腰の丸い子供とコアキッズ体操

ジュニア整体で就学前から高校生までをみさせて頂いているのですが、
椅子に座って骨盤が立たないお子さんが非常に多いです。

本来は骨盤の下にある骨の出っ張り(坐骨=ざこつ)で座るのが
骨盤が後ろに回って仙骨で座っています。
結果、腰を丸めるようになります。
pelvisfemale_ante.gif

バレエをされているお子さんでは割と少ないのですが(それでも見かけますが)、
バレーボール、サッカー、スイミング、野球などのスポーツや他のダンスでは
かなりの確率で見かけます。

これは、使うべきところ(コア)の発達が遅れて
使ってこなかった、使えない、使われない、
そのために身体を支えられないということになります。

JCCA(日本コアコンディショニング協会)には
出生から立ち上がるまでの期間(約一年間)にコアを協調発達させて
ヒトとしての二足歩行が可能になるという考え方が根底にあり、
「発育・発達」過程に沿ってコア機能再学習をしましょう、というものです。

この出生から立ち上がるまでのコアの発達を学ぶべく
12日日曜日にJCCAコアキッズ体操セミナーに参加してきました。

講師は、作田文子JCCAマスタートレーナー
恵庭わくわく体育クラブ代表
恵庭の子ども体力向上プロジェクト代表

コアキッズ体操のプログラムは、
新生児から立ち上がるまでの象徴的な動きを表し、
大人のコア機能再学習にも使える内容です。

17273070_1289164874506123_2095334012_o.jpg

17269091_1289164497839494_1907586111_o.jpg
17273218_1289164401172837_1119396172_o.jpg
17310695_1289164591172818_1274761719_o.jpg

動きが身につくように、言葉がけがスムーズになるように、
指導する立場として繰り返し練習します。

子供向けと侮ってはいけません。
翌日は腹筋がピキピキ言います(笑)

17310719_1289165444506066_237433175_o.jpg
終了後、受講者全員で記念撮影です。
後列左端が作田マスタートレーナー
白幡オジサンは、かっちゃん5歳です(笑)



3月16日(木)、30日(木) 18時30分から19時30分
ストレッチ&エクササイズを開催します。
どなたでも参加できます。
初回体験参加は500円です。
スポンサーサイト

テーマ : 体と心と元気になること
ジャンル : 心と身体

スポーツに伴う膝痛

スポーツ中の捻挫ばかりではなく
オスグットと呼ばれる膝痛
ジャンパー膝
ピボットターン中などのひねられた痛み
原因不明の痛みなど

痛み始めがわかっているものや
何となく痛くなってきたというもの
成長痛と言われているかもしれないし
休むように、止めるように言われているかもしれません。

様々な状態があります。

高齢の方の変形性関節症などを除いて
多くは、筋肉、筋膜、靭帯など関節(骨)以外の原因です。

疲労による筋肉損傷による痛み。
急停止・回旋・伸長など急激な外力で
筋肉・筋膜や靭帯などに防御的な過緊張が起こり痛む。
(靭帯、骨膜、関節包なども広い意味で筋膜になります)

また、膝の構造的な問題である反張膝
(膝の関節が後方にへこんだ状態・伸びすぎた状態・過伸展)による
膝関節後方の過伸長・過緊張による痛みも頻繁にみられます。

この反張膝は女性に多く、
状態がわずかであれば正常とされていますが
関節が柔らかい場合や
足首の動きに問題があって起きていることもあります。

足首がズレていると
つま先を正面に向けたまましゃがめない。

そんな時には後方重心となり、
二次的に膝の過伸展が起きていることもあります。

膝の位置(膝の伸び具合)を自分でコントロールできなかったり
「どこまでも膝が後ろに行く感覚」と表現するかもしれません。
バレエをされる女子に多かったりもします。

解消するための施術としては
膝周囲の筋膜組織の異常緊張を除去してあげることと
周辺筋肉の異常な緊張を神経活動ごと解除してあげます。

多少は組織の損傷もあったりしますので
負荷量を調整した活動をしながら
複数回の施術を重ねて修復を待ちます。

修復する期間は状態にもよりますが
数日または数週間、さらに数か月ほど掛かる場合もあります。

hiza_ita.jpg


サッカー フットサル バレエ 膝痛

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

眠たくてしょうがない

春眠暁を覚えず。。。

春は、いつまでも眠たい。

という意味で使ってる方もいらっしゃるかと思いますが、
正しくは、
夜明けの時間が早まって、知らぬ間に夜が明けていた。
です。

ところで、
平日は仕事があるので何とか起きているが
休日はいつまでも寝てしまう。
起きようと思っても体がいう事を聞かない。
という方も少なからずいらっしゃいます。

年齢とともに早起きになるらしいけど
自分は全然起きられない。
というお話も先日聞きました。

多くの方は、疲れるとゆっくり寝られると思っていますが、
(もちろん、少々の疲れはゆっくり眠れますよね。)
疲労が蓄積されると十分な睡眠をとれません。

寝付けない。
眠りが浅い。
夜中に目が覚める。
暑くて寝汗をかくけど、寒い。
朝方目が覚めて、もう一度眠れない。
そのくせに、起きようと思っても起きられない。

なんてことが起こるようです。

溜まった疲労は
少しぐらい長く寝ても取れません。

眠れないからといって
病院で睡眠薬をもらうくらいなら
マッサージや整体の方がナチュラルに疲労が取れて
グッスリ寝られるようになりますよ。


疲労解消 睡眠障害 眠れない


駐車場出入り口の雪もなくなってスッキリしました。
駐車場の一部には雪が残ってますが…^^;

テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

筋肉の構造とストレッチ

どうしてレッスン前に静的なストレッチをしてはいけないか?

を出来るだけ簡単に説明したいと思います。

その前に、
なぜ唐突にこの話になったかというと
DLS(ダンサーズ・ライフ・サポート.com)という活動をされている
佐藤愛さんのFBページのライブ配信があまりにも素晴らしかったので
その中の「静的ストレッチはレッスン前にしない。」という部分を
勝手に解説しようかと^^



ウインクしながらイイネ!サインをする愛さんがとってもチャーミングです(^^♪
(すっかりオジサンのコメントですね^^;)


ま、それはおいといて…

筋肉の塊を小さく小さく分解していくと
竹の節みたいに区切られた
2.5マイクロメーター位(2.5ミリメートルの千分の一)の長さの
筋節(きんせつ)と呼ばれる区画にたどり着きます。

この中にある構造物がスライドすることで
とてつもない数の筋節が連なった筋肉が
伸びたり縮んだりします。

下の図の濃い目のグレーの間が筋節で
薄めのグレーとオレンジの部分がスライドして
濃い目のグレーが近づいたり離れたりします。


20170227.png


オレンジの部分には腕があって
競技用のボートのようになっています。

regata.png

オレンジ部分から伸びたオールで
薄いグレーの部分を漕ぐようにすることで
両方がスライドします。

図の1は、リラックスした普段の長さです。

ウォームアップして、動的なストレッチなどをすると
図2のように少し長さ伸びます。
長さが伸びた分だけ働ける長さが増えて
力がいっぱい出せるようになります。

筋肉を働かせると図3のように縮まります。
(縮むことで力が発揮されます)

ところが、静的ストレッチをしっかりして図4のように伸びちゃうと
ボートのオールの引っかかりが少なくなってしまい
力が発揮できません。

動こうと思っても十分に力が出ず
関節(カラダ)を支えられなくなることもあります。

危険ですよね。

ついでに補足すると
図3の状態を続けて筋肉がパンパンになっちゃうと
血流が悪くなり酸素・栄養素不足で固まってしまいます。
(筋肉が緩むときにもエネルギー源が必要で、
酸素・栄養素が来ないとエネルギー源が生まれません。)

レッスンやトレーニング後に
ストレッチやマッサージで筋肉のアフターケアをして
平常状態(図1)に戻さないと
パンパンがいつまでも続いて
ゴリゴリ筋になってしまいますよ。

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

弱いのか?固いのか?

強すぎる体は壊れない。

ダンサー、アスリートなど身体的パフォーマンスを行うものにとって
最大の敵はケガや病気で休養せざるを得なくなること。

(休養せざるを得ないという状況は
パフォーマーでなくても避けたいところですが…)

各種のトレーニングやレッスンをこなし、
リカバリーのためのアフターケアをしっかりやれば
体はどんどん強くなりケガしずらくなるでしょう。

balet_20160313164428c70.gif

筋力や筋肉の大きさが
そのままパフォーマンスに結びつけば分かりやすいですが、
動きの滑らかさや表現などは結びつきずらいかもしれません。

特に、
アフターケア(ストレッチ、マッサージ、食事、睡眠など)が不十分で
筋肉が固くなってしまい十分な可動域を確保できなくなると
筋力が弱いのか、関節(靭帯)が固いのか、
パフォーマンス低下の原因を間違ってとらえるかもしれません。
筋力アップだけで強さを求めていると尚更だと思います。

筋力アップのトレーニングは必要でしょうけど、
しっかりしたアフターケアで柔軟性をキープしておかないと
大きく固い筋肉だけしか得られなくなるかもしれません。

大きな体を必要とする格闘家などでは必要なことかもしれませんが
見た目の美しさを必要とされる芸術家ではマイナスかと思います。

セルフケアの方法がわからなかったりうまく出来なければ
プロの手を借りるのがベターです。


self_body_mainte_hyoshi.png
ダンサーのためのセルフボディメンテナンス

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Refre

Author:Refre
毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リフレ宮の森のオススメ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア