11月勉強会のお知らせ

10月8日に整体技術ワークショップ下肢編を開講しました。

3年ぶりとなるセミナー開催で少しドキドキしてしまいましたが
終了後に次回11月の参加表明も頂けたので一安心です。

主に、トリガーポイントの見方、アプローチの仕方、
活性が高いときと沈静化している時の違いと
アプローチ法の違いと実践などをお伝えし
体験して頂きました。

次回11月19日(日曜)は腰痛・殿部痛を開講します。

典型的な寝返りも打てないようなギックリ腰や
いわゆる坐骨神経痛などの解説と
治療手技の実際を体験して頂ければと思ってます。

施術台に横になれない時にはどうするかなどの
小ネタも紹介できればと思っております。

背部多裂筋TPテキスト用イラスト


詳細はホームページ→整体技術ワークショップ≫≫

申込と問い合わせは→ウェブフォーム≫≫


セミナー トリガーポイント カウンターストレイン
スポンサーサイト

筋膜リリースとは

筋膜リリース。。。
最近の流行り言葉のようですが...

いろいろな治療院や病院に掛かったけど、
どうも症状が改善しなくて困っている。
そんな新患さんが
筋膜リリースってのでやってもらったら。。。」
なんて問い合わせがあったりもします。


実際に診させてもらうと、
ウチでやってる通常の施術で問題なく対応できるのですが...
(通常って何だ?という説明は下の方で)


この「筋・筋膜リリース」と言う呼び方の施術テクニックは
最近出来たものではありません。
(とは言っても100年も経ってる訳でもないですが)

アメリカで発祥したオステオパシー(整骨療法)という医学体系の中の
軟部組織(骨以外の柔らかい組織)の制限の解消
特に靭帯のストレイン(=緊張、肉離れ、捻挫)を解消するテクニックから発展したようです。
(自分の理解で歴史的には違う可能性があります)

組織の熱、炎症、内部の応力、外力などの原因で
制限を受けている筋膜を解放すること。
それが筋膜リリースになるかと考えていますし、
ウチでやってる通常の施術の範囲になります。

雑誌やテレビ、Youtubeの動画などにある
グイーッと引き伸ばすだけじゃないと考えています。


筋膜リリース、トリガーポイント、ポジショナルリリース、靭帯性関節ストレインなど
市販の本やDVDを見れば分かるテクニックですが
ちょっとしたコツを体験してもらえるワークショップ
10月8日(日曜)10時から開催します。
trpseminar_200_20170822103040ba1.png

詳細と申し込みは→整体技術ワークショップ≫≫


整体セミナー,トリガーポイント療法、ストレイン・カウンターストレイン,靭帯性関節ストレイン,筋筋膜リリース

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

深く触れる ということ

「センセ、生徒さん集めて教えたらいいと思うけどなー。」

と、いろいろな治療院やエステサロンなどで
施術やマッサージを体験されていている方。

「こないだアップされてた動画を見て『あっ!』と思ったんですよね。
それで、そんなに強くしてもいないのに中まで入ってくるんだって。
絶対気持ちいいから広めたら良いと思うなー。」とも。


温泉でマッサージしてもらう時に
「前回はさっぱり何やってるんだかわからなかった。」って言ったら
デカい男性が出てきてガッツリやられた。

なんて話、よく聞きますよね。

「ガッツリ押す」
というのと
「深く入っていく」
は全然違います。




深く触れるワークショップ

5月22日10時半から開講

参加者募集中です。

セミナーページは↓
  「深く触れるワークショップ」案内ページ



筋膜リリース セミナー

テーマ : セミナー、ワークショップ
ジャンル : 心と身体

「深く触れるワークショップ」開講のお知らせ

「深く触れるワークショップ」を一年ぶりにリニューアルしました。

4月24日(日曜)開催!

2014年秋に発売されたDVD「筋膜触察リリース法」にあわせ
筋・筋膜リリースの実技面のサポートとしてワークショップを開催してましたが、
「触れる」ということを深く掘り下げた内容にリニューアルとなりました。

自分も含めて
クライアントさんの身体に触れて施術を行う際に

何のために、何に、どのようにして、触れるのか?
触れ方によって働きかけはどのように変化するのか?
深く触れるとはどのようなことなのか?
心の働きと、触れる行為との関係
などを実際に体験していただきます。

詳細は、リフレ宮の森ホームページから
「プロ向け技術セミナー」→「整体技術セミナー」→「深く触れるワークショップ」へ
  リフレ宮の森 「深く触れるワークショップ」のページ ≫≫

フェイスブック・イベントページ
  フェイスブック 「深く触れるワークショップ」イベントページ ≫≫

トワテック・セミナーサイト
  トワテック・セミナーサイト 「深く触れるワークショップ」 ≫≫

を参照してください。

申し込みと問い合わせは、ホームページ上のメールフォームまたは、フェイスブック・イベントページでどうぞ。
  メールフォーム ≫≫

「筋膜触察リリース法」DVDに興味がおありの方は「セラピストの学校」のページから「ブラッシュアップ&スペシャルアドバイス<DVD個別教材>申し込み」ページのVol.4「筋膜触察リリース法」をご購入下さい。
  詳細は→ 筋膜触察リリース法の詳細ページ ≫≫

dvd_png400.pngdvd_outer.png



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

マッスル・エナジー・テクニック骨盤帯の機能異常

11月3日(祝)にマッスル・エナジー・テクニックの技術セミナーを開催しました。

今回は、骨盤周辺の機能異常と題し
骨盤周辺の
カラダの動きに伴う痛みや
位置関係の不具合に伴う動きの不具合
(いわゆる骨盤の歪みによる足腰の動きの不具合
=腰の曲げ伸ばしや、脚の前後や開閉の動き、内また・外また傾向など)
を解消するテクニックをお伝えしました。

骨盤は、
背骨の土台である仙骨
左右にある寛骨
前側にある恥骨
で成り立っています。

そのそれぞれが不具合を起こす可能性があり、
その鑑別方法とそれぞれの治療テクニックを行いました。

(とはいえ、やっぱり時間不足で一部は駆け足に・・・^^;)

参加者は、
市内のリラクゼーションサロンに勤務する男性
滝川市内脳神経外科に勤務する作業療法士の男性
倶知安町で開業されている整体師の女性
3名とウチの池江リナでした。

それぞれが患者役のモデルと
施術者を交替しながら行います。

午後からは、
前日に急募した患者さん役のモデルさんを迎え
ワイワイと。

WIN_20141103_115923.jpg
WIN_20141103_115938.jpg 立った状態の動きの検査


117.jpg うつぶせの状態で動きの検査

動きの検査が必要な理由は
左右の違いがあった場合に
どちら側が異常かを判断しなければいけないからです。

122.jpg

132.jpg

119.jpg

143.jpg


11月24日(月・振替)には、脊柱の機能異常を開催します。

今回説明しきれなかったテクニックをもう一度復習しながら
脊柱の椎間関節の機能異常
(背骨関節のひっかりや、曲がり、傾きなど)
の検査方法と治療テクニックになります。

時間があれば、
靭帯性関節ストレインやスティルテクニックも体験して欲しいと思ってます。

テーマ : セミナー、ワークショップ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア