ストレッチを勧めないということ

殿部や腰に痛みがあり
骨盤や腰椎などに動きの制限がある。

背骨の両側がパンと張っている。
お尻がパンと張っている。
モモの後ろやフクラハギがパンと張っている。

一見そんな風に観察されるかもしれません。

そんな症状の時に
整骨院や鍼灸、マッサージなどにかかると
「この張っているところを緩めなきゃいけない」
と言われ、ガッツリ揉まれたりストレッチを勧められたりします。

痛みが出ないように固定させようとしてパンと張ったり
不安定さをパンと張ることで安定させようとしたり、
反対側の拮抗筋の緊張に対抗してパンと張っているのに
緩めてしまったらバランスが崩れてしまい
最悪、動けなくなってしまいます。

痛みの原因部分にアプローチして痛みが出ないようにすること。
腰や下肢の関節に動きの制限があれば解放すること。
無理なく滑らかな動作(動ける範囲は個人差がある)ができるようにすること。

そのうえで、どうしてもストレッチがしたければ、
なんとなく
てきとうに
だらだらとゆるゆると
ケリをつけようとせず(笑)
やってもらいます。

=======================

無理をかけずに症状にアプローチする整体技術を学ぶワークショップ
「整体技術ワークショップ」を開催します。

詳細とお申込みは、ホームページから
整体技術ワークショップ≫≫



整体セミナー トリガーポイン療法 カウンターストレイン 筋膜リリース
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

筋膜リリースとは

筋膜リリース。。。
最近の流行り言葉のようですが...

いろいろな治療院や病院に掛かったけど、
どうも症状が改善しなくて困っている。
そんな新患さんが
筋膜リリースってのでやってもらったら。。。」
なんて問い合わせがあったりもします。


実際に診させてもらうと、
ウチでやってる通常の施術で問題なく対応できるのですが...
(通常って何だ?という説明は下の方で)


この「筋・筋膜リリース」と言う呼び方の施術テクニックは
最近出来たものではありません。
(とは言っても100年も経ってる訳でもないですが)

アメリカで発祥したオステオパシー(整骨療法)という医学体系の中の
軟部組織(骨以外の柔らかい組織)の制限の解消
特に靭帯のストレイン(=緊張、肉離れ、捻挫)を解消するテクニックから発展したようです。
(自分の理解で歴史的には違う可能性があります)

組織の熱、炎症、内部の応力、外力などの原因で
制限を受けている筋膜を解放すること。
それが筋膜リリースになるかと考えていますし、
ウチでやってる通常の施術の範囲になります。

雑誌やテレビ、Youtubeの動画などにある
グイーッと引き伸ばすだけじゃないと考えています。


筋膜リリース、トリガーポイント、ポジショナルリリース、靭帯性関節ストレインなど
市販の本やDVDを見れば分かるテクニックですが
ちょっとしたコツを体験してもらえるワークショップ
10月8日(日曜)10時から開催します。
trpseminar_200_20170822103040ba1.png

詳細と申し込みは→整体技術ワークショップ≫≫


整体セミナー,トリガーポイント療法、ストレイン・カウンターストレイン,靭帯性関節ストレイン,筋筋膜リリース

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

15年目に入りました

2003年8月に開業して15年目に入りました。

整体師養成校を卒業し
付属治療院や同校講師として勤め
その後系列外の整骨院などで数年勤務し開業に至りました。

知識経験が不足していた中
今考えると見切り発車にも思えますが、
日々感じる「なぜ?」を何とか自分のものにしようと必死になり
何とか続けられたというのが正直なところかもしれません。

その時々の疑問が書物により解決したり
わずかに開催されるセミナーで実技を確認したり
少しずつ技術を身に着け自分なりに工夫してきました。

中でも相反抑制を取り入れた
自分独自のものだと思ってた施術が
ストレイン・カウンターストレインという名称で
既に存在していた事を知った時は衝撃でした。
hifo_png600_2017082210281077a.png

開業して10年ほど経つと
多くの患者さんとの出会いと
日々の反省から技術が磨かれ
少しずつ納得いただける結果を出せるようになった気がします。

施術の対象となる方は、
急性・慢性を問わず、痛みや不具合、違和感、不調がある方や
病院や整骨院など保険診療機関を受診しても明確な治療を受けられない方で、
その症状からの解放をお手伝いしています。
知識技術は未だに不足はありますが
概ね納得して頂けてるように感じています。

未だ途中経過の知識技術だろうし
自分が独学で身に付けた技術で
世間一般に流通している技術ですが、
なかなか納得いく結果に辿り着けない手技療法家に
ちょっとしたコツ(ここで差がでる)を伝えられるだろうし
伝えていくことも大事なことではないかという気がします。

お伝えできるものは、
トリガーポイントに関すること
ポジショナルリリース(ストレイン・カウンターストレイン)に関すること
靭帯性関節ストレイン(捻挫様の症状や関節のズレ)に関すること
マッスル・エナジー・テクニックに関すること
筋膜リリースに関すること
など、筋・筋膜構造の不具合・機能異常に関することになります。

過去に半日や一日のセミナーを開催してきましたが、
一回の受講では中々身に付かない
長時間開催でも多くを身に付ける事は困難
反復しないと確実さが身に付かない
高額では複数回の参加がしずらい
などと、参加者からの声があったことから
平日夜の2時間程度または
日曜・祝日など日中の3時間程度で
参加費は3000円くらいでしょうか。
met_seminar.jpg
trpseminar_200_20170822103040ba1.png


テキスト無しで
実技をカブリツキで見てもらって
その場で真似してもらって
スタンス、動き、感触なんかを
体感・体得してもらえればと考えています。

整体セミナー トリガーポイント カウンターストレイン 筋膜リリース マッスルエナジー 筋膜リリース

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

電子マネー取り扱い始めました

この度、一部の電子マネーの取り扱いができるようになりました。

取り扱いブランドは、
交通系の Kitaka、Suica、pasmo、他
信販系の 楽天ペイ、クイックペイ、アイディー
流通系のナナコ
です。

クレジットカードと電子マネーの取り扱いブランド一覧

card_rakuten.png card_visa.png card_master.png

card_jcb.png card_amex.png card_diners.png card_discover.png


emoney_edy.png emoney_qp.png emoney_id.png

emoney_nanaco.png

p6_ph_5.gif





テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

不安定な血糖値

夕方、空腹感が無いにもかかわらず冷や汗とめまいが起こる。

そんな方に「ミネラル還元水・源流セット」+「マグマ・プラス」
を試していただきました。

IMG_20170804_154145.jpg

還元水に70種のミネラルを溶出させ
さらにバナジウムを強化しています。

(バナジウムに期待できる影響としては、
インスリンと似たような働きと
インスリンの働きを弱める遊離脂肪酸の分泌を抑制する作用
が確認されています。)

飲みだして一週間もしないうちに
「冷や汗の前に空腹感がある。
その時に少し何かを食べて低血糖状態を避けられる。
期待できる働きをしているかもしれない。」
との感想をいただきました。

個人差はあるかもしれませんが
糖の代謝や脂質の代謝に不安のある方は
試してみる価値はあると思います。

大きな期待が得られなくても
不足しているであろうミネラルを補充できるので
必ずプラスにはなるはずです。

気になる方はお問い合わせくださいませ。

低血糖 脂質異常 還元水 ミネラル バナジウム
プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
カテゴリ
リンク
リフレ宮の森のオススメ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア