フィッシュだったり

「センセ、イカ足って知ってます?
わたし、イカ足ですか?」

「えっ!?イカ足ですか?」


その言葉、随分前に聞いた覚えが...
ずいぶん前に知り合いの男子がフットケアセラピストに
「自分、イカ足なんですわ。クッサクなるんですよね。」
と言ってケアしてもらっていたのを思い出し、
チョイとクッサイ足のことかな?なんて思いました...
が、因みにこの方は全然問題なしです!
==== 閑話休題 ====


実は全然違ってて、
足の人差し指の中足骨
(カカトと指の間をつなぐ、甲の部分にある骨)
=第2中足骨
が通常より長い足のことで
(医学的には、「モートン足」と言います)
5本(指は5本あるので)の中足骨の並びを見ると
第2指が飛び出ていて「イカの形」と呼んだらしいですね。
IMG_20170621_142511.jpg
(画像は、トリガーポイント・マニュアルより)

何が問題かと言うと
バレエでは、ルルベの時に飛び出た中足骨に
集中して荷重が掛かるということになります。

一本の骨に体の重さが集中するのだから
第2指の付け根にタコができるわ痛みは出るわ
足がぶれるから親指側と小指側の付け根にも
タコが出来るわ、足首はぐらつくわ、
ということになったりします。
IMG_20170621_142519.jpg
(画像は、トリガーポイント・マニュアルより)

この足で高さを求めると
小指側に傾けてカマ足状態にするか
親指側に傾けてフィッシュ(フィッシュテール)状態にするしか
方法が無いかもしれません。

安全なのはルルベを高くしない事。
につきるかもしれませんね。

ルルベ以外の問題としては、
足がロールインしやすくなるので
上に連鎖してニーイン、骨盤のブレとズレにつながるので
中殿筋などを原因とする腰痛が治りにくかったり、
足首の捻挫をしやすかったり
捻挫の痛みが長引きやすいかもしれません。
IMG_20170621_142552.jpg
(画像は、トリガーポイント・マニュアルより)

一般の対処法としては
親指側に敷物を入れてサポートすることも可能ですが、
バレエでは難しいかもしれませんね。
(出来ないという訳ではありませんが...^^;)
IMG_20170621_142541.jpg
(画像は、トリガーポイント・マニュアルより)



バレエ イカ足 カマ足 フィッシュ インソール

スポンサーサイト

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

筋肉の構造とストレッチ

どうしてレッスン前に静的なストレッチをしてはいけないか?

を出来るだけ簡単に説明したいと思います。

その前に、
なぜ唐突にこの話になったかというと
DLS(ダンサーズ・ライフ・サポート.com)という活動をされている
佐藤愛さんのFBページのライブ配信があまりにも素晴らしかったので
その中の「静的ストレッチはレッスン前にしない。」という部分を
勝手に解説しようかと^^



ウインクしながらイイネ!サインをする愛さんがとってもチャーミングです(^^♪
(すっかりオジサンのコメントですね^^;)


ま、それはおいといて…

筋肉の塊を小さく小さく分解していくと
竹の節みたいに区切られた
2.5マイクロメーター位(2.5ミリメートルの千分の一)の長さの
筋節(きんせつ)と呼ばれる区画にたどり着きます。

この中にある構造物がスライドすることで
とてつもない数の筋節が連なった筋肉が
伸びたり縮んだりします。

下の図の濃い目のグレーの間が筋節で
薄めのグレーとオレンジの部分がスライドして
濃い目のグレーが近づいたり離れたりします。


20170227.png


オレンジの部分には腕があって
競技用のボートのようになっています。

regata.png

オレンジ部分から伸びたオールで
薄いグレーの部分を漕ぐようにすることで
両方がスライドします。

図の1は、リラックスした普段の長さです。

ウォームアップして、動的なストレッチなどをすると
図2のように少し長さ伸びます。
長さが伸びた分だけ働ける長さが増えて
力がいっぱい出せるようになります。

筋肉を働かせると図3のように縮まります。
(縮むことで力が発揮されます)

ところが、静的ストレッチをしっかりして図4のように伸びちゃうと
ボートのオールの引っかかりが少なくなってしまい
力が発揮できません。

動こうと思っても十分に力が出ず
関節(カラダ)を支えられなくなることもあります。

危険ですよね。

ついでに補足すると
図3の状態を続けて筋肉がパンパンになっちゃうと
血流が悪くなり酸素・栄養素不足で固まってしまいます。
(筋肉が緩むときにもエネルギー源が必要で、
酸素・栄養素が来ないとエネルギー源が生まれません。)

レッスンやトレーニング後に
ストレッチやマッサージで筋肉のアフターケアをして
平常状態(図1)に戻さないと
パンパンがいつまでも続いて
ゴリゴリ筋になってしまいますよ。

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

弱いのか?固いのか?

強すぎる体は壊れない。

ダンサー、アスリートなど身体的パフォーマンスを行うものにとって
最大の敵はケガや病気で休養せざるを得なくなること。

(休養せざるを得ないという状況は
パフォーマーでなくても避けたいところですが…)

各種のトレーニングやレッスンをこなし、
リカバリーのためのアフターケアをしっかりやれば
体はどんどん強くなりケガしずらくなるでしょう。

balet_20160313164428c70.gif

筋力や筋肉の大きさが
そのままパフォーマンスに結びつけば分かりやすいですが、
動きの滑らかさや表現などは結びつきずらいかもしれません。

特に、
アフターケア(ストレッチ、マッサージ、食事、睡眠など)が不十分で
筋肉が固くなってしまい十分な可動域を確保できなくなると
筋力が弱いのか、関節(靭帯)が固いのか、
パフォーマンス低下の原因を間違ってとらえるかもしれません。
筋力アップだけで強さを求めていると尚更だと思います。

筋力アップのトレーニングは必要でしょうけど、
しっかりしたアフターケアで柔軟性をキープしておかないと
大きく固い筋肉だけしか得られなくなるかもしれません。

大きな体を必要とする格闘家などでは必要なことかもしれませんが
見た目の美しさを必要とされる芸術家ではマイナスかと思います。

セルフケアの方法がわからなかったりうまく出来なければ
プロの手を借りるのがベターです。


self_body_mainte_hyoshi.png
ダンサーのためのセルフボディメンテナンス

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

バレエなお子さんをお持ちの親御さんへ

バレエをなさるお子さんの痛みの治療や
日常レッスンのボディ・メンテナンスとして
多くの場合に親御さんがご一緒されます。

連れて来る(送迎)という目的だったり
施術を見てみたいという目的だったり
お子さんに状態を知りたいという目的だったり
普段疑問に思ってることを質問したりと
親御さんとして様々に関わられているなと。。。

色々な会話の中で案外多いのは、
「普段どの様に関わっていけば良いのでしょうか?」
というものです。

親御さんとして
バレエを続けていきたいというお子さんを
どう支えて応援していけば良いのか?
どこを目指せばいいのか?
やはり特殊な部分もある世界ですから
当然のことと思います。

先日、SNS(FaceBook)で一般販売開始というのを見かけ
ピンときたので速攻注文してみました。


「幸せなダンサーを育てるために」
米田ひろみ著


著者の米田ひろみさんは
バレエスタジオ ルミエールを主宰され
長年バレエの指導をされながら
ご長男を海外バレエ団で活躍するまでに育てられています。
指導者であり、母でもあったわけです。

お子さんがバレエの道に進みたいと言ったその日から
親としてどの様に関わっていけば良いのか。

指導者と母という二つの目線で
厳しく優しく愛情深く
読みやすい簡潔な文章でまとめてあります。

バレエをなさるお子さんを持つお母さんに
是非読んでいただきたいと思います。

冊子の注文は、著者の運営するフォームからで
簡単にできます。

以下、ご本人のSNS投稿をコピーしておきますので
最下部の申し込みフォームをご利用ください。

============= 以下コピー =============
***
この小冊子は私の個人セッションを
受講した方にはプレゼントとして。
講座では販売しているものなのです。
バレエ・ダンスを
ライフワークにしたい子どもを持つ
親御さん向けにまとめたものですが、
指導者の方々にもご好評をいただいています。
シンプルな言葉で綴ってあるため
小学6年生くらいから読めると
ご感想をいただいております(^^)
一般販売をしようしようと思いながら、
準備がはかどらず今日に至っていました(^^;)
今回のご注文をキッカケに
一般販売を開始いたします。
特別プレゼントとして、
発行日より1年有効の
講座受講料1,000円割引クーポンを
おつけしています♡
(私主催の講座、セミナーに限ります。)
下記の申込フォームよりどうぞ。
************************************************************
小冊子『幸せなダンサーを育てるために』
申込フォームはこちら。
http://form1.fc2.com/form/?id=c6be42b2f84254e7
************************************************************

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

足の指が曲がる

バレエをされているお子さんにみられる
足指が曲がっている状態。

足の甲のラインの延長線から
指が丸まって指先が床に向く曲がり方の槌指(槌趾)。
甲の延長上から指が一度持ち上がり、先の部分が床に曲がる鉤爪指(鉤爪趾)。

また、内外に曲がる外反母趾・内反小趾もありますが
ここでは上下の曲がりについて。

足裏や足の骨の間、足の甲にある筋肉が十分に強くなる前に
ポワントシューズを使うときに起こりやすいかもしれません。
十分に床を押せずに指が丸まってしまう。

筋肉の強さが足りないばかりではなく
柔軟性が無く固まったままの弱い筋肉の場合もあります。

ポワントの時に床を十分に押せずに
膝が曲がってしまうかもしれませんね。

アンデオール整体では、
固めて使っている筋肉群・筋膜群を開放して柔軟性を出し
指が動くように導きます。

さらに修正エクササイズをお伝えして
筋肉の強化と柔軟性向上をしていただきます。


修正エクササイズの一例は
ダンサーのためのセルフボディメンテナンスにも掲載していますが、
・指を伸ばして動かすエクササイズ
・足裏・甲のセルフマッサージ
・足裏・フクラハギ・モモ裏の筋膜連続のストレッチ

ashiyubi_spread.png
ashiura_shiatsu.png
ashiyubi_kokkankin_ms1.png
hum_st_stand_3.png

と、

セラバンドを使った指の強化や

ゆっくりとカカトを持ち上げドゥミポワント
  ↓
数秒キープ
  ↓
ゆっくりと踵を下ろす
エクササイズなど紹介します。

短時間で指の形は変わりませんが、
柔軟性の確保と強化が出来れば
少しずつ変化していきます。


バレエ 指が曲がる 槌指 鉤爪指 整体

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア